ポルシェ・919ハイブリッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ポルシェ・919ハイブリッド
2014年ジュネーブ・モーターショー
カテゴリー ル・マン・プロトタイプ1 (LMP1)
コンストラクター ポルシェ
デザイナー アレックス・ヒッチンガー
先代 ポルシェ・RSスパイダー
主要諸元
エンジン ポルシェ 2.0L V4 シングルターボ MID
主要成績
テンプレートを表示

ポルシェ・919ハイブリッド (Porsche 919 Hybrid) は、ポルシェFIA 世界耐久選手権 (WEC) およびル・マン24時間レースに参戦するため、2014年に開発したプロトタイプレーシングカー

概要[編集]

Porsche 919

2011年7月、ポルシェはニューマシンを新開発して2014年のル・マン24時間レースにワークス体制で復帰することを表明[1]。2014年のWEC新レギュレーションに準拠するハイブリッド・プロトタイプ (LMP1-H) として919ハイブリッドを開発した。"919"というネーミングにはル・マンで初優勝した917や、ハイブリッド・スポーツカー918との連続性が込められている。

2013年6月にカモフラージュペイントの状態でシェイクダウンを行い[2]、2014年3月4日のジュネーブ・モーターショーにて正式公開された。カラーリングは白地にグレーのラインが縦横に走り、上面から見ると"PORSCHE INTELLIGENT PERFORMANCE"[3]という標語の一部を成していることが分かる[4]DMG森精機のグループ企業であるDMG森精機AGがオフィシャルパートナーに就き、ノーズやシャークフィンに同社のロゴ (DMG MORI) が描かれた[5]

特徴[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

エンジンは2,000ccのV型4気筒ガソリン直噴エンジンにシングルターボを装着。最高回転数9000回転、最高出力500馬力[6]

また、ブレーキング時の運動エネルギー回生と、エンジン排気の熱エネルギー回生、及びウェイストゲートバルブに取り付けられたタービンによる発電というエネルギー回生システムが搭載される[6]。回生した電力はリチウムイオンバッテリーに蓄電される。回生できるエネルギー放出量は、2014年シーズンの仕様は6MJ(メガジュール)であったが、2015年シーズンの仕様は8MJに引き上げられた[7]

レース活動[編集]

2014年[編集]

ポルシェ・919ハイブリッド(2014/10/12 WECinFUJI)

参戦初年度の2014年シーズンのWECには2台体制でエントリー。ドライバーは14号車がロマン・デュマ/ニール・ジャニマルク・リープ、20号車がティモ・ベルンハルト/ブレンダン・ハートレイ/マーク・ウェバーというラインナップを組み、参戦。最終戦サンパウロにて20号車が初優勝をもたらした。

2015年[編集]

2015年型ポルシェ919ハイブリッドは、2014年型のコンセプトを保持しつつもシャシーのデザインは大幅に再設計され、エンジンに関しても1周あたりのエネルギー放出量が8MJに拡大された。シリーズのレギュラードライバーは前年と変更なく、17号車がティモ・ベルンハルト/ブレンダン・ハートレイ/マーク・ウェバー、18号車がロマン・デュマ/ニール・ジャニ/マルク・リープというラインナップ。第二戦スパ・フランコルシャンと第三戦ル・マン24時間には、19号車を三台目のマシンとしてニコ・ヒュルケンベルグ/アール・バンバー/ニック・タンディをエントリーする。 開幕戦、第二戦では速さを見せたもののアウディの後塵を拝したが、ル・マン24時間では19号車がポルシェワークスとして17年ぶり、通算17勝目の栄冠を得た。ル・マン後のWECでは、アウディやトヨタを圧倒する走りを見せつけ、全てのレースを制し、マニュファクチャラーズ、ドライバーズの両タイトルを独占した。

2016年[編集]

この年のル・マン24時間レースでは、ル・マン史上に残る、中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デイビットソン組のトヨタTS050HYBRID5号車との壮絶な戦いを制し、ニール・ジャニ/ロマン・デュマ/マルク・リーブ組の、ポルシェ919Hybrid2号車が、前年に続き、ポルシェにとって通算18回目となるル・マン優勝を成し遂げた。また、WECでは、マニュファクチャラーズ、ドライバーズの両タイトルを勝ち取った。ただし、これには、アウディのミスやトヨタの不運に助けたられたという側面も多く、スピード面では、2015年度程のアドバンテージを保っていたわけではない。

脚注[編集]

  1. ^ "耐久の雄ポルシェが2014年に復帰! LMP1開発へ". オートスポーツweb.(2011年7月1日)2014年3月9日閲覧。
  2. ^ "独ポルシェ、WEC/ル・マン24時間に投入する新型車「LMP1スポーツプロトタイプ」をシェイクダウン". Car Watch.(2013年6月13日)2014年3月9日閲覧。
  3. ^ 「より少ない燃料で、より大きなパワー、より高い効率、より少ないCO2排出量」を掲げるポルシェのフィロソフィ。
  4. ^ "ポルシェ919のスポンサーにDMG森精機。カラー流出 page2/2". オートスポーツweb.(2014年3月4日)2014年3月9日閲覧。
  5. ^ "ポルシェ919のスポンサーにDMG森精機。カラー流出 page1/2". オートスポーツweb.(2014年3月4日)2014年3月9日閲覧。
  6. ^ a b "ポルシェ、新LMP1カーの技術的な詳細を明らかに page2/3". オートスポーツweb.(2014年3月4日)2014年3月9日閲覧。
  7. ^ ポルシェ、15年仕様LMP1を発表。8MJを選択”. オートスポーツweb. オートスポーツ (2015年3月26日). 2015年3月30日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]