フィオラノサーキット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Pista di Fiorano
Fiorano; Ferrari's private test track.svg
所在地 フィオラーノ・モデネーゼ, イタリア
標準時 GMT +1
主なイベント
コース長 2.97641[1] km ( マイル)
コーナー数 12
テンプレートを表示
サーキット外部から見たフィオラノ
F430のテスト走行の様子
コースの変移:1972~1995
コースの変移:1992~1995(シケイン設置)
コースの変移:1996~
コースの変移:1996~(シケイン有りのレイアウト)

ピスタ・ディ・フィオラノ: Pista di Fiorano, : Fiorano Circuit)は、イタリアエミリア=ロマーニャ州モデナ県フィオラーノ・モデネーゼにあるフェラーリ社のテストコース。フェラーリのF1マシンGTカー、およびマセラティのテストに使用される。

概要[編集]

1969年フィアットがフェラーリの市販車部門を傘下に吸収。イタリア最大の自動車メーカーの資本注入により、フェラーリはマラネッロの本社工場の西側にある果樹園を造成し、1972年にフィオラノサーキットを完成させた。行政区画上では東側の本社工場はマラネッロ、西側のフィオラノサーキットはフィオラーノ・モデネーゼに属する[2]

コース各所には効率的なデータ収集を行えるよう、計測機やテレビモニターを配備している。また、ウェットコンディションを再現できるよう、コース全体に水を撒き、余分な水分を吸収するシステムも導入している[1]シェルが開発したアスファルト路面によりグリップ力が高まり、水はけが良くなった[1]

サーキットの隣接地には、本社から分離したレース部門(スクーデリア・フェラーリ)のファクトリーがあり、F1マシンのシェイクダウンがそのまま行えるようになっている。2002年には物流部門を増設し、F1マシンの輸送の準備やトランスポーターの管理を行っている[1]

コース中心部にある旧宅には創業者エンツォ・フェラーリの執務室があり、「エンツォの家」と呼ばれる。エンツォ没後もオフィスは保存されているが、現在はドライバーの更衣所やトレーニングルーム、簡易宿泊施設として利用されている。

サーキット正門前の通りは「ジル・ヴィルヌーヴ通り (Via Gilles Villeneuve) 」と命名されており、通りの角にはヴィルヌーヴの銅像がある。

また、サーキットには80席のスタンドが用意されているほか、ガレージ・スペースも確保されており、悪天候の際にもスムーズに作業が進められるようになっている[1]

コースレイアウト[編集]

F1が開催されるさまざまなコースを再現できるようデザインされており、サーキットとしては珍しい立体交差になっている。コース幅は8.4メートル[3]。コーナーの種類は多様で、370Rから13.71Rまである[3]。コーナー名は特に決められていない。F1マシンにおけるアベレージスピードは160km/h以上、トップスピードは290 km/h[3]。タイヤ開発用の特別なコースも設置している。

当初のサーキットの全長は2,948.50m[1]。1992年にはストレートにシケインが増設され、シケインを使用する場合は3,021メートルとなった[3]1996年にはコースの一部が変更され、シケインなしで2,976.41m[1]、シケインありで2,997mとなった。

ラップレコード一覧[編集]

車種 タイム ドライバー 日付 備考
F1マシン
F2004 0'55.999 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 2004
F2003-GA 0'56.33 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 2003
248F1 0'57.099 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ 2006
F2005 0'57.146 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 2005
F2002 0'57.476 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 2002
F2007 0'58.366 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ 2007
F310B 0'59.00 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ 1997
F2008 0'59.111 イタリアの旗 ミルコ・ボルトロッティ 2008
F399 1'00.226 イタリアの旗 ルカ・バドエル 1999
412T1 1'00.31 フランスの旗 ジャン・アレジ 1994
レーシングカー
333SP 1'11.90 スリックタイヤでのタイム
333SP 1'13.00 スリックタイヤ、リストリクター装着でのタイム
Ferrari Monza 1'14.41 ドイツの旗 Walter Schäfer 4 June 1997 フェラーリ50周年記念式典でのタイム [1]
360GT 1'15.00
360N-GT 1'15.90 イギリスの旗 Ian Harold Brown 2003
FXX 1'16.00 イタリアの旗 アンドレア・ベルトリーニ 2007
458チャレンジ 1'16.50 2010
360チャレンジ 1'20.40 2003
Maserati Trofeo 1'21.1
355チャレンジ 1'25.40 rear wing
348チャレンジ 1'33.00
ロードカー
ラ フェラーリ 1'19.9 2013
F12ベルリネッタ 1'23.0 2012
458スペチアーレ 1'23.05 2013
599GTO 1'24.0 2010
エンツォフェラーリ 1'24.9 2002
458イタリア 1'25.0 2010
430スクーデリア 1'25.1
マセラティMC12 1'25.2
458スパイダー 1'25.5 2011
599GTBフィオラノ 1'26.5 2006
360チャレンジストラダーレ 1'26.5 2003
430スクーデリアスパイダー16M 1'26.5 2009
F50 1'27.00
F430 1'27.00 Autobild 2007
F40 1'29.60
360モデナ 1'31.00
550マラネロ 1'32.528
F355F1 1'33.00 1997
F355 1'34.00 1994
F512M 1'35.00 1995
512TR 1'35.00 1992
456GT 1'35.00
マセラティ4200GT 1'35.00
288GTO 1'36.00
テスタロッサ 1'36.00 1984
348TB 1'37.00 1989
328GTB 1'44.00

フィオラノサーキットが登場するゲーム[編集]

Simulation / Video Game Year Fiorano
Ferrari Virtual Academy 2010
Ferrari Challenge: Trofeo Pirelli 2008
Ferrari GT: Evolution 2008 [4]
rFactor 2005
F1 Challenge 99-02 2003 [5]
Ferrari F355 Challenge 1999
Ferrari Formula One 1988 [6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g GESレーシング部門”. Ferrari.com. 2011年12月20日閲覧。
  2. ^ ピーライ (2007年7月31日). “【マラネロ・フォー! 2】マラネロとフィオラノ。”. フロムROSSOエディターズ. http://www.hobidas.com/blog/rosso/editors/archives/2007/07/post_1080.html 2011年12月20日閲覧。 
  3. ^ a b c d Circuito di Fiorano” (イタリア語). Comune di Fiorano Modenese. 2011年12月20日閲覧。
  4. ^ http://www.gameloft.com
  5. ^ http://www.electronic-arts.de
  6. ^ http://www.mobygames.com/game/ferrari-formula-one

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 北緯44度32分6秒 東経10度51分26秒 / 北緯44.53500度 東経10.85722度 / 44.53500; 10.85722