アストンマーティン・ヴァンテージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

V8ヴァンテージは、イギリス自動車メーカー、アストンマーティンが製造しているスポーツカー

2代目(1993-1999年)[編集]

アストンマーティン・ヴァンテージ
Aston Martin V8 Coupe - Flickr - Alexandre Prévot (1).jpg
Aston Martin V8 Coupé.jpg
販売期間 1993年 - 1999年
エンジン 5.3L V型8気筒DOHCツインスーパーチャージャー
駆動方式 FR
最高出力 550PS/6,500rpm
最大トルク 76.0kgm/4,000rpm
変速機 6速MT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ド・ディオンアクスル
全長 4,755mm
全幅 1,945mm
全高 1,330mm
ホイールベース 2,611mm
車両重量 1,970kg
-自動車のスペック表-

メインモデルであったヴィラージュのハイパフォーマンスモデルとして1992年バーミンガムショーで発表され、翌年の1993年に発売された。

ヴィラージュのボディをベースに、イートン・コーポレーション製のスーパーチャージャーが二基装着されアメリカキャラウェイがチューニングし最高出力558PS/6,500rpm、最大トルク76.0kgm/4,000rpmを発揮する5.3LV型8気筒DOHCエンジンが搭載されている。

トランスミッションにはコルベットZR-1に採用された6速MTが用いられ、後輪駆動となっている。

サスペンションは、フロントがダブルウィッシュボーン、リアがド・ディオンアクスル

フェンダーが大きく拡大され285/45ZR18という太いタイヤが組み合わせられた。

0-60mph加速は4.6秒、最高速度は300km/hと、車重を感じさせないパフォーマンスを発揮する。

3代目(2005年-)[編集]

アストンマーティン・ヴァンテージ
クーペ(フロント)
Aston Martin V8 Vantage 2.JPG
クーペ(リア)
2009 silver Aston Martin Vantage rear.JPG
GT2仕様(triple a Vantage GT2)
Hiroki Yoshimoto 2010 Super GT Fuji 400km qualify.jpg
販売期間 2005年 -
エンジン 4.3L V型8気筒DOHC(2005年-2008年)
4.7L V型8気筒DOHC(2008年-)
駆動方式 FR
最高出力 385PS/7,300rpm(2005年-2008年
426PS/7,300rpm(2008年-)
最大トルク 41.8kgm/5,000rpm
変速機 6速MT、6速AT
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン
後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,382mm
全幅 1,866mm
全高 1,255mm
ホイールベース 2,600mm
車両重量 1,570kg
-自動車のスペック表-

今までと異なり3代目はポルシェ・911などをライバルとするローエンドモデルの「ベイビー・アストン」であり、歴代ヴァンテージの中では最も馬力が低い。しかしアストンの中では安価な下位モデルだとしても、日本円で約1500万円からという価格であり、高級車ということに変わりはない。

ボディーはアストンマーティン独自のVHプラットフォームを採用し軽量化とアストンマーティン・DB9とパーツの共通化を図っている。 エンジンはジャガー・XKと同じV8エンジンを採用しているが、ケルンの専用工場でさまざまな手が加えられており、実際ジャガー・XKと同じ部分はエンジンブロックの外側の形状のみという徹底ぶりで、共用部分は少ない。(排気量はジャガー・XKと異なり4.3L、380hp(385PS)/410Nm、ピストンのボアサイズはアストンのV12と同じ。)さらにこれをドライサンプ化することによって高性能化を図っている。

内装もDB9と似たようなイメージで、まさにDB9の縮小版といった感じだが、DB9は2+2シーターのGTであることに対してV8ヴァンテージは2シーターのスポーツカーであり、後輪駆動のスポーツカーとして理想的なバランスを実現している。

3ドアハッチバックのクーペとロードスターと呼ばれるオープンカーがある。

レース専用車としてN24という車両がアストンマーティンレーシングより発売されている。

2007年-[編集]

N400(限定車)を発表。排気量は変わらないが、吸気のチューニングによりエンジンパワーが400hpに向上。

2008年-[編集]

2009年モデルとして4.7Lの新型エンジンを発表、420hp(426PS)/470Nm(346lb.ft)にパワーアップした。

ヴァンテージの名称を持つ車両として、6LV型12気筒を搭載するアストンマーティン・DB7ヴァンテージの最高出力に並んだ。

外部リンク[編集]