ミルコ・ボルトロッティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミルコ・ボルトロッティ

ミルコ・ボルトロッティMirko Bortolotti, 1990年1月10日 - )は、イタリアトレント出身のレーシングドライバー

経歴[編集]

レーシングカートを数年経験したのち、ジュニアフォーミュラへ転向。2005年にイタリア・フォーミュラ・ルノーの冬季シリーズと、フォーミュラ・グロリアへ参戦。3年間をフォーミュラー・ルノー・冬季シリーズで過ごし、2006年には総合4位を獲得。同年にはフォーミュラ・アズーラとイタリア国内のFJ1600にも参戦。アズーラでは1勝と5回のポールポジションをあげ、総合2位を獲得した。

2007年にはフォーミュラー・ルノーと同時にイタリアF3選手権にも参戦。初年度は1勝と2回のPPを獲得し、総合4位。翌2008年も引き続きイタリアF3に参戦し、16戦9勝6PPという成績でチャンピオンを獲得した。

この年のイタリアF3の成績上位3名に、フェラーリよりF1マシン・F2008を運転する機会が与えられ、フィオラノサーキットのサーキットを走行した。この際に記録したラップタイムは、同日に走行した他の2名より1秒以上も速く、2008年シーズン中にキミ・ライコネンルカ・バドエルマルク・ジェネが記録タイムをも上回る、コースレコードであった[1]

その後、F3でチャンピオンを獲得した成績が評価され、F1チーム・レッドブルのジュニア・チームに選出された。

2009年には同年に25年ぶりに復活したF2選手権に参戦。3戦目となる第2ラウンドブルノでの第1レースで初優勝。その後のブランズ・ハッチの第1レースではファステストラップを記録するなどの活躍を見せた。

その後12月1日~3日に行われたヘレスでの若手ドライバーテストにトロ・ロッソから2日間参加したが、2010年1月に突如レッドブル・ジュニア・チームのメンバーから外された。[2] しかし3月にフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーに加えられることが発表された[3]

2010年はGP3に参戦したが、5回の入賞と内1回の表彰台を獲得したのみで、シリーズ11位に終わり、12月16日にフェラーリ・ドライバー・アカデミーのメンバーから外されることとなった[4]

戦績[編集]

カテゴリー チーム 参戦数 PP 優勝 ポイント ランキング
2005年 イタリア・フォーミュラ・ルノー・冬季シリーズ Auinger 4 0 0 8 13th
フォーミュラ・グロリア  ? 2 0 0 12 21st
2006年 フォーミュラ・アズーラ Team Italia CSAI 14 5 1 60 2nd
イタリア・フォーミュラ・ルノー・冬季シリーズ RP Motorsport 4 0 0 88 4th
イタリア・FJ1600  ?  ? 0 40 13th
2007年 イタリアF3 Corbetta Competizioni 16 2 1 80 4th
イタリア・フォーミュラ・ルノー・冬季シリーズ Tomcat Racing 4 0 0 34 12th
2008年 イタリアF3 Lucidi Motors 16 6 9 150 1st
2009年 F2 MotorSport Vision 10 0 1 31 6th
2010年 GP3 Addax Team 16 0 0 16 11th

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]