7TP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
7TP 戦車
Single-turret 7TP
単砲塔型の 7TP 戦車
性能諸元
全長 4.60 m
全幅 2.40 m
全高 2.27 m
重量 9.9 t
懸架方式 リーフスプリング・ボギー式
速度 32 km/h
主砲 ボフォース45口径37mm砲×1
副武装 7.92mm機関銃×1
装甲 17 mm
エンジン PZInż.235(Saurer VBLDd)
液冷倒立直列6気筒4ストローク直噴式ディーゼル
110 hp/1800 rpm
乗員 3 名
テンプレートを表示

7TP第二次世界大戦で使用されたポーランド軽戦車である。イギリス製のヴィッカース 6トン戦車のライセンス生産型だが、ポーランド独自の改良が施されている。7TPは1939年ドイツによる侵攻当時、ポーランド軍が装備する最も強力な戦車であった。

開発と生産[編集]

ヴィッカース 6トン戦車(ヴィッカースMk.Eとしても知られる)は、当時旧式化したルノー FT-17 軽戦車の更新需要を狙って、英ヴィッカース・アームストロング社により1920年代末に開発され、1930年代にかけて各国に輸出された。ポーランドは1931年に50輌の購入契約を結ぶとともにライセンス生産権を入手した。なお、うち38輌が到着して、これらはすべて双砲塔型のType Aだったが、後に半数以上が単砲塔のType B仕様に改修された。

ポーランドでの生産型はオリジナルのヴィッカースMk.Eのままではなく、試作車であるVAU-33(VAはヴィッカース・アームストロング、Uは国営工廠のウルスス部門もしくは改良を示すポーランド語の頭文字、33年型を示す)において独自の改良が施された。

最大の改良点は、オリジナルのアームストロング・シドレー「ピューマ」空冷水平対向4気筒ガソリンエンジン 80hpから、「PZInż.235」(スイスのザウラーVBLDbの出力向上型であるVBLDdの国産版。出力がVBLDbの92hpからVBLDdでは110hpに向上している。PZInżはワルシャワ近郊のウルススにある「Państwowe Zakłady Inżynieryjne」(国営技術工廠)の略称、現在は農業機械企業持ち株会社ポルモット・ホールディング株式会社の子会社であるウルスス株式会社のワルシャワ工場)液冷倒立直列6気筒ディーゼルエンジンに換装したことで、これにより機関室は戦闘室と同じ高さまで増積された。また、車体各部の装甲厚もMk.Eよりわずかに厚くされ、重量が2tほど増えたので、サスペンションも強化された。

このポーランド国産の改良型は最終的に7TP(ポーランド軍7トン戦車、ただし重量は結局9トンを越えている)と名付けられた。1934年に生産が開始されたが、初期に生産された型は暫定的にヴィッカース6t戦車Type Aと同じ双砲塔にwz.30機関銃(7.92mm)を装備した。主量産型はボフォース 37mm対戦車砲の車載型であるWz.37戦車砲を搭載した単砲塔型で、1937年末もしくは1938年に生産が開始された。

単砲塔型は、1939年の第二次世界大戦開戦時にポーランドが保有していた戦闘車輌の中で最も有力なものであった。しかし、開戦までに生産されていた7TPは130輌から140輌程度に過ぎず、実戦での活躍はごく限られたものだった。

バリエーション[編集]

7TP双砲塔型
7TP DW(双砲塔型。「DW」は「dwuwieżowy」(ツインターレット)の略)
7TP最初の量産型。ヴィッカースMk.E双砲塔型と略同型の2つの銃塔を持つ。wz.30機銃2丁を装備。24輌が生産された。増積された機関室以外の車体基本構成はヴィッカースMk.Eに準じるが若干装甲が厚くされ、また点検口が設けられた車体前部上面装甲板、小改修された足回りなど細部には違いがある。
7TP JW(単砲塔型。「JW」は「jednowieżowy」(シングルターレット)の略)
7TPの主量産型。ボフォース37mm戦車砲を搭載、100輌余りが生産された。プロトタイプの砲塔はスウェーデンボフォース社で砲に合わせて設計されたもので、同じくスウェーデン製のランズベルク装甲車、ランズベルクL60系軽戦車に使われた砲塔と似た形状を持つ。プロトタイプの砲塔は砲塔後面にハッチを持ち、上面はペリスコープのみでハッチはなかったが、量産型では砲塔後部にバスル、上面にハッチが設けられた。機関室後面は、初期生産型は双砲塔型同様点検ハッチのほぼ全面にわたるルーバーと低い位置に装着された排気マフラーを持っていたが、標準型ではルーバーはなくなりマフラーも高い位置に移されている。

発展型[編集]

C7P
7TPをベースにした非装甲の重砲牽引車/車両回収車。約150両が生産された。試作型であるC6Tはエンジンが車体前部に置かれ、起動輪が後部、誘導輪が前部という戦車型と逆のレイアウトだったが、C7Pでは戦車型と同じ配置に戻されている。重砲牽引車としては、主に220mm/wz.32瑠弾砲の牽引に用いられた。
9TP
よりコンパクトなザウラーCT1Dエンジンを搭載、これにともない、車高を低め車体上部のデザインも洗練した7TPの改良型。おそらくペーパープランのみ。

参考文献[編集]

  • 戦車マガジン社『戦車マガジン』1990年11月号、『スティーブ・ザロガ「ポーランド軍戦車部隊1930-39」』
  • Adam Jońca, Rajmund Szubański, Jan Tarczyński, "Wrzesień 1939 POJAZDY WOJSKA POLSKIEGO Barwa i broń", WKŁ, Warszawa 1990
  • Janusz Magnuski, Jan Jędryka "CZOŁG LEKKI 7TP część pierwsza"
Militaria / kwartalnik historyczno-modelarski vol.1/no.5, FENIX sp.c.,Warszawa 1996

関連項目[編集]