1967年メキシコグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メキシコ 1967年メキシコグランプリ
レース詳細
1967年F1世界選手権全11戦の第11戦
マグダレナ・ミクスカ(1962–1970)
マグダレナ・ミクスカ(1962–1970)
日程 1967年10月22日
正式名称 VI Gran Premio de Mexico
開催地 マグダレナ・ミクスカ
メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ
コース 恒久的レース施設
コース長 5.000 km (3.107 mi)
レース距離 65周 325.000 km (201.946 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー ロータス-フォード
タイム 1:47.56
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-フォード
タイム 1:48.13 (52[1]周目)
決勝順位
優勝 ロータス-フォード
2位 ブラバム-レプコ
3位 ブラバム-レプコ

1967年メキシコグランプリ (1967 Mexican Grand Prix) は、1967年のF1世界選手権第11戦(最終戦)として、1967年10月22日シウダ・デポルティーバ・マグダレナ・ミクスカで開催された。

ロータスジム・クラークはレースのほぼ全てにおいてクラッチが切れなかったにもかかわらず、2位のジャック・ブラバムに1分以上の差を付けて優勝し[2]、ニュージーランド人のデニス・ハルムは3位となり、チームメイトで3度のチャンピオンであるブラバムを抑え、初のチャンピオンを獲得した。

レース概要[編集]

チャンピオン獲得の条件[編集]

最終戦を迎え、ブラバムデニス・ハルムジャック・ブラバムチャンピオンを獲得するチャンスを残していた。チームメイト同士がチャンピオンを争うのは、1961年フェラーリフィル・ヒルヴォルフガング・フォン・トリップス)以来6年ぶりである。ランキング首位のハルムは2位のブラバムを5点リードし、下記の通り4位以上でチャンピオンを自力で決められる[注 1]

  • ハルム(47点) - 4位以上
  • ブラバム(42点) - 優勝、かつハルムが5位以下

エントリー[編集]

クリス・エイモンの1台体制が続いていたフェラーリは、本レースのみイギリス人のジョナサン・ウィリアムズを起用し2台体制とした。この直前にウィリアムズはフェラーリのCan-Amチームでエイモンとパートナーを組んでいて、開発責任者のマウロ・フォルギエリから本レースへの参加を言い渡された[3]クーパーは、母国グランプリとなるペドロ・ロドリゲスが8月のF2レースでの事故から復帰したが、ヨッヘン・リントはスターティングマネーに不満を持ち、ブラバムへの移籍を決めてチームを離脱したため欠場した[4]。エントリーの詳細については、後述の#エントリーリストを参照されたい。

予選[編集]

最速だが信頼性の低いロータス・49を駆るジム・クラークポールポジションを獲得し、エイモンが彼とともにフロントローを獲得した。2列目はイーグルダン・ガーニーとロータスのグラハム・ヒルが占め、チャンピオンを争うブラバム勢はブラバムが5番手、ハルムが6番手で3列目に並ぶ。その後方の4列目はホンダジョン・サーティースマクラーレンブルース・マクラーレンが占めた[4]

決勝[編集]

スタート直後にガーニーがクラークのリアにヒットしたが、クラークのロータスは排気管が曲がった程度でそのまま走行し、ガーニーはラジエーターが破損したまま数周走行したのちリタイアした。クラークはエイモンとチームメイトのヒルをオーバーテイクし、その後クラッチが切れないトラブルに見舞われたにもかかわらず、レースを支配することができた。ヒルが18周目にドライブシャフトの故障でリタイアし、ブラバムは3位に浮上したが、チャンピオンを争うチームメイトのハルムが彼の後方を走っていたため、連覇の可能性は遠のいていった[4]。2位を走っていたエイモンはレース終盤で燃料不足に悩まされ、一度はマシンを降りてリタイアしようとしたが、燃料ポンプからカチカチという妙な音が聞こえたため慌ててマシンに戻った[3]。この間にブラバム、ハルム、サーティースがエイモンを抜いていき5位まで順位を落とした[4]。エイモンの最終ラップは優勝したクラークのファステストラップから2倍以上のタイムだったためカウントされず、9位に終わった[3][4]。これにより、BRMマイク・スペンス英語版が5位、ロドリゲスが6位に入賞した[4]。サーティースが駆るホンダ・RA300もデビュー3戦目となり、初期トラブルをおおよそ吐き出し完調に近かったが、ベースとしたローラ・T90のモノコックを途中で切り取った後半部にエンジンをストレスメンバーとしたスペースフレーム形式としているため、シャシーの前半と後半で剛性が一様でない欠点が露呈したが、レースではクラークやブラバム勢には及ばなかったものの、サーティースは安定した走りで4位に入賞した[5]

F1参戦3年目のハルムはモナコGPドイツGPで優勝し、他のレースでも師匠譲りの粘り強い走りでコンスタントに入賞を繰り返して51点を集め、序盤戦の出遅れが響いて有効46点(合計48点)に終わったブラバムを退け、初のチャンピオンを獲得した。こうして王者に就いたハルムだったが、それ故にシーズン末にはチームを去ることを考えなければならず、翌年はマクラーレンへ移籍した[6][注 2]。サーティースは合計20点でドライバーズランキング4位[注 3]ホンダもブラバム、ロータス、クーパーに続くコンストラクターズランキング4位となり、フェラーリ[注 4]やBRM、イーグルなどを抑えることができた[7]

エントリーリスト[編集]

チーム No. ドライバー コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
イギリスの旗 ブラバム・レーシング・オーガニゼーション 1 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ブラバム BT24 レプコ 740 3.0L V8 G
2 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム
日本の旗 ホンダ・レーシング 3 イギリスの旗 ジョン・サーティース ホンダ RA300 ホンダ RA273E 3.0L V12 F
イギリスの旗 クーパー・カー・カンパニー 4 オーストリアの旗 ヨッヘン・リント 1 クーパー T81B マセラティ 10/F1 3.0L V12 F
21 メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス
イギリスの旗 チーム・ロータス 5 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス 49 フォードコスワース DFV 3.0L V8 F
6 イギリスの旗 グラハム・ヒル
18 メキシコの旗 モイセス・ソラーナ
イギリスの旗 オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 7 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート BRM P115 BRM P75 3.0L H16 G
8 イギリスの旗 マイク・スペンス P83
イタリアの旗 スクーデリア・フェラーリ SpA SEFAC 9 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン フェラーリ 312/67 フェラーリ 242 3.0L V12 F
12 イギリスの旗 ジョナサン・ウィリアムズ
アメリカ合衆国の旗 マイク・フィッシャー 10 アメリカ合衆国の旗 マイク・フィッシャー ロータス 33 BRM P60 2.1L V8 F
アメリカ合衆国の旗 アングロ・アメリカン・レーサーズ 11 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー イーグル T1G ウェスレイク 58 3.0L V12 G
イギリスの旗 ブルース・マクラーレン・モーターレーシング 14 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン マクラーレン M5A BRM P142 3.0L V12 G
イギリスの旗 ロブ・ウォーカー/ジャック・ダーラッシャー・レーシングチーム 15 スイスの旗 ジョー・シフェール クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
スイスの旗 ヨアキム・ボニエ・レーシングチーム 16 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ クーパー T81 マセラティ 9/F1 3.0L V12 F
イギリスの旗 レグ・パーネル・レーシング 17 イギリスの旗 クリス・アーウィン BRM P83 BRM P75 3.0L H16 F
フランスの旗 ギ・リジェ 19 フランスの旗 ギ・リジェ ブラバム BT20 レプコ 620 3.0L V8 F
フランスの旗 マトラ・スポール 22 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ MS7 フォードコスワース FVA 1.6L L4 G
カナダの旗 カストロール・オイルズ・リミテッド 30 カナダの旗 アル・ピース 2 イーグル T1F クライマックス FPF 2.8L L4 G
ソース:[8]
追記
  • ピンク地F2マシンで参加
  • ^1 - リントはスターティングマネーの支払いを巡って紛争となり欠場[9][4]
  • ^2 - エントリーしたが出場せず[9]

結果[編集]

予選[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム グリッド
1 5 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-フォード 1:47.56 - 1
2 9 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン フェラーリ 1:48.04 +0.48 2
3 11 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 1:48.10 +0.54 3
4 6 イギリスの旗 グラハム・ヒル ロータス-フォード 1:48.74 +1.18 4
5 1 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 1:49.08 +1.52 5
6 2 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム ブラバム-レプコ 1:49.46 +1.90 6
7 3 イギリスの旗 ジョン・サーティース ホンダ 1:49.80 +2.24 7
8 14 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン マクラーレン-BRM 1:50.06 +2.50 8
9 18 メキシコの旗 モイセス・ソラーナ ロータス-フォード 1:51.52 +3.96 9
10 15 スイスの旗 ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 1:51.89 +4.33 10
11 8 イギリスの旗 マイク・スペンス BRM 1:52.25 +4.69 11
12 7 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート BRM 1:52.34 +4.78 12
13 21 メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 1:52.85 +5.29 13
14 22 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ-フォード 1:53.08 +5.52 14
15 17 イギリスの旗 クリス・アーウィン BRM 1:54.38 +6.82 15
16 12 イギリスの旗 ジョナサン・ウィリアムズ フェラーリ 1:54.80 +7.24 16
17 16 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 1:55.57 +8.01 17
18 10 アメリカ合衆国の旗 マイク・フィッシャー ロータス-BRM 1:57.41 +9.85 18
19 19 フランスの旗 ギ・リジェ ブラバム-レプコ 1:58.45 +10.89 19
ソース:[10][11]
追記
  • ピンク地F2マシンで参加

決勝[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 5 イギリスの旗 ジム・クラーク ロータス-フォード 65 1:59:28.70 1 9
2 1 オーストラリアの旗 ジャック・ブラバム ブラバム-レプコ 65 +1:25.36 5 6
3 2 ニュージーランドの旗 デニス・ハルム ブラバム-レプコ 64 +1 Lap 6 4
4 3 イギリスの旗 ジョン・サーティース ホンダ 64 +1 Lap 7 3
5 8 イギリスの旗 マイク・スペンス BRM 63 +2 Laps 11 2
6 21 メキシコの旗 ペドロ・ロドリゲス クーパー-マセラティ 63 +2 Laps 13 1
7 22 フランスの旗 ジャン=ピエール・ベルトワーズ マトラ-フォード 63 +2 Laps 14
8 12 イギリスの旗 ジョナサン・ウィリアムズ フェラーリ 63 +2 Laps 16
9 9 ニュージーランドの旗 クリス・エイモン フェラーリ 62 燃料切れ 2
10 16 スウェーデンの旗 ヨアキム・ボニエ クーパー-マセラティ 61 +4 Laps 17
11 19 フランスの旗 ギ・リジェ ブラバム-レプコ 61 +4 Laps 19
12 15 スイスの旗 ジョー・シフェール クーパー-マセラティ 59 オーバーヒート 10
Ret 14 ニュージーランドの旗 ブルース・マクラーレン マクラーレン-BRM 45 油圧 8
Ret 17 イギリスの旗 クリス・アーウィン BRM 33 オイル漏れ 15
Ret 7 イギリスの旗 ジャッキー・スチュワート BRM 24 エンジン 12
Ret 6 イギリスの旗 グラハム・ヒル ロータス-フォード 18 ハーフシャフト 4
Ret 18 メキシコの旗 モイセス・ソラーナ ロータス-フォード 12 サスペンション 9
Ret 11 アメリカ合衆国の旗 ダン・ガーニー イーグル-ウェスレイク 4 ラジエーター 3
Ret 10 アメリカ合衆国の旗 マイク・フィッシャー ロータス-BRM 0 燃料システム 18
ソース:[12]
ファステストラップ[1]
ラップリーダー[13]
追記
  • ピンク地F2マシンで参加

ランキング[編集]

  • : トップ5のみ表示。前半6戦のうちベスト5戦及び後半5戦のうちベスト4戦がカウントされる。ポイントは有効ポイント、括弧内は総獲得ポイント。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 当時は上位6台に9-6-4-3-2-1点が与えられ、有効ポイント制度が適用されていた。この年は前半6戦のうちベスト5戦と、後半5戦のうちベスト4戦の合計ポイントによってチャンピオンを決定していた。ブラバムは後半の4戦で2位(ドイツGP)、優勝(カナダGP)、2位(イタリアGP)、5位(アメリカGP)と全戦ポイントを獲得しているので、優勝しても5位の2点が切り捨てられ7点の増加にとどまる。
  2. ^ ハルムはこの年からCan-Amで同郷のマクラーレンとコンビを組んで連戦連勝を重ね、「ブルース・アンド・デニー・ショー」という愛称が付けられた。大胆不敵なドライバー”. マクラーレン・オートモーティブ日本語版. 2019年8月10日閲覧。
  3. ^ エイモンと同じ20点だが、優勝回数の差でサーティースが上位。
  4. ^ ホンダと同じ20点だが、優勝回数の差でホンダが上位。

出典[編集]

  1. ^ a b Mexico 1967 - Best laps”. STATS F1. 2019年7月31日閲覧。
  2. ^ Mexico City Formula 1 - 1967”. Into The Red. 2019年7月31日閲覧。
  3. ^ a b c (アラン・ヘンリー 1989, p. 233)
  4. ^ a b c d e f g Mexican GP, 1967”. grandprix.com. 2019年8月8日閲覧。
  5. ^ (中村良夫 1998, p. 226-227)
  6. ^ (林信次 1995, p. 36,40)
  7. ^ (中村良夫 1998, p. 227)
  8. ^ Mexico 1967 - Race entrants”. STATS F1. 2019年8月8日閲覧。
  9. ^ a b Mexico 1967 - Result”. STATS F1. 2019年8月8日閲覧。
  10. ^ Mexico 1967 - Qualifications”. STATS F1. 2019年8月8日閲覧。
  11. ^ Mexico 1967 - Starting grid”. STATS F1. 2019年8月8日閲覧。
  12. ^ 1967 Mexican Grand Prix”. formula1.com. 2014年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年9月26日閲覧。
  13. ^ Mexico 1967 - Laps led”. STATS F1. 2019年8月8日閲覧。
  14. ^ a b Mexico 1967 - Championship”. STATS F1. 2019年3月19日閲覧。

参照文献[編集]

  • en:1967 Mexican Grand Prix(2019年3月19日 14:38:24(UTC))より翻訳
  • 林信次『F1全史 1966-1970 [3リッターF1の開幕/ホンダ挑戦期の終わり]』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6
  • 中村良夫『F-1グランプリ ホンダF-1と共に 1963-1968 (愛蔵版)』三樹書房、1998年。ISBN 4-89522-233-0
  • アラン・ヘンリー『チーム・フェラーリの全て』早川麻百合+島江政弘(訳)、CBS・ソニー出版、1989年12月。ISBN 4-7897-0491-2

外部リンク[編集]

前戦
1967年アメリカグランプリ
FIA F1世界選手権
1967年シーズン
前回開催
1966年メキシコグランプリ
メキシコの旗 メキシコグランプリ次回開催
1968年メキシコグランプリ