オイ車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
従来説のオイ車の想像図

オイ車(オイしゃ)は、第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の試作戦車重戦車)。大イ車(おおイしゃ)、ミト車(ミトしゃ)とも。 「オイ車」は陸軍側の呼称、「ミト車」はメーカー側の呼称である。

従来説[編集]

1940年(昭和15年)前後に開発された重量100t車と、1944年(昭和19年)から1945年(昭和20年)にかけて開発された120t(140t)車の2種類があり[1]、一般的には後者がオイ車と呼称されるが、資料時点での混同が見られる。生産数はどちらも1輌、主砲はどちらも105mm砲[2]とされる。

100t戦車[編集]

100t戦車
性能諸元
全長 10 m
全幅 4.2 m
全高 2.5 m
重量 100 t
速度 25 km/h
主砲 10cm加農×1
副武装 75mm戦車砲×1
7.7mm機関銃×1
装甲 前面装甲:75mm
側面装甲:35mm
エンジン 川崎BMW改造水冷V型12気筒ガソリンエンジン
550 hp × 2
乗員 11 名
テンプレートを表示

1939年(昭和14年)、ソ連軍との間で発生したノモンハン事件の機甲戦における戦訓などから、翌1940年(ノモンハン事変発生とほぼ同時期という説もある)、陸軍技術本部を訪れた陸軍省岩畔豪雄大佐が、正規の手続きを踏まずに巨大戦車開発の極秘命令を下した。これは岩畔大佐独断の私物命令だったとも言われている。九五式重戦車の寸法を2倍に延ばして作ることを要求したとされる。

技本第5部車両課長村田大佐の下で計画は極秘に進行し、1940年に実車が完成した。本車は超重量での走行実験のために試作された物で、走行不能の場合は本土防衛のため地中に埋め砲塔だけ出した要塞として使用する計画があった。試作車はかなりの大きさになり、車内は人が楽に立って歩けるほど広く、また操縦室(前部)・戦闘室(中部)・機関室(後部)の3つに分かれ、16mmの鋼板の隔壁で仕切られていた。11人予定の乗員は梯子を使って搭乗する。

主砲は105mm加農1門、副砲に75mm砲1門、7.7mm機関銃九七式車載重機関銃)1挺、主砲弾弾は百発以上を装備する予定であった。砲塔リングギアは直径2,000mmであった。

装甲外板は軟鋼が使われ、前面厚は75mm、さらに増加装甲として75mm鋼板を貼れるようになっていた。側面厚は35mmであったが、最外側にさらに35mmの垂下板が付けられており、実質的には70mmの板厚効果があった。

クラッチは機械式多板クラッチの一般的構造で、高低速つき五段変速機はギア選択摺動式のため変速は重く、レバーは操縦手の前中央で両手で操作するようになっていた。操向変速機には遊星歯車式が採用された、これらの動力装置が、エンジンと共に車体後部に取り付けられ後輪駆動方式が採用された。

試作車の試験走行は相模陸軍造兵廠のテストコース(一部は戦車道路)で行われ、原乙未生少将もこの試験走行に立ち会った。しかし廠内試走路は山林や畑を整地しただけの場所で、直進しただけで無限軌道が自重で沈み走行ができなかった。さらに不整地試験では、100t戦車は旋回するだけで車体が沈み腹部が地面につっかえて断続的な旋回しかできなくなり、走行中に下部転輪が次々と脱落した。またコンクリート舗装路走行では無限軌道が道路脇からはみ出てコンクリートが割れて沈下し、走行した跡はことごとく破壊されていた。

結局実戦投入は困難とされて廠内倉庫にシートをかけられて放置されていたが、1944年(昭和19年)にバーナーで寸断解体され、設計図も焼却処分された。

120t戦車[編集]

120t戦車・オイ車
性能諸元
全長 11 m
全幅 4.2 m
全高 4 m
重量 120t(140t説、150t説あり)
速度 25 km/h
主砲 105mm加農(九二式十糎加農改修型)×1
副武装 47mm戦車砲(一式四十七粍戦車砲)×1
7.7mm機関銃(九七式車載重機関銃)×3
装甲 200mm(主要部)
エンジン 川崎BMW改造水冷V形12気筒ガソリン
550 hp × 2 
乗員 11 名
テンプレートを表示

ドイツの超重戦車マウスに刺激を受け、1944年に開発が始まり、三菱重工業東京機器製作所で製作された。通称は「大型イ号車(イ号車 = イロハのイ、一号車の意)」の略で「オイ車(大イ車)」、あるいは三菱東京機器製作所の略で「ミト車」と称された。

主砲に野戦重砲である九二式十糎加農の改修型を搭載、副砲として一式四十七粍戦車砲と、九七式車載重機関銃1挺をそれぞれ別の前部砲塔に装備した、合計3個(4つという説もあり)の砲塔をもつ多砲塔戦車である。また後部に同機関銃2挺を有する。

装甲厚は、砲塔前面・側面・後面は共に200mm、車体前面200mm、車体側面35mm+75mm、車体後面150mm、車体上面30mm、車体底部20mmであった[3]。この数値は同時期に試作されていた試製新砲戦車(甲)「ホリ車」(最大装甲厚125mm、105mm戦車砲装備)を超え、かなりの装甲を誇っていた。

総重量は120tあるいは140t。極めて重い車体を支えるために新型懸架装置が開発されたとされる。覆帯幅は『日本の戦車』では750㎜となっている。

終戦直前、現在の東京都大田区下丸子にあった三菱重工業東京機器製作所丸子工場で試作車1輌が完成。相模陸軍造兵廠に搬入され試験が行われたのち、シートを被せた状態で保管。分解し満州に送付待ちの途中で終戦を迎えた。終戦直後に目撃した相模陸軍造兵廠の工員によると、砲も取り外され、既に半分スクラップ状態であったと言う。

新説[編集]

150t戦車[編集]

近年ファインモールド社が入手した資料による新説では、100tは実際に造られた試作車の車体部分のみの重量であり、(製作されなかった、あるいは未搭載の)砲塔を搭載した完成状態の予想重量が150tだったとされる。上述の2種類があったとするのは情報の錯誤であり、当時の日本に超重戦車を2種類も開発する余裕があったとは常識的に考えにくく、両車は同一の車輌であったと推定される。

1941年4月、陸軍が三菱重工に発注し、試作車の車体部分が42年4月に初めて試運転され、結果は惨憺たるものだったという。その為、開発は中止されてオイ車は解体された。主砲は、従来説の九二式十糎加農砲の改修型ではなく、九六式十五糎榴弾砲(23.6口径149.1mm)の改修型を、主砲塔に装備予定であったとされる。オイ車の15cm砲が(おそらくリベット接合車体の)M3スチュアート軽戦車をバラバラに吹き飛ばす試射の映像が残っているとされる。副砲塔は、47mm戦車砲塔を車体前部に二基、双連7.7mm重機関銃塔を車体後部に一基。

現存する大型覆帯と資料[編集]

現在、静岡県富士宮市にある若獅子神社に100トン戦車もしくは120トン戦車の覆帯として幅800mmピッチ300mmの大型履帯が保存されている[4]。一時期、この大型覆帯は陸上自衛隊富士学校機甲科部の施設にて展示されていたこともある(同施設では100トン戦車の覆帯と推測して紹介されており、覆板の幅は約760mm、縦は約330mm、高さは約270mm、重量は約62kgとしていた)。またファインモールド社がオイ車の図面など資料を古書市場で入手し、復元模型の製造に取り組んでいる[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ 100t級戦車が2種類あったとする説の根拠は、原乙未生著『日本の戦車』の記述による。2種類あったとする説は、新資料により1種類しかなかったことが判明し、否定された。
  2. ^ 予想完成重量120t、105mm砲説の根拠は、「戦車マガジン」1979年10月号に掲載された、開発関係者の記憶に基づく記事『真相はこれだ!日本でも作られた100t戦車』による。
  3. ^ 『日本の戦車』p145
  4. ^ 若獅子神社公式ホームページ 資料室
  5. ^ ファインモールド社ホームページ
  6. ^ 朝日新聞:旧日本軍「幻の150トン戦車」極秘の設計図発見

参考文献[編集]

  • 原乙未生 監修、竹内昭 著 『日本の戦車』 出版協同社、1978年
  • 島田豊作 他『戦車と戦車戦』(100t戦車の開発に参加した大高繁雄による寄稿「動く要塞幻の一〇〇トン戦車開発秘話」)光人社、2012年
  • 松代守弘他『帝国陸軍陸戦兵器ガイド』 新紀元社、1997年
  • 佐藤文昭他編著『太平洋戦争秘録 日本・秘密兵器大全』 宝島社、2008年

登場作品[編集]

R.U.S.E.
日本の超重戦車として登場。
二十面相の娘』(漫画小原愼司
オイ車らしき兵器が作中に登場する。
ワールドアドバンスド大戦略 〜鋼鉄の戦風〜』(シミュレーションゲーム
大日本帝国軍を選択しキャンペーンモードを有利に勝ち進めると架空戦ルートにて「試製超重戦車オイ」として登場する。
World of Tanks』(オンラインゲーム
100トンのオイ試験車、150トンのオイ車の他、オイ車の想像図等をベースにした架空車両が実装されている。

関連項目[編集]