ピエール・ベレゴヴォワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピエール・ベレゴヴォワ
Pierre Bérégovoy
Beregovoy.jpg

任期 1992年4月2日1993年3月29日
元首 フランソワ・ミッテラン大統領

任期 1993年3月9日1993年3月29日
元首 フランソワ・ミッテラン大統領

任期 1988年1992年
元首 フランソワ・ミッテラン大統領

フランスの旗 フランス共和国
経済・財政相兼予算大臣
任期 1984年1986年
元首 フランソワ・ミッテラン大統領

任期 1982年1984年
元首 フランソワ・ミッテラン大統領

出生 1925年12月23日
セーヌ=マリティーム県 Déville-lès-Rouen
死去 (1993-05-01) 1993年5月1日(67歳没)
パリ
政党 社会党(PS)

ピエール・ベレゴヴォワPierre Bérégovoy, 1925年12月23日 - 1993年5月1日)は、フランス政治家ウクライナ系。フランス社会党に所属し、フランソワ・ミッテラン大統領時代の1992年から1993年まで首相を務めた。

生い立ちと青年期[編集]

1925年12月23日北仏オート・ノルマンディー地域圏セーヌ=マリティーム県ウクライナ移民の家庭に生まれる。一家は、ロシア内戦の際に祖国を脱出してフランスに移住した。仕上げ工、フライス旋盤工の職業適性証(CAP)を取得して16歳から金属工を手始めに織物工場、フランス国鉄フランスガスで働いた。フランス国鉄時代に第二次世界大戦を迎え、戦時中レジスタンス運動に参加したことがきっかけで政治に関心を持つようになる。

社会党入党[編集]

戦後、労働組合運動に参加し、「労働者の力」Force Ouvrièreの組合員となり、旧フランス社会党(SFIO)に入党する。1958年ピエール・マンデス=フランスの影響を受けて、独立社会党(PSA)に参加。1960年統一社会党(PSU)の設立に貢献した。さらに旧社会党書記長のアラン・サヴァリとともに左翼改革クラブ・マンデス主義者同盟を結成した。1967年マンデス・フランスの顧問を務める。1969年フランス社会党(PS)に加わる。以後、党第一書記であったフランソワ・ミッテランの忠実な協力者としてミッテラン社会党を支えた。

首相[編集]

1981年ミッテランが大統領に就任すると大統領府事務局長に就任した。総選挙ではミッテランの地盤であるニエーヴル県から下院国民議会議員に当選する。同時にヌヴェール市長にも当選する。 1982年ピエール・モーロワ内閣で社会問題相として入閣する。この時期、ミッテランに対して欧州通貨制度 European Monetary Systemの採択を進言している。1983年から1989年までヌヴェール市長。ミッテランとモーロワ内閣は当初、社会主義政策を採択していたが、相次ぐ選挙での社会党後退を受けて、1984年ローラン・ファビウス内閣が成立し、ベレゴボワは、蔵相に就任し、新自由主義的経済政策、財政均衡への政策転換を推進した。1988年フランス大統領選挙では、ミッテラン再選に尽力した。この頃からベレゴボワの名前は首相にしばしば取りざたされるようになる。1988年ミシェル・ロカール内閣の蔵相に就任する。蔵相として新自由主義的経済政策を推進することで、フランスにおける社会主義と市場経済の融合を象徴するものとして受けとられ、実業界とも親密な関係を作った。1991年ミッテランの側近のひとりであるエディット・クレッソンが首相に就任し、ベレゴボワは経済・財政相に再任。大蔵省には権限が集中し「スーパー蔵相」と言われた。

1992年3月地域圏議会・県議会選挙で社会党は敗北し、クレッソン内閣は総辞職すると、4月後任の首相に就任した。ベレゴヴォワ内閣の布陣は、ローラン・デュマ外相、ジャック・ラング文化相、ピエール・ジョックス国防相、ミシェル・ヴォーゼル法相、ジャン=ルイ・ビアンコ国土整備相などで、ミッテラン直系の側近たちが結集された形となった。首相となったベレゴヴォワは、失業、経済低迷、腐敗との闘争を宣言した。ベレゴヴォワ内閣は、経済の自由化や企業の負担軽減、公共独占部門の国有化と競争部門の民営化を実行した。ベレゴヴォワは、フラン通貨危機の克服やインフレ抑制、貿易黒字への転換、リセ改革を実現した。しかし1992年のフランスにおける工業生産は前年度と比較し、マイナス0.5パーセント、失業率も高く失業者は300万人に増加した。1992年4月ベレゴヴォワは国民議会での施政方針演説で「11ヶ月、それは短い」といみじくも語った。

自殺[編集]

1993年3月下院国民議会総選挙で社会党は282議席から67議席へ議席を減らし、壊滅的打撃を受けた。社会党が大敗した第一の要因は、続発したスキャンダル事件に求められる。ファビウス元首相らによる薬害エイズ事件や社会党の不正会計をはじめ、ベレゴヴォワ自身も、ミッテランの親友で実業家のブラからアパート購入資金を無利子で借りた件やブラのために北朝鮮のホテル建設に便宜供与をはかった件が疑惑として浮上した。

1993年5月1日早朝、ヌヴェール市内にて車から降りたベレゴヴォワは、運転手に車で待つように指示し一人で川端の小道を歩いていた。しばらくして、朝もやの中で銃声が轟いた。ただちにヘリコプターパリに搬送されたが死亡が確認された。前首相の自殺というショッキングなこの事件は、ベレゴヴォワの頭部に2発の銃弾が撃ち込まれていたことから、ボディーガード実行による謀殺説も浮上したが、周囲の証言などにより自殺と断定された。ベレゴヴォワの訃報に接したミッテランは、マスコミによって叩かれたベレゴヴォワが自殺したとして、マスコミを「犬のような下劣な奴等」と口走ったと伝えられる。

外部リンク[編集]

公職
先代:
ピエール・ジョックス
フランスの旗 フランス共和国国防大臣
1993
次代:
フランソワ・レオタール
先代:
エディット・クレッソン
フランスの旗 フランス共和国首相
第五共和政第13代:1992 - 1993
次代:
エドゥアール・バラデュール
先代:
ジャック・ドロール
フランスの旗 フランス共和国
経済・財政・民営化大臣

1988 - 1992
次代:
エドゥアール・バラデュール
先代:
ジャック・ドロール
フランスの旗 フランス共和国予算大臣
第25代:1984 - 1986
次代:
アラン・ジュペ
先代:
ジャック・ドロール
フランスの旗 フランス共和国
経済・財政大臣

1984 - 1986
次代:
エドアール・バラデュール
先代:
ニコル・ケスティオ
フランスの旗 フランス共和国
社会問題・国民連帯大臣

1982 - 1984
次代:
ジョルジナ・デュフォワ