マラネッロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マラネッロ
Maranello
マラネッロの風景
フェラーリの本社正門
行政
イタリア国旗 イタリア
Regione-Emilia-Romagna-Stemma.svg エミリア=ロマーニャ
Blank.png モデナ
CAP(郵便番号) 41053
市外局番 0536
ISTATコード 036019
識別コード E904
分離集落 #行政区画参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 16,615 [1](2012-01-01)
人口密度 507.5 人/km2
文化
住民の呼称 maranellesi
守護聖人 聖ビアージョ
(San Biagio)
祝祭日 2月3日
地理
座標 北緯44度31分32秒 東経10度51分59秒 / 北緯44.52556度 東経10.86639度 / 44.52556; 10.86639座標: 北緯44度31分32秒 東経10度51分59秒 / 北緯44.52556度 東経10.86639度 / 44.52556; 10.86639
標高 137 (105 - 481) [2] m
面積 32.74 [3] km2
マラネッロの位置
マラネッロの位置
モデナ県におけるコムーネの領域
モデナ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

マラネッロイタリア語: Maranello)は、イタリア共和国エミリア=ロマーニャ州モデナ県にある、人口約1万7000人の基礎自治体コムーネ)。マラネロとも表記される。

イタリアを代表する自動車メーカーのひとつ、フェラーリの本拠地として知られる。町の名前はフェラーリの車名「575Mマラネッロ」にも使われている。

地理[編集]

モデナ県中部の町である。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

経済・産業[編集]

フェラーリの本拠地[編集]

フェラーリの工場正門

大都市ミラノから南東に150km、モデナ県の県都モデナからバスで30分ほどの距離にある。のどかな田園風景が広がる田舎町だが、高級スポーツカーメーカーのフェラーリの本拠地があることで世界的に知られる。単に「マラネッロ」と言えばフェラーリ本社を指す事も多く、町の名前はフェラーリの車名「575Mマラネッロ」にも使われている。フェラーリがF1で優勝する度に、マラネッロの教会では祝福の鐘が鳴らされる。

本社敷地内の見学は原則不可だが、正規販売店にてフェラーリ車を購入した者は、そのディーラー、もしくは「フェラーリ・コンシェルジュ」[4]を通じて見学を申し込むことができる。同時に申し出ておけば、オーナーではない同伴者も見学できる。

F1マシンやエンジンの開発を行うモータースポーツ部門(スクーデリア・フェラーリ)の施設は、本社工場(ロードカー部門)とは別区画にある。これに隣接して、ロードカーおよびレーシングカーのテストを行う社有コース、ピスタ・ディ・フィオラーノがある。2009年以降は、テスト制限により最新F1マシンの走行は見られなくなったが、顧客に売られた中古F1マシンの走行会が行われている。地元住民や熱心なフェラーリファン(ティフォージ)がフェンスに張り付いている様子は、この街ならではの風景といえる。

街中の通りには創業者エンツォ・フェラーリを始め、「タツィオ・ヌヴォラーリ」「アルベルト・アスカーリ」「アルフレード・ディーノ・フェラーリ」「ロレンツォ・バンディーニ」「ジル・ヴィルヌーヴ」といったフェラーリゆかりの人物の名が付けられている。

街の各所には、本社詣でに訪れた一般観光客が立ち寄るスポットが点在する。工場の正門を隔てた道路向こう側にはオフィシャルグッズを扱う「フェラーリ・ストア」と、フェラーリ社内のケータリングにも利用するレストラン「リストランテ・カバリーノ」がある。店の奥にはエンツォ・フェラーリの特別室があり、本社へ来訪したゲストをもてなすために利用された。さらに数分歩くと、フェラーリ歴代のスポーツカーやレーシングカーを展示する「ガレリア・フェラーリ(フェラーリ美術館)」がある。ほかには、ミハエル・シューマッハらフェラーリF1ドライバー御用達の「リストランテ・モンターナ[5]」も知られる。

行政[編集]

行政区画[編集]

マラネッロには以下の分離集落(フラツィオーネ)が存在する。

  • Torre Maina, Torre delle Oche, San Venanzio, Pozza, Gorzano, Fogliano, Bell'Italia

姉妹都市[編集]

  • 日本の旗 坂祝町(日本・岐阜県)[6]
    • 2012年2月21日 友好都市提携
坂祝町にある中日本自動車短期大学とマラネッロのイプシアフェラーリ校が姉妹校として交流を行っていたことから[6]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Total Resident Population on 1st January 2012 by sex and marital status” (英語). 2013年9月13日閲覧。
  2. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Popolazione residente - Modena (dettaglio loc. abitate) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年9月13日閲覧。
  3. ^ 国立統計研究所(ISTAT). “Tavola: Superficie territoriale (Kmq) - Modena (dettaglio comunale) - Censimento 2001.” (イタリア語). 2013年9月13日閲覧。
  4. ^ 『フェラーリ・コンシェルジュ』電話:0120-325-408(フリーダイヤル/日本語/月―金/午前10時-午後6時)
  5. ^ Ristorante Montana” (イタリア語・英語・ドイツ語). 2011年12月19日閲覧。
  6. ^ a b 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2013年3月30日閲覧。

外部リンク[編集]