2013年オーストラリアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オーストラリアの旗 2013年オーストラリアグランプリ
レース詳細
Albert Lake Park Street Circuit in Melbourne, Australia.svg
日程 2013年シーズン第1戦
決勝開催日 3月17日
開催地 アルバート・パーク・サーキット
オーストラリア メルボルン
コース長 5.303km
レース距離 58周(307.574km)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:27.407
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
タイム 1:29.274(Lap 56)
決勝順位
優勝
2位
3位

2013年オーストラリアグランプリは、2013年のF1世界選手権開幕戦として、2013年3月17日アルバート・パーク・サーキットで開催された。正式名称は2013 Formula 1 Rolex Australian Grand Prix[1]

予選[編集]

展開[編集]

2013年開幕戦は、気まぐれな空模様に翻弄されるスタートとなった。金曜日のフリー走行は晴天に恵まれたが、土曜日の予選は激しい雨のためセッションが何度か中断された。Q1終了後に日没時刻を迎えたため、この時点で17位までのグリッドを確定し、日曜日の午前中にQ2・Q3を行う変則スケジュールに変更された。予選・決勝の同日開催は2004年日本GP2010年日本GPに続く3回目となる[2]

この天候に泣かされ、今年デビューの新人はほとんどがQ1で脱落。前年王者であるセバスチャン・ベッテルを筆頭とする、ドライバーもマシンも実績がある面々が上位を取るという結果となった。レッドブルの2台がフロントローを独占し、メルセデスでの移籍初戦となるルイス・ハミルトンが3番手につけた。

結果[編集]

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 グリッド
1 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:44.657 1:36.745 1:27.407 1
2 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブルルノー 1:44.472 1:36.524 1:27.827 2
3 10 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:45.456 1:36.625 1:28.087 3
4 4 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:44.635 1:36.666 1:28.490 4
5 3 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:43.850 1:36.691 1:28.493 5
6 9 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:43.380 1:36.194 1:28.523 6
7 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータスルノー 1:45.545 1:37.517 1:28.738 7
8 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:44.284 1:37.641 1:29.013 8
9 14 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 1:45.601 1:36.901 1:29.305 9
10 5 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:44.688 1:36.644 1:30.357 10
11 11 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ザウバーフェラーリ 1:45.930 1:38.067 11
12 15 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 1:47.330 1:38.134 12
13 18 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 1:44.871 1:38.778 13
14 19 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド トロ・ロッソフェラーリ 1:46.450 1:39.042 14
15 6 メキシコの旗 セルジオ・ペレス マクラーレンメルセデス 1:44.300 1:39.900 15
16 17 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズルノー 1:47.328 1:40.290 16
17 16 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 1:47.614 17
18 12 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 1:47.776 18
19 22 フランスの旗 ジュール・ビアンキ マルシャコスワース 1:48.147 19
20 23 イギリスの旗 マックス・チルトン マルシャコスワース 1:48.909 20
21 21 オランダの旗 ギド・ヴァン・デル・ガルデ ケータハムルノー 1:49.519 21
予選通過タイム: 1:50.616 (107%ルール)
22 20 フランスの旗 シャルル・ピック ケータハムルノー 1:50.626 221
ソース:[3]
追記
  • 太字は各予選セッションにおける最速タイム。
  • 土曜日に行われるはずであった予選は降雨のためQ2,Q3を行うことができず、日曜日にQ2,Q3が行われた[4]
  • ^1 — ピックは107%タイムを下回ったがステュワートの判断により決勝レースへの出場が許可された。

決勝[編集]

展開[編集]

決勝はドライコンディションながらも曇り空で気温は低く、レース中に再び天候が崩れる可能性もあった。ザウバーヒュルケンベルグのマシンが燃料漏れでグリッドにつくことができず、21台でスタートが切られた。ポールポジションからベッテルが好スタートを切ったが、2番グリッドのウェバーは標準ECUのトラブル[5]により出遅れた。

先頭のベッテルはスーパーソフトタイヤのデグラデーションが大きく思うようにペースが上がらず、僅差でフェラーリマッサアロンソが追いかける状況となった。後方ではメルセデスのハミルトンロズベルグがランデブー走行、やや離れてロータスライコネンが7位を走行した。

1回目のピットストップでミディアムタイヤに履き替えた第2スティントも同じ状況となり、2ストップ作戦で挑んだフォース・インディアスーティルに前を抑えられる羽目となった。この状況を打破するため、アロンソが早めに2回目のタイヤ交換を行い、ベッテル・マッサの前に出ることに成功した。

これにより実質のトップがアロンソに代わったと思われたが、1回目のタイヤ交換をアロンソと同時に行ったライコネンが2回目のタイヤ交換を遅らせたため、2回のピットストップで完走できる状況となった。

アロンソ・ベッテル・マッサの3台が3回目のピットストップを行ったため、この時点でライコネンが実質トップに立った。その後はアロンソがフレッシュタイヤで猛追すると、ライコネンがファステストラップラップで突き放してそのままフィニッシュ。新生ロータスとしては初の、オリジナルのチーム・ロータスを含めても1978年マリオ・アンドレッティ以来の開幕戦勝利となった。タイヤをもっともうまく使用したライコネンは「僕にとって最も楽に獲得できた勝利のひとつだと思う」と語った[6]

以降のフィニッシュ順位は、2位アロンソ・3位ベッテルとチャンピオン経験者が表彰台を独占した。一時は首位に躍り出て見せ場を作ったスーティルは、最後のスティントで使ったスーパーソフトタイヤがうまく働かず順位を落としたものの、チームメイトのディ・レスタを従え7位でフィニッシュし、1年ぶりの復帰戦で健在ぶりをアピールした。フォースインディアの躍進とは反対にマクラーレンはペースが悪く厳しい戦いを強いられ、バトンが何とか9位でポイントを獲得したものの、ペレスはポイント圏内に届かない11位に終わった。

結果[編集]

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム / リタイア グリッド ポイント
1 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータスルノー 58 1:30:03.225 7 25
2 3 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 58 +12.451 5 18
3 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 58 +22.346 1 15
4 4 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 58 +33.577 4 12
5 10 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 58 +45.561 3 10
6 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブルルノー 58 +46.800 2 8
7 15 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル フォースインディアメルセデス 58 +65.068 12 6
8 14 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディアメルセデス 58 +68.449 9 4
9 5 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 58 +81.630 10 2
10 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスルノー 58 +82.759 8 1
11 6 メキシコの旗 セルジオ・ペレス マクラーレンメルセデス 58 +83.367 15
12 18 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソフェラーリ 58 +83.857 13
13 12 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 57 +1 Lap 18
14 17 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズルノー 57 +1 Lap 16
15 22 フランスの旗 ジュール・ビアンキ マルシャコスワース 57 +1 Lap 19
16 20 フランスの旗 シャルル・ピック ケータハムルノー 56 +2 Laps 22
17 23 イギリスの旗 マックス・チルトン マルシャコスワース 56 +2 Laps 20
18 21 オランダの旗 ギド・ヴァン・デル・ガルデ ケータハムルノー 56 +2 Laps 21
Ret 19 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソフェラーリ 39 エキゾースト 14
Ret 9 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 26 電気系 6
Ret 16 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ウィリアムズルノー 24 スピン 17
DNS 11 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ザウバーフェラーリ 0 燃料系 11
ソース:[7]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013 FORMULA 1 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX(The Official F1 Website)
  2. ^ 過去2回の日本GPでは土曜日の予選全体が順延されており、予選を土・日の2日間に分けて開催するのは今回が初となる。
  3. ^ 2013 FORMULA 1 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX(Qualifying Result)
  4. ^ “雨の影響でQ2とQ3は日曜日に延期”. ESPN F1. (2013年3月16日). http://ja.espnf1.com/australia/motorsport/story/103160.html 2013年3月16日閲覧。 
  5. ^ "マクラーレン、ウェバーのECU不具合について謝罪". トップニュース.(2013年3月21日)2013年4月11日閲覧。
  6. ^ "ライコネン「キャリアで最も楽な優勝のひとつ」:ロータス日曜コメント". オートスポーツ.(2013年3月17日)2013年4月11日閲覧。
  7. ^ 2013 FORMULA 1 ROLEX AUSTRALIAN GRAND PRIX(Race Result)

外部リンク[編集]

FIA F1世界選手権
2013年シーズン
次戦
2013年マレーシアグランプリ
前回開催
2012年オーストラリアグランプリ
オーストラリアの旗 オーストラリアグランプリ次回開催
2014年オーストラリアグランプリ