クーゲルパンツァー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クーゲルパンツァー
Kugelpanzer.JPG
クビンカ戦車博物館のクーゲルパンツァー
種類 偵察車
原開発国 ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
諸元
要員数 1名

装甲 5mm
テンプレートを表示

クーゲルパンツァー(Kugelpanzer)は、第二次世界大戦中のドイツで開発された装甲戦闘車輌である。「クーゲル(Kugel)」とはドイツ語で「ボール」を意味するので、直訳すると戦車となる。

概要[編集]

横から見たクーゲルパンツァー

ロシアクビンカ戦車博物館のドイツ車両コーナーに、比較的保存状態の良い車輌が1両だけ収蔵されているが、説明板には「#37」と表記されているのみで殆ど情報はなく、詳細については不明な点が多い。ただし、性能や来歴については少なくとも下記の情報が知られている。

車輌の両側に側面装甲と一体となった履帯が谷型の傾斜で装備され、車体背後には搭乗口と小型の補助輪つきアームがある。車体保持と旋回はこの補助輪つきアームで行われる一種の三輪自動車であり、第一次世界大戦中に帝政ロシアで試作されたツァーリ・タンクと同コンセプトの車両である(同時期のドイツにおいても「トレファスワーゲン」という同コンセプトの車両が試作されている)。車体前面の覗き窓の下には塞がれた穴があり、ピストルポートとして機銃等による射撃が可能だったと考えられているが、通信ケーブルを引き出すための穴という説もあり本来の用途は不明である。

開発国のドイツでもクーゲルパンツァーに関するデータは残っておらず(クルップ製とする説もあり)、どのような経緯や目的で日本に輸出されたかも不明である。日本側でも特に運用や戦闘、満州に配備された詳細についての記録は残っておらず、鹵獲された時点で戦闘による損傷の類もなかったとされている。装甲厚の薄さから小銃弾にすら耐えられないと考えられるため、戦闘用ではなく偵察用と推察されているが、通信ケーブルを敷設する工作車両、実験用の試作車両との説もある。

2016年現在、クビンカ戦車博物館の公式サイトには情報が記載されていない。

参考[編集]