ギ・リジェ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギ・リジェ
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
生年月日 (1930-07-12) 1930年7月12日
没年月日 (2015-08-23) 2015年8月23日(85歳没)
F1での経歴
活動時期 1966 - 1967
所属チーム クーパー(プライベート)
ブラバム(プライベート)
出走回数 13 (12 starts)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 1
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1966年モナコGP
最終戦 1967年メキシコGP
テンプレートを表示

ギ・カミーユ・リジェGuy Camille Ligier, 1930年7月12日 - 2015年8月23日)は、フランスヴィシー出身の元ラグビー選手、レーシングドライバー

7歳で孤児となった彼は1940年代後半、地元ヴィシーの肉屋で手伝いとして働いていた頃にラグビー選手として名を挙げる。事業での成功を決意し、貯金をしてブルドーザーを購入、建築業を始めた。ラグビー選手としての経歴はナショナルチームでプレーした後終了し、その後国内での2輪レースに参戦、続いてエルヴァと共にフォーミュラ・ジュニアに参戦した。

レース活動[編集]

フランスでは道路建設ブームとなり、リジェはその業務を拡大、この期間に地元政治家のフランソワ・ミッテランピエール・ベレゴヴォワとの深い交友関係を築く。

1960年代後半にリジェはポルシェのスポーツカーでのレースを始め、プライベイターとしてクーパー-マセラティブラバム-レプコでF1にも参戦した。どちらも成功することは叶わず、1968年にリジェはジョー・シュレッサーと組んで2台のマクラーレンフォーミュラ2カーを購入した。シュレッサーはその年のF1デビュー戦、フランスGPで事故死し、リジェはもう十分レースに満足したとして引退を決意した。彼は自身がレースに出場する代わりに、レーシングカーを製作することを決意し、ミッシェル・テツを起用してリジェ・JS1を製作させた。JS1の「JS」は「ジョー・シュレッサー」のイニシャルである。会社はスポーツカーレースでの地位を確立したが、1974年末にリジェはマトラ・スポーツの資産を購入しコンストラクターとしてF1へ進出する。チームは1976年にジャック・ラフィットを起用して参戦を始め、1980年代初めにはラフィット、パトリック・デパイユディディエ・ピローニらのドライブで大きな成功を収めた。1981年、リジェの旧友であるフランソワ・ミッテラン大統領に就任し、1983年には国有企業のエルフジタンロトなどにリジェのスポンサーとなるよう命じ、これはその後問題となっていく。

また、リジェはエンジン供給の面でも優遇を受けた。ルノーは政治的圧力をかけられ、チームは1984年から86年、1992年から94年にかけてルノーエンジンを使用することができた。同じフランスのチームであったラルースジェラール・ラルースとは犬猿の仲で、1990年シーズンのラルースのポイント剥奪処分には、無論ラルース側の不手際が原因ではあったものの、リジェの圧力があったことが明らかになっている。

リジェ-ミッテラン-ベレゴヴォワの関係は1990年代初めに頂点を迎え、リジェはマニクール・サーキットの改修事業の新本部長に就任、当時のFISA会長ジャン=マリー・バレストルを抱き込み1991年からマニクールで新たなフランスグランプリを開催することを決定した。ミッテラン大統領とベレゴヴォワ首相はこの考えを支持した。

1992年、リジェは社会党政権がいつまでも続かないことを悟り(当時もっとも強力と言われたルノーエンジンを搭載したマシンをもってしても、結果が思うように出なかったことに失望し、チーム運営への情熱を失ったことも理由の一つ)、チームをシリル・ド・ルーブルに売却した。彼はその資金をフランス中部の市場で天然肥料を買い占めるのにつぎ込み、新たな資産を築き上げようとした。数カ月後にミッテランの社会党選挙で敗北を喫し、ベレゴヴォワは1993年5月1日に自殺した。

リジェはまた、マイクロカー製造事業でも成功を収めた。F1チームはド・ルーブルからフラビオ・ブリアトーレトム・ウォーキンショーとブリアトーレの共同オーナー時代を経てアラン・プロストが購入し、プロスト・グランプリと改名された。

2015年8月23日死去[1]。85歳没。


F1における全成績[編集]

(key) (太字ポールポジション

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1966年 ギ・リジェ クーパーT81 マセラティ V12 MON
NC
BEL
NC
FRA
NC
GBR
10
NED
9
GER
DNS
ITA
USA MEX
NC 0
1967年 ギ・リジェ クーパーT81 マセラティ V12 RSA
MON
NED
BEL
10
FRA
NC
19位 1
ブラバムBT20 レプコ V8 GBR
10
GER
8*
CAN
ITA
Ret
USA
Ret
MEX
11

*リジェは1967年ドイツグランプリで8位となったが、前にF2車両が2台いたため6位のポイントを獲得している。

ル・マンでの成績[編集]

チーム 車両 パートナー 結果 備考
1964年 フランスの旗 アウグスト・ヴェウィレ ポルシェ・904/4 GTS フランスの旗 ロベール・ブーシェ クラス優勝(総合7位)
1965年 フランスの旗 フォード・フランス S.A. フォード・GT40 ロードスター フランスの旗 モーリス・トランティニアン リタイア
1966年 フランスの旗 フォード・フランス S.A. フォード・GT40 アメリカ合衆国の旗 ボブ・グロスマン リタイア トラブル
1967年 アメリカ合衆国の旗 ホルマン & ムーディー フォード・GT40 Mk.IIB フランスの旗 ジョー・シュレッサー リタイア クラッシュ
1970年 フランスの旗 エキュリー・インタースポーツ SA リジェ・JS1 フランスの旗 ジャン=クロード・アンドルー リタイア ディストリビューター
1971年 フランスの旗 オートモビルス・リジェ リジェ・JS3 フランスの旗 パトリック・デパイユ NC
1972年 フランスの旗 オートモビルス・リジェ リジェ・JS2 フランスの旗 ジャン=フランソワ・ピオ リタイア バルブ損傷
1973年 フランスの旗 オートモビルス・リジェ リジェ・JS2 フランスの旗 ジャック・ラフィット 失格

参照[編集]

外部リンク[編集]