福野礼一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

福野 礼一郎(ふくの れいいちろう、1956年[1] - )は、日本の自動車評論家[1]日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員を務めた[1]

1980年代前半に走り屋系雑誌『オプション』の編集部を経て、1987年頃には外車雑誌『ゲンロク』の編集長代行を務めた。[要出典]1988年頃からしばらくはフリーの自動車評論家として『カー・アンド・ドライバー』をはじめとする自動車専門誌や一般誌に多数の連載記事を執筆。

1994年頃、『CarEX』誌に編集顧問という形で関わる[要出典]。その後『CarEX』誌上において「TOKYO中古車研究所™(略称:T中研™)」の連載を開始。T中研は掲載紙を『くるまにあ』へと換えながら、2004年2月号まで連載された。その後は編集部の都合により連載打ち切りとなるが[要出典]2006年3月より同誌の姉妹誌である『特選外車情報F-ROAD』にて復活している。

2005年7月に主筆としてNAVI増刊『クルマの神様』を出版した[2]2006年には主筆として二玄社から季刊誌『クルマの神様』を出版したが、2号をもって休刊となった[要出典]

評論では自動車部品や製造工程を重視する[3]

東京都出身[1]暴走族出身[4]。30年間で39台車を買ったのは独身だったから可能だったと語る[3]

TOKYO中古車研究所[編集]

「TOKYO中古車研究所」は福野が書いた連載であり2003年にムックとして復刻された[5]。福野礼一郎の他、中古車販売業の荒井克尚をはじめ数名のメンバーで構成され、各メンバーによって執筆された記事を不定期に連載している。雑誌への掲載は毎月あるが、主題となる記事が試乗記であったり座談会であったり、メカニズムの解説であったりと月ごとの連続性が薄い。 連載当初は、福野が別誌用に用意していた企画が流れたため、その内容を掲載していたが、次第に試乗記などの内容が主となった[要出典]試乗に関する記事では、「東京メトロテスト」と称して都内の同じコースを同じ条件で行うため、対初期型・対前モデルなど年代を超えて比較できたほか、モデルによってはサイクルスポーツセンターでのスポーツ走行を行い(ほぼ)同条件での比較をおこなっていたが、連載後期ではコスト面からコース貸切が困難となり企画が行われなくなっていった[要出典]

T中研の記事は、福野がマネージメント契約していた「有限会社MPI」の外部編集記事として掲載していたため、記事の冒頭に「企画・構成(有)MPI」とクレジットされていたが、後期の記事ではエフロード編集部+福野礼一郎といったクレジットになっており、MPIの表記はなくなった。(文責は、福野の他にMPIの西山氏がクレジットされており、エフロード編集員は記載されていない)

愛車遍歴[編集]

現在の連載[編集]

主な著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『現代日本人名録2002』4 p105 (1998年7月)
  2. ^ webCG NAVI2005年9月号増刊 人生をクルマで追求するための新世代雑学自動車情報誌『クルマの神様』
  3. ^ a b 六郷孝也「福野礼一郎さん 部品工場から自動車づくりを探った評論家(ひと)」 朝日新聞朝刊2003年8月17日2ページ
  4. ^ 根岸智幸 【私のハマった3冊】僕らをワクワクさせるテクノロジーと人の物語 2014年03月07日14時00分
  5. ^ 『福野礼一郎TOKYO中古車研究所』ISBN 4-924372-39-0
  6. ^ 福野礼一郎 『極上中古車を作る方法』 二玄社2004年ISBN 4575713082
  7. ^ 福野礼一郎 「くわせもん」『自動車ロン』 双葉社2006年、187頁。ISBN 4575713082
  8. ^ 小川 義文、福野礼一郎 『The Engine:Ferrari 365GT/4BB』 二玄社2004年ISBN 4544400023
  9. ^ 福野礼一郎 「スーパーカーの王様」『スーパーカーファイル2』 双葉社2008年、69頁。ISBN 4575300764