Sd Kfz 263

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

Sd Kfz 263 (8-Rad)は、1938年1943年ドイッチュ・ヴェルケ社により240輌が生産された、ドイツ国防軍の指揮用8輪重装甲無線車である。ドイツ語では Schwerer Panzerfunkwagen Sd.Kfz.263 (8-Rad) と表記される。本車の採用以前に、同じ形式番号を持つ暫定的な6輪重装甲車シリーズもあったが、こちらはSd Kfz 263 (6-Rad)と呼ばれ、砲塔を固定し20mm機関砲を撤去したものが1937~38年の間に28輌生産された。

概要[編集]

Sd Kfz 232から砲塔を撤去、車体上部を延長した構造物を追加し、車内が広くなり装甲は前面18mmと若干厚くなっている。

固定武装は前方に据え付けられたMG34 7.92mm機銃一挺のみで、他にピストルポートから発砲するためのMP38またはMP40機関短銃を搭載していた。また作戦会議用の小型机も装備されている。乗員は一名増えて五名となった。

無線機はFu.G.m.Pz.Fu.Tr.a(mot)が搭載され、他の装甲無線車同様、後にフレームアンテナはシュテルン(星型)アンテナに換装されている。他、車体後部右側に長距離通信用9mウインチマスト式アンテナを搭載していた。装備本車は偵察大隊本部中隊師団本部通信小隊司令部軍団司令部に配備された。