リジェ・JS25

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
リジェ・JS25
カテゴリー F1
コンストラクター リジェ
デザイナー ミッシェル・ポイジョン
クロード・ギャロパン
先代 リジェ・JS23
後継 リジェ・JS27
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー ケブラー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, プッシュロッド
トレッド 前:1,790 mm (70 in)
後:1,662 mm (65.4 in)
ホイールベース 2,835 mm (111.6 in)
エンジン ルノー・ゴルディーニ EF4B, 1,492 cc (91.0 cu in), 90度 V6, ターボ, ミッドエンジン, 縦置き
トランスミッション ヒューランド 5速 MT
重量 540 kg (1,200 lb)
燃料 アンタル
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム エキップ・リジェ ジタン
ドライバー 25. イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス
25. フランスの旗 フィリップ・ストレイフ
26. フランスの旗 ジャック・ラフィット
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
初戦 1985年ブラジルグランプリ
出走優勝ポールFラップ
15001
テンプレートを表示

リジェ・JS25は、リジェチームが1985年シーズンF1参戦に用いたフォーミュラ1カーである。デザイナーはミッシェル・ポイジョンクロード・ギャロパン

前年のJS23同様、ルノーV6ターボエンジンを搭載、タイヤはミシュランに代わってピレリを装着した。ドライバーはベテランのジャック・ラフィットアンドレア・デ・チェザリスのラインナップであったが、チェザリスはクラッシュによるリタイアが連続し、チームは彼に代えてフィリップ・ストレイフを起用した。

チームのシーズン総獲得ポイントは23、コンストラクターズランキングは6位となった。ラフィットは3位に2度入賞、最終戦オーストラリアでは2位に入賞した。チームメイトのストレイフも最終戦で3位に入賞する。ストレイフは2位のラフィットを激しく追い上げ、終盤の81ラップ目で接触、左前ホイールが外れかかったものの、両者ともどうにかゴールすることができた。

JS25のおそらく最も壮観な瞬間はオーストリアであった。チェザリスが14ラップ目に高速度で転回し車は大破した。オーナーのギ・リジェはこれ以上チェザリスのクラッシュに修理費用を出すことはできないとし、彼の放出を決心した。チェザリスはオランダGP後にストレイフと交代した。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 ポイント 順位
1985年 エキップ・リジェ ジタン ルノー・ゴルディーニ EF4B
V6 t/c
P BRA
ブラジルの旗
POR
ポルトガルの旗
SMR
サンマリノの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
DET
アメリカ合衆国の旗
FRA
フランスの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
AUT
オーストリアの旗
NED
オランダの旗
ITA
イタリアの旗
BEL
ベルギーの旗
EUR
欧州連合の旗
RSA
南アフリカ共和国の旗
AUS
オーストラリアの旗
23 6位
アンドレア・デ・チェザリス Ret Ret Ret 4 14 10 Ret Ret Ret Ret Ret
フィリップ・ストレイフ 10 9 8 3
ジャック・ラフィット 6 Ret Ret 6 8 12 Ret 3 3 Ret Ret Ret 11 Ret 2

参照[編集]

外部リンク[編集]