試製五式4.7cm自走砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
試製五式四十七粍自走砲
性能諸元
全長 5.1 m
全幅 2.27 m
全高 1.82 m
重量 8.5 t
速度 40 km/h(推定)
主砲 一式四十七粍戦車砲×1
装甲 30 mm
エンジン 三菱A六一二〇VDe
空冷直列6気筒ディーゼル
120 hp (最大)
110 hp (定格) 
排気量14,300cc
乗員 3 名
テンプレートを表示

試製五式四十七粍自走砲 ホル(しせいごしきよんじゅうななみりじそうほう ほる)は、第二次世界大戦末期に日本陸軍が開発した自走砲である。

概要[編集]

九五式軽戦車の車体を改造し、一式四十七粍戦車砲II型を搭載することを予定していた。本車は小型かつ低姿勢が特徴であり、駆逐戦車ヘッツァーに近い性質を持っていた。戦車型より重量が増えたため、履帯幅は戦車型より広く、350mmの幅広の物を採用している。

構造は突撃砲に似ている。九五式軽戦車から砲塔を取り除き、極力低姿勢にまとめたものである。戦闘室上面は完全に密閉されておらず、一部が開放されている。

車高を低く抑えたため、秘匿性に優れ、待ち伏せ攻撃などの防御戦闘に使用されただろうと思われる。この時期になると主砲の四十七粍砲は威力不足の感があるが、砲の貫通性能から見て、アメリカ軍の装備したM4中戦車の側背面を狙うなどの運用方法によっては、活躍の余地もあると思われる。

昭和20年2月に研究開始、2ヶ月後の4月には設計完了した。砲は大阪造兵廠が製作し、車体は第四陸軍技術研究所が担当した。6月末、四十七粍砲I型が完成し、試作車に実装した。昭和20年度の時点では四十七粍砲II型、またはI型を搭載するとされていることから一式四十七粍戦車砲I型に搭載砲が変更された可能性がある。当初搭載予定であった一式四十七粍戦車砲II型が実際に試作車や量産車に搭載されたのかどうかは不明瞭であり分かっていない。最終的に試作車1輌が完成し、終戦時には数輌の生産車も完成したと言われているが、よくわかっていない。

登場作品[編集]

ゲーム[編集]

R.U.S.E.
日本駆逐戦車として登場。
バトルフィールド1942
MODForgotten Hope Secret Weapon』に日本軍兵器として登場。

参考文献[編集]

  • 佐山二郎「日本陸軍の火砲(5) 戦車砲/自走砲」『日本陸軍の戦車砲と自走砲』月刊グランドパワー10月号、ガリレオ出版、2008年。
  • 田中義夫 編「日本陸戦兵器名鑑 1937~45」、出版:コーエー。

関連項目[編集]