Sd Kfz 251

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Sd.Kfz.251
SdKfz 251 Saumur.JPG
基礎データ
全長 5.80m
全幅 2.10m
全高 1.75m
重量 7.81t
乗員数 2名
乗員配置 兵員10名
装甲・武装
装甲 6-14.5mm
主武装 MG34またはMG42
機動力
速度 52.5km/h
エンジン マイバッハHL 42
直列6気筒液冷ガソリン
100hp(74.6kW)
懸架・駆動 トーションバー式半装軌
行動距離 300km
出力重量比 12.8hp/t
テンプレートを表示
Sd.Kfz.251/7型 戦闘工兵車 "Pionierpanzerwagen"
Sd.Kfz.251/9型 7,5cm戦車砲搭載支援車両 "Stummel"初期型
ワルシャワ蜂起ポーランド国内軍鹵獲されたSd.Kfz.251/1型 Ausf.D

Sd.Kfz.251は、ドイツハノマーク社が3t半装軌車Sd.kfz.11)をベースに、戦車部隊歩兵を追随させるために1937年から開発を開始した中型装甲兵員輸送車制式番号を指す。この制式番号がドイツの装甲兵員輸送車の代名詞となった。ドイツ語で"Mittlerer Schützenpanzerwagen"と表記される。

概要[編集]

Sd.Kfz.250同様、1939年6月から生産が開始された旧型(A/B/C型)と、生産工数を減らすため形状が簡素化された1943年9月から生産開始の新型(D型)に分けられる。

総計15,252両ほど生産されたと言われ、装輪車両と比べ良好な不整地走破性故に、戦車に追随する歩兵輸送手段として、装甲師団において重要な役割を果たした。

しかし、より簡易で安価なアメリカ軍M3ハーフトラックに比べ、装甲防御力では勝るものの、前輪に動力が無く、エンジン出力で劣るため、より長い履帯や凝ったサスペンションを持ちながら不整地・泥濘地での機動性で負けており、複雑・高価なわりには高性能とは言い難い面もあった。

バリエーション[編集]

Sd.Kfz.251/1
基本形となる装甲兵員輸送車型であり、兵員10名を輸送可能。基本的には2丁の7.92mm機関銃MG34またはMG42)を装備し、兵員室前方の防盾付き機銃架および兵員室後方の機銃架に搭載可能であった[1]。この他、車内から操作可能な重機関銃架(sMG)搭載型・ロケットランチャーヴルフラーメン40)搭載型・赤外線暗視装置装備型(ファルケ)も存在した[1]
Sd.Kfz.251/2
8 cm sGrW 34迫撃砲搭載の重装備小隊用支援車両型。迫撃砲は車内に搭載したまま使用できたが、専用の台座が用意されているわけではなかった。A-D型まで全てのタイプで製造された[2]
Sd.Kfz.251/3
無線機搭載の指揮車両型。搭載する無線機の相違によるバリエーションがあり、フレームアンテナや星型アンテナを装備していた[3]。A-D型まで全てのタイプで製造されたが、星型アンテナの方が通信距離が長く、D型ベースの車両では全て星型アンテナが使用されている[3]
Sd.Kfz.251/4
7.5 cm leIG 18歩兵砲牽引用車両型。1943年に廃止されたため、D型ベースでは製造されていないと見られる[4]
Sd.Kfz.251/5
工兵部隊用の戦闘工兵車型。工兵用機材を搭載している意外は基本型とほぼ同じである[5]。1943年に廃止され、その多くは後述のSd.Kfz.251/7に改修された[5]
Sd.Kfz.251/6
上級士官用の無線機搭載指揮車両型。エニグマ暗号機も搭載。A-C型をベースに製造され、多くはA型であった[6]
Sd.Kfz.251/7
工兵部隊用の戦闘工兵車型。Sd.Kfz.251/5の発展型であり、突撃橋を装備。A-D型まで全てのタイプで製造された[7]
Sd.Kfz.251/8
装甲野戦救急車型。兵員室内に担架を搭載可能。7.92mm機関銃は装備されておらず、A-D型まで全てのタイプで製造された[8]。車体には赤十字マークが描かれている。
Sd.Kfz.251/9
7.5 cm KwK 37戦車砲搭載支援車両型。搭載方法により前期型と後期型がある[9]。前期型は兵員室の床に設置された台座に砲を搭載しており、兵員室前面の助手席側に砲を位置させるため、搭載位置は車体右舷側にオフセットしていた[9]。後期型では車体自体に大きな改造を施さず、車体上に設置したフレームに7.5cm砲と防弾板を取り付ける構造となった[9]。これにより構造は簡略化されたが、砲の搭載位置は高くなっている。前期型はC型およびD型、後期型は全てD型をベースに製造された[9]
Sd.Kfz.251/10
3.7 cm PaK 36対戦車砲搭載型。小隊長用車両。対戦車砲の防盾がそのままのものと、小型化したものがある。A-D型まで全ての形式で生産されたが、多くはB型およびC型であった[10]
Sd.Kfz.251/11
電話線敷設車型。電話線を敷設するためのリールを搭載している[11]
Sd.Kfz.251/12
砲兵隊用観測車両型。方位や距離の観測機材を搭載。1943年に廃止されたため、D型ベースでは製造されていないと見られる[12]
Sd.Kfz.251/13
砲兵隊用の聴音車両型。1943年に廃止されたため、D型ベースでは製造されていないと見られる[13]
Sd.Kfz.251/14
砲兵隊用の音響測定車両型。音波測定により測距を行う。1943年に廃止されたため、D型ベースでは製造されていないと見られる[14]
Sd.Kfz.251/15
砲兵隊用向けに敵火砲の発射光測定観測車として1943年9月頃より開発されたが中止となり、量産にはいたらなかった[15]
Sd.Kfz.251/16
火炎放射器搭載型。兵員室両側面にそれぞれ1基ずつ、2基の火炎放射器を搭載しており、兵員室前方の7.92mm機関銃も装備されている。1943年1月頃から実戦配備されており、ベース車体にはC型およびD型が用いられた[16]
Sd.Kfz.251/17
C型をベースに兵員室左右の装甲板の形状を変更し、また、左右に開けられるように改造して2 cm Flak 38機関砲を搭載した対空自走砲型と、D型をベースに2 cm KwK 38を搭載した小型砲塔をもつ歩兵戦闘車型が知られているが、前者は10両しか製造が確認されておらず、ヘルマン・ゲーリング師団所属の空軍部隊専用の改造車両であるとする説もある[17]。また、前者の改造車体に対空機関砲を搭載せず、無線機とフレームアンテナを搭載した指揮通信型も2両製造された[17]
Sd.Kfz.251/18
砲兵部隊用観測・指揮車両型。兵員室前方に地図を広げるための大型の台が設置されているのが特徴[18]
Sd.Kfz.251/19
移動式電話交換車両型[19]
Sd.Kfz.251/20
赤外線照射灯搭載型。通称ウーフー。開発されたのが1944年8月以降であり、生産車は全てD型の車両である[20]
Sd.Kfz.251/21
3連装対空機関砲(15mm MG 151または2cm MG 151/20)搭載型。生産車はほとんどがD型の車両であるが、初期にはC型ベースの車両も少数製造された[21]
Sd.Kfz.251/22
7.5 cm PaK 40対戦車砲搭載型。生産開始は1944年12月頃からで、生産車は全てD型の車両である[22]
Sd.Kfz.251/23
2 cm KwK 38搭載偵察車[23]。以前は同型砲を搭載した17型と混同されていたが、17型とは異なりSd.Kfz.234/1や38(t)偵察戦車と同型のヘンゲラフェッテ38型砲塔が搭載されている。ただし、本車のものとされる写真が合成であることから、計画のみで終わった可能性が高い。

この他にも、兵員室と後部の装甲を撤去し、開放型の砲座にして2 cm Flak 38を搭載した対空自走砲型が604両作られた。この車両をSd.Kfz.251/17の一種(中期型あるいは前期型)に分類する説や[17]、大戦前半に使用されていた装輪無線装甲車の、Sd.Kfz.261のナンバーが与えられたとする説もある。

また、戦後のチェコスロバキアでの生産型で、Sd.Kfz.251を改良して、空冷ディーゼルエンジンに変更し、兵員室に上面装甲や射撃ポートが付いた、OT-810などがある。

登場作品[編集]

映画[編集]

スターリングラード
フューリー
プライベート・ライアン
ドイツ軍偵察隊が使用するが、第101空挺師団M1A1 バズーカによる攻撃を受けて、破壊される。

ゲーム[編集]

Red Orchestra: Ostfront 41-45
ドイツ側の主力装甲兵員輸送車として登場。ハーフトラックの特殊な機動が再現されており、操縦士機銃手を含めて8人乗れる。
The Saboteur
ナチス兵士が使用。プレイヤーも運転可能。機関銃搭載。
コール オブ デューティシリーズ
CoD
ドイツ軍の装甲兵員輸送車として、MG42機関銃を搭載した車両が登場する。
CoD:UO
『CoD』同様、ドイツ軍の装甲兵員輸送車として、MG42機関銃を搭載した車両が登場する。
CoD2
『CoD』や『CoD:UO』同様、ドイツ軍の装甲兵員輸送車として、MG42機関銃を搭載した車両が登場する。
CoD2:BRO
CoD3
『CoD』『CoD:UO』『CoD2』同様、ドイツ軍の装甲兵員輸送車として、MG42機関銃を搭載した車両が登場する。
CoD:WaW
ドイツ国防軍が使用。一部ミッションで登場する。機関銃を搭載しているが、プレイヤーが運転することはできない。
CoD:BO3
ドイツ軍の装甲兵員輸送車としてゾンビモードにのみ登場する。
バトルフィールド1942
ドイツ国防軍の装甲兵員輸送車として登場。操縦士・機銃手を含む6名のプレイヤーが搭乗することが可能。
パンツァーフロント Ausf.B
メダル・オブ・オナーシリーズ

その他[編集]

かつて、タミヤは自社製のSd.Kfz.251Cのプラモデルに、Sd.Kfz.251の製造メーカーである「ハノマーク」の名を冠して販売していたことがある。

脚注・出典[編集]

文献[編集]

  • Bruce Culver / Uwe Feist : Schützenpanzer, Ryton Publications, 1996

外部リンク[編集]