Sd Kfz 222

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
展示されるSd.Kfz.222のターレット

Sd.Kfz.222:Panzerspähwagen Sd.Kfz.222)は、1936年-1943年の間に1,000両ほど製作されたドイツ装甲偵察車

概要[編集]

20mm機関砲と7.92mm機関銃を装備した大型砲塔が特徴。手榴弾避けの上面観音開きの金網カバーを開けば、対空車両としても利用可能。

ただし、搭載無線機は短距離用で、遠距離無線機付きの装甲車の随伴が必要だった。第二次世界大戦の全期間に渡り、あらゆる戦線で使用された。

関連項目[編集]