九一式重戦車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
試製九一式重戦車
Experimental Type 91 Heavy Tank 01.jpg
性能諸元
全長 6.30 m
車体長 m
全幅 2.47 m
全高 2.57 m
重量 18.0 t
速度 25.0 km/h
行動距離 不明
主砲 57 mm戦車砲 または 70 mm戦車砲×1
副武装 6.5 mm 軽機関銃×3
装甲 ~20 mm
エンジン BMW IV 水冷直列6気筒ガソリン改造
224馬力
乗員 5 名
テンプレートを表示

九一式重戦車(きゅういちしきじゅうせんしゃ)または試製九一式重戦車(しせいきゅういちしきじゅうせんしゃ)とは、大日本帝国陸軍1931年昭和6年)(皇紀2591年=旧軍の兵器は昭和以降皇紀の下2桁で呼称する)に開発した重戦車。資料によっては、本車を試製二号戦車としているものもある。

概要[編集]

本車は初めての国産戦車である試製一号戦車(の改修型)を改良した物である。試製一号戦車は1927年(昭和2年)に開発され、富士演習場で軍関係者や一般市民の前で行われたデモンストレーションでもおおむね好評であったが、唯一の欠点は重量が当初予定していた値より2t重い18tとなり、最高速度が20km/hに低下したことだった。

当時、陸軍の仮想敵はソ連であり、想定していた主戦場は不整地が多く、軟弱な地盤の中国大陸だった。ゆえに試製一号戦車の採用は見送られ、代わりに八九式軽戦車が採用された。

ただし、敵に対し優位に立つために重戦車も必要と考えた陸軍が、1928年(昭和3年)3月28日に開発を決定したのが本車である。

重量は試製一号戦車と同じく18t、ただしエンジン出力が増大したため、最高速度は25km/hに向上している。主砲口径も、初期には57 mm戦車砲で、後に18.2口径70 mm戦車砲(型式不明)に換装し、攻撃力が向上している。

また、機関銃は試製一号戦車同様、車体前部と後部に設けた小銃塔に1挺ずつ、および、砲塔後部にかんざし式に1挺(これは試製一号戦車には無く、ビッカースC型中戦車以降の装備)の、合計3挺装備している。

本車は起動輪(スプロケットホイール)が車体後方にある後輪駆動方式である。車体前方の誘導輪(アイドラーホイール)にも履帯外れ防止用の歯(スプロケット)がある。また誘導輪の位置を前後に微調整することで、履帯のテンションを調整することができた。消音器(マフラー)は、機関室の右側面に1つ配置されている。

試作車輌なので、車体は軟鋼製であった可能性がある(一般に試作車輌は、実戦用ではないので対弾性能が必要無いことと、製造・修正・改造しやすいよう、軟鋼で作られる)。車体前面左側に乗降扉がある。

本車の生産数は1輌と少ない。4年後の1935年(昭和10年)には本車の改良型として九五式重戦車が作られたが、こちらも4輌しか作られていない。