セブリング・インターナショナル・レースウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
アメリカ合衆国の旗 セブリング・インターナショナル・レースウェイ
概要
Sebring satellite.png
所在地 アメリカ合衆国の旗フロリダ州セブリング
オーナー IMSA ホールディングス
営業期間 1950年-
主なイベント ユナイテッド・スポーツカー選手権
セブリング12時間レース
FIA 世界耐久選手権
GP ロードコース (6代目)
Sebring International Raceway.svg
使用期間 1999年-現在
コース長 3,741 mi (6,019 km)
コーナー数 17
ラップレコード 1:41.800 (2019
日本の旗小林可夢偉
トヨタ・TS050 HYBRIDLMP1
テンプレートを表示

セブリング・インターナショナル・レースウェイSebring International Raceway)はアメリカ合衆国フロリダ州セブリングにあるサーキット

1950年に、元アメリカ陸軍航空軍飛行場であった、セブリング・リージョナル空港滑走路誘導路の一部を使用し造られた。部分的な改修を長年続けてきた結果、数種類の異なるアスファルト路面や陸空軍基地の名残であるラフに接合されたコンクリート板など部分ごとに路面の状況は大きく異なり、マシン・ドライバーへの負担は極めて大きい[1]。しかしあえてタフでバンピーな独特の路面を残しているのがセブリングの特徴と言える。場内トラムには「リスペクト バンプス(凸凹路面を敬え)」という看板が掲げられている[2]。オーバーテイクが難しいレイアウトになっている。

1959年F1アメリカGPが開催され、1952年からはセブリング12時間レースが行われ、その後IMSA GT選手権アメリカン・ル・マン・シリーズユナイテッド・スポーツカー選手権の1戦に組み込まれている。2019年FIA 世界耐久選手権(WEC)の「セブリング1000マイルレース」とセブリング12時間を同一の週末に開催し、「スーパーセブリング」の異名で呼ばれた。

脚注[編集]

  1. ^ 路面はボロボロ、ピットはカオス。137台集結のビッグイベント『WECセブリング』現地ブログ1回目”. autosport. 2019年3月14日閲覧。
  2. ^ IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権”. マツダ株式会社. 2022年12月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]