ファインモールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:本社外観の画像提供をお願いします。2017年3月
有限会社ファインモールド
Fine Molds Corporation.
種類 有限会社
本社所在地 日本の旗 日本
441-3301
愛知県豊橋市老津町字的場53-2
北緯34度41分20.5秒
東経137度20分24.5秒
座標: 北緯34度41分20.5秒 東経137度20分24.5秒
業種 その他製品
事業内容 模型の製造
代表者 代表取締役社長 鈴木邦宏
資本金 300万円
従業員数 7名
外部リンク http://www.finemolds.co.jp/
テンプレートを表示

ファインモールド (Fine Molds) は、日本模型メーカーである。

概要[編集]

愛知県豊橋市に本社兼工場が所在する。インジェクションキットで、主に比較的マイナーな旧日本軍航空機軍用車両ドイツ軍の航空機などを製造、販売している。

会社のキャラクターとして、社内で飼っている犬「五式犬」がある。

社長の鈴木邦宏は、実家は木工業だったが、伝説的模型サークル「無限軌道の会」の設立に関わるなどの戦車模型好きが高じて家業をクビになり、金型職人となった経歴を持つ。それだけにキットの再現度や金型技術へのこだわりは強く、2004年12月に地元の豊橋市から「とよはしの匠」に選ばれるなど、「現代の匠」として認定・表彰を受けている。

製品[編集]

旧日本軍の兵器については、実際に使用した元兵士にインタビューを行うなどのこだわりを見せる。その考証性の高さは、製品に同封されている内容の濃い解説書からも伺い知れる[1]

その他、ホワイトメタルを用いたメタルキット第二次世界大戦から現在までの軍用機や戦闘艦艇、軍用車両に用いるエッチングパーツやメタル、レジンキャストを用いた「アフターマーケットパーツ」と呼ばれるディテールアップ用の製品についても積極的に製造販売を行っている。またレーザー彫刻機や超微細領域のプラスチック成形技術を駆使した、他のメーカーが手を付けない領域のパーツを提供している。

また社長が顔見知りの漫画家鳥山明にデザインを依頼した1/12? ワールドファイターコレクション、スター・ウォーズシリーズXウイングミレニアム・ファルコン宮崎駿監督作品の紅の豚に出てくるサボイアS.21[2]押井守監督作品のスカイ・クロラの散香Mk-Bといったキャラクター関連キットの製造も行っている。

特にスター・ウォーズシリーズはスケールモデルメーカーならではの考証性の高いアイテムが多いが、ミレニアム・ファルコンのようにメーカーの独自解釈からか、プロポーションがオリジナルのプロップと異なってしまったものも見受けられる。本来、同シリーズはルーカスフィルムとの契約で日本国内の販売に限られていたが、個人輸入などで日本国外へ出回ったキットが、ドイツで「モデル・デス・ヤーレス」(模型誌が選定する年間傑作模型賞)を受賞してしまったという逸話もある。2014年10月以降、ファインモールド製のスター・ウォーズシリーズは全て生産終了となった。

かつてはハセガワ経由で商品が流通していたが、後に独立した流通経路を確立している。

タミヤのキットに、ファインモールド製の兵士のパーツが入っている商品もある。

脚注[編集]

  1. ^ 殆どのメーカーでは「組み立て説明書」に半 - 2ページ程度の解説文を載せる程度で、それすらない場合もある。
  2. ^ 版権に関して厳しい宮崎駿監督が、兵器の考証やメカニズムに強い拘りを見せるファインモールドの社長に共感し、唯一プラモデル化を認めた事が有名

外部リンク[編集]