ジョナサン・パーマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョナサン・パーマー
Jonathan Palmer Profile.jpg
基本情報
フルネーム ジョナサン・チャールズ・パーマー
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・ロンドンルイシャム
生年月日 (1956-11-07) 1956年11月7日(61歳)
F1での経歴
活動時期 1983-1989
所属チーム '83 ウィリアムズ
'84 RAM
'85,'86 ザクスピード
'87-'89 ティレル
出走回数 88 (83スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 14
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 1983年ヨーロッパGP
最終戦 1989年オーストラリアGP
テンプレートを表示

ジョナサン・チャールズ・パーマーJonathan Charles Palmer, 1956年11月7日 - )はイギリス出身の元レーシングドライバーF1ドライバーで実業家医師の資格を持っていることから、「フライング・ドクター」の愛称を持つ。

2014年GP2シリーズチャンピオンのジョリオン・パーマーは息子[1]

プロフィール[編集]

F3/F2時代[編集]

1981年からイギリスF3選手権を戦い、その後1983年にヨーロッパF2にステップアップ。ラルトホンダでいきなりシリーズチャンピオンを獲得する。

F1時代[編集]

その実績を認められて同年にウィリアムズからF1デビューした。翌1984年には下位チームのRAMに移籍、1985年には同じく下位チームのザクスピードへ移籍した。これらのチームでは下位チームながら堅実な走りを見せて高い評価を受けた。

ザクスピード時代(1985年ドイツグランプリ

堅実な走りが高く評価され1987年から中堅チームのティレルに移籍し7ポイント獲得。同年に自然吸気エンジン搭載車のタイトルである「ジム・クラーク・カップ」を獲得。漸く才能が開花した。1988年と1989年シーズンもティレルに所属し、1989年一杯でF1から引退したものの、1990年にはマクラーレンのテストドライバーを務めた。

引退後[編集]

イギリスツーリングカー選手権(BTCC)に参戦した他、1991年から1997年までBBCのF1中継の解説者を務めた。また、ジュニアフォーミュラの「フォーミュラ・パーマー・アウディ」を主宰する他、現在はオウルトンパークブランズ・ハッチなど複数のサーキットを所有する「モータースポーツ・ビジョン」社の共同経営者となっている。

2008年には、翌年より国際自動車連盟(FIA)が復活させたFIA F2選手権シリーズの運営責任者に選ばれているなど、引退後のイギリスのモータースポーツ界の重鎮の1人として活躍している。

エピソード[編集]

F2時代までは医師としても働き、週末にサーキットに足を運ぶという多忙な生活を送っていた。その後医師を辞めレーサーに専念。同年、看護師と結婚。秀才カップルと呼ばれた。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1983年 ウィリアムズ FW08C BRA USW FRA SMR MON BEL DET CAN GBR GER AUT NED ITA EUR
13
RSA NC 0
1984年 スコール・バンディット (RAM) 01 BRA
8
RSA
Ret
NC 0
02 BEL
10
SMR
9
FRA
13
MON
DNQ
CAN DET
Ret
DAL
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
9
NED
9
ITA
Ret
EUR
Ret
POR
Ret
1985年 ザクスピード 841 BRA POR
Ret
SMR
DNS
MON
11
CAN DET FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
Ret
NED
Ret
ITA BEL EUR RSA AUS NC 0
1986年 861 BRA
Ret
ESP
Ret
SMR
Ret
MON
12
BEL
13
CAN
Ret
DET
8
FRA
Ret
GBR
9
GER
Ret
HUN
10
AUT
Ret
ITA
Ret
POR
12
MEX
10
AUS
9
NC 0
1987年 ティレル DG016 BRA
10
SMR
Ret
BEL
Ret
MON
5
DET
11
FRA
7
GBR
8
GER
5
HUN
7
AUT
14
ITA
14
POR
10
ESP
Ret
MEX
7
JPN
8
AUS
4
11位 7
1988年 017 BRA
Ret
SMR
14
MON
5
MEX
DNQ
CAN
6
DET
5
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
11
HUN
Ret
BEL
12
ITA
DNQ
POR
Ret
ESP
Ret
JPN
12
AUS
Ret
14位 5
1989年 017B BRA
7
25位 2
018 SMR
6
MON
9
MEX
Ret
USA
9
CAN
Ret
FRA
10
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
13
BEL
14
ITA
Ret
POR
6
ESP
10
JPN
Ret
AUS
DNQ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ジョリオン・パーマー”. ESPN F1. 2015年5月21日閲覧。

関連項目[編集]