E-50 (戦車)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

E-50は、第二次世界大戦中、ドイツで計画された中戦車

開発[編集]

E-100E-75E-25E-10の一連の戦車と同じく、戦車の各種構成品を共通化して生産性を高め、また重量ごとに戦車の標準化を行おうという E(Entwicklungstypen=開発タイプ)計画の一環として計画された。本戦車の目的としては、中戦車であるパンターを代替する物になる筈であった。なお、E-100を除く一連のEシリーズは、車体すら完成していない。

構造[編集]

ティーガーIIに搭載されているエンジンを改良した、HL233P型12気筒液冷ガソリンエンジンを搭載する予定であった。これは、同じくE計画によって計画された重戦車E-75と共通の物である。又、その他本車を構成するコンポーネント、例えばサスペンションなどもE-75との共通化が進められており、これにより生産性の向上が見込めたはずである。

E-75との差別化として、装甲厚を減らす予定であった。それ故、直接的な防御力ではE-75に負けるものの、機動性は勝る物となっていたはずである(両車の機関は同一の物であるため)。

武装はE-75が88mm砲を予定していたのに対し、パンターを代替するという役割からか75mm砲の搭載を予定していた。[要出典] 砲塔は恐らくシュマールトルムになったであろう、と言われている。

登場作品[編集]

World of Tanks』(オンラインゲーム
ドイツ中戦車E50として登場。