エイドリアン・スーティル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
エイドリアン・スーティル
Adrian Sutil 2010 Canada.jpg
基本情報
フルネーム エイドリアン・スーティル
略称表記 SUT
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・バイエルン州
生年月日 1983年1月11日(33歳)
F1での経歴
活動時期 2007-2011,2013-
過去の所属チーム '07 スパイカー
'08-'11,'13 フォース・インディア
所属チーム ザウバー '14
車番 99
出走回数 128
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 124
ポールポジション 0
ファステストラップ 1
初戦 2007年オーストラリアGP
(記録は2014年最終戦アブダビGP終了時)
テンプレートを表示

エイドリアン・スーティルAdrian Sutil, 1983年1月11日 - )は、ドイツレーシングドライバーバイエルン州シュタルンベルク郡出身。血液型AB型、身長183cm。

経歴[編集]

出生からF1参戦まで[編集]

父はバイオリニスト、母はピアニストという音楽一家に生まれる。自身も幼少期よりピアニストになる為の英才教育を受けていたが、14歳の時にゴーカートと出会い、そのエンジン音の虜に。ピアニストからレーサーへの道へ進むことを決める。

2000年にドイツカート選手権に参戦し総合3位など各種カート大会で経験を積んだ。

2002年にはスイスのフォーミュラ・フォードに参戦し、全12の選手権において全てのレースでポールトゥウィンを達成してチャンピオンに輝いた。2003年はドイツのフォーミュラBMWに参戦し、2回のポールポジションと4回の表彰台を獲得するも優勝には届かず、総合6位でシーズンを終えた。

2004年にはコリン・コレスのチームからユーロF3に参戦。2度のポールポジション獲得などの活躍を見せるが優勝には至らず、総合15位で初年度を終えた。最終戦ではASMに移籍し、翌2005年も同チームから参戦、チームメイトにはルイス・ハミルトンを迎えた。2勝をあげたものの15勝をあげたハミルトンに敗れ、総合2位で同シリーズを終えた。同年2005年冬には、初開催となる2005-2006A1グランプリにドイツチームとして、ポルトガル、オーストラリア、ドバイのレースにも出場している。最高位は12位が2回、チームは総合15位に終わった。

2006年、日本トムスからのオファーを受け、全日本F3選手権にフル参戦する契約を結ぶ。雨の富士では接触でリアウイングを失うも、4位で完走するなど驚異的な走りを見せ、18戦中5勝をあげてシリーズチャンピオンに輝いた。また、8月に行われたSUPER GT鈴鹿1000kmレースに、同じくトムスの36号車のサードドライバーとして、脇阪寿一アンドレ・ロッテラーと共に出走した。また同年には、F1に新規参戦したミッドランドF1(MF1)チームのサードドライバーとして契約しており、F1の3レースで金曜日フリー走行に出走した(第5戦ヨーロッパGP第11戦フランスGP第17戦日本GP)。

F1参戦後[編集]

2007年、MF1を買収したスパイカーから、ティアゴ・モンテイロに代わりレギュラードライバーとしてF1参戦することになった。チームメイトはクリスチャン・アルバース第11戦ハンガリーGPからはアルバースに代わって山本左近)。マシンの競争力不足から、チームメイトと共にシーズンを通して予選では常に最後方を争うことになる。決勝ではミスも目立ち、7回のリタイアの内5回は、単独でのスピンや他車とのアクシデントによるものとなった。そんな中、第17戦日本GPでは9位でレースを終え、後に8位のヴィタントニオ・リウッツィのペナルティにより8位に繰り上がり、F1での初入賞を果たすとともにスパイカーにチーム初ポイントをもたらした。

2008年はスパイカーを買収したフォース・インディアと契約。チームメイトはベテランのジャンカルロ・フィジケラ。チーム名こそ衣替えしたものの、昨年同様マシンの競争力不足は変わらず、全18戦中11回のリタイアを喫する。第6戦モナコGPでは雨の中、非力なマシンで終盤まで4位を走行したが、後方からキミ・ライコネンに追突されリタイアに追い込まれた。しかしレース後に「黄旗が振られている区間で3台をオーバーテイクした」として警告を受けたため、完走していたとしてもペナルティのため入賞ではなかったことが濃厚[1]

2009年も引き続きフォース・インディアから参戦。マシンの競争力は不足しており苦戦を強いられているが、雨中のレースとなった第3戦中国GPでは終盤に6位まで浮上しまたしても雨での強さを見せた。しかし、残り6周でクラッシュし入賞を逃した(17位完走扱い)。イギリスGPでは予選で赤旗中断となる激しいクラッシュに見舞われたが、決勝には無事出走している。 ドイツGPではQ1.Q2を余裕を持って勝ち上がり、Q3で自己最高の7番グリッドにつけた。予選を8.9番手で終えたフェラーリの2台より多く燃料を積んでの予選であり、決勝では1回目のピットストップまでのロングランで2位まで順位を上げ、トップを走るルーベンス・バリチェロの直後に着き優勝の期待もされたが、ピットアウト後の1コーナーでキミ・ライコネンと接触。15位までポジションを落とし大きなチャンスを逃した。 イタリアGP予選では自己最高位更新となる予選2位の速さを見せ、フロントロウを獲得。更に決勝ではマシンの特性を活かして初ファステストラップを記録し、自己最高位の4位でゴール。レースや予選で速さを見せた一方で、シンガポールGPではスピンした直後のリカバーでニック・ハイドフェルドに衝突し、次戦の日本GPではシケインに並走状態で進入したヘイキ・コバライネンのラインを強引にふさぎ接触など、他車を巻き込む荒いドライビングも見参するシーズンとなった。

2010年も引き続きフォース・インディアから参戦。同年のフォースインディアのマシン「VJM03」は開幕戦から高い戦闘力を発揮し、コンスタントにポイントを獲得する過去最良のシーズンとなるも、シーズン途中にテクニカル・ディレクターが離脱したことからチームのパフォーマンスは徐々に低下、シーズン終盤は予選でのQ3進出もままならなくなった。結果、コンストラクターズランキングでウィリアムズチームに6位を奪われた。

2011年も引き続きフォース・インディアから参戦。チームメイトはルーキーのポール・ディ・レスタ。最終的にディ・レスタに15ポイント差をつける42ポイントを奪い、キャリアハイとなるドライバーズランキング9位獲得、全19戦中リタイアは2度のみと悪くないシーズンを送るが、4月に発生していた傷害事件と裁判沙汰もあり(後述)、シーズン終了後にニコ・ヒュルケンベルグと入れ替わる形でF1シートを失う。 2012年はシートを得られず1年間浪人となった。

2013年はヒュルケンベルグがザウバーへ移籍したため空いた古巣・フォースインディアのシートを、ジュール・ビアンキと競った末に獲得し[2]、F1復帰を果たす。ディ・レスタとは2年ぶりとなるコンビ復活。スーティルは開幕戦ではトップを走行し、モナコGPでは5位入賞を果たすなど好調であったが、シーズン中盤にタイヤ規定が変更されると後半戦はディ・レスタともども中団に埋もれる苦しい戦いとなった。チームは翌年へ向けてドライバーを総入れ替えし、マクラーレンから移籍のセルジオ・ペレスと、ヒュルケンベルグがザウバーから戻ることが発表され、スーティルは押し出される形でザウバーへの移籍(2014・2015年の2年契約を結んだとされる)が発表された[3]

2014年はザウバーに移籍、チームメイトはエステバン・グティエレス(予選成績はスーティルの12勝7敗)。慢性的なチームの資金難とドライブするマシン「C33」の戦闘力不足に泣き、ノーポイントでシーズン終了(決勝最高位は2度の11位)。スーティルとザウバーとの契約は2015年も残っていたが[4]、資金難解決を目論むザウバーチーム首脳が巻き起こした『ドライバー多重契約騒動』の被害に遭い、レギュラーシートを失う。スーティルはチームを告訴し[5]、チューリッヒ最高裁判所はスーティルの弁護団が求めた約4億円の賠償金は妥当だと認める判決を言い渡しスーティルは勝訴した[6]

2015年のF1シートを得られなかったことから一時はWECへの参戦も検討していたが、ウィリアムズのリザーブドライバーに就任[7]

2016年のウィリアムズはリザーブドライバーとしてディ・レスタとの契約を発表したため[8]、スーティルのF1との関わりは途切れた。以後の活動としてWECDTM、日本のスーパーGTなどへ参戦したい意向があったとされる[9]


暴行事件[編集]

2011年、中国GP後に上海のナイトクラブ「M1NT」にて友人でもあるルイス・ハミルトンの優勝祝賀パーティに参加した際、ロータス・ルノーGPを実質運営しているGENI(ジェニイ)・キャピタルのCEOであるエリック・ラックスに傷害を負わせたとして5月17日、GENI側から刑事告訴を受けた。スーティル自身は「割れたシャンパングラスを持っていて、偶然怪我をさせてしまった」と弁解したが、ラックスは首を24針縫う負傷とされ、聴覚障害にも悩まされているとして11億円の損害賠償を請求した。スーパーライセンスの剥奪も噂されたがFIAは事態を静観し、所属チームであるフォース・インディアも即時解雇等の処分はせずに状況を静観する旨の声明を発表した。

しかしシーズン終了後の来年度ドライバー発表でフォースインディアはポール・ディ・レスタとニコ・ヒュルケンベルグの起用を発表、終盤戦で連続ポイント獲得を重ねていたスーティルが放出されたことに関して、この暴行事件及び裁判が影響しているのではないかとされた。

その後もウィリアムズなどのドライバー候補者に名前が挙がるがF1シート確保には至らない状況で年が明けた2012年1月13日、ドイツの警察当局はスーティルを重傷害罪で起訴、ミュンヘンの地方裁判所に召喚された。1月30日に行われた裁判では被害者であるラックスの他、その場に居たジェローム・ダンブロシオも出廷し証言を行い、スーティル側はラックスに「本当に申し訳ないことをしてしまった、意図的に傷つけるつもりはなかった」と釈明し直接謝罪したが翌31日、スーティルに対し執行猶予付きの懲役1年6ヶ月・罰金20万ユーロ(約2000万円)の有罪判決を下した。

エピソード[編集]

  • ウェットコンディションの路面を得意とするドライバーで、競争力に乏しいマシンで雨の中度々上位入賞している。フジテレビF1中継では「レインマン」とのキャッチコピーをつけられた。
  • 全日本F3にフル参戦していた経歴から、日本人のファンも多い。
  • 固定ナンバーは99を選択。理由は99は選べるナンバーで最大の数(2-99の中から選択)であり、「僕はいつでも最大を求めている」からであった。
  • 暴行事件の発生時、すぐそばにいた「親友」ルイス・ハミルトンは、マクラーレンでの業務を理由に裁判に証人として出廷することを拒んだ。また、スーティルにはその後変更した電話番号も教えず、連絡も取らなかった。この態度にスーティルは「ルイスは臆病者」「そんな男とは友達でいたくない。もっと言えば、彼は男ではない」などとこき下ろした[10]
  • F1に出場した128戦は一度も表彰台を獲得したことがないドライバーの中でも最多である。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム 車番 ランキング 獲得ポイント 決勝最高位・回数 表彰台回数 予選最高位・回数 FL記録回数
2007年 スパイカー 20 19位 1 8位・1回 0回 19位・3回 0回
2008年 フォース・インディア 20 20位 0 13位・1回 0回 17位・1回 0回
2009年 20 17位 5 4位・1回 0回 2位・1回 1回
2010年 14 11位 47 5位・2回 0回 4位・1回 0回
2011年 14 9位 42 6位・2回 0回 8位・4回 0回
2013年 15 13位 29 5位・1回 0回 6位・1回 0回
2014年 ザウバー 99 18位 0 10位・1回 0回 11位・2回 0回
所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2006年 MF1レーシング M16 BHR MAL AUS SMR EUR
TD
ESP MON GBR CAN USA FRA
TD
GER HUN TUR ITA CHN JPN
TD
BRA - -
2007年 スパイカー F8-VII AUS
17
MAL
Ret
BHR
15
ESP
13
MON
Ret
CAN
Ret
USA
14
FRA
17
GBR
Ret
EUR
Ret
HUN
17
TUR
21
19位 1
F8-VIIB ITA
19
BEL
14
JPN
8
CHN
Ret
BRA
Ret
2008年 フォース・インディア VJM01 AUS
Ret
MAL
Ret
BHR
19
ESP
Ret
TUR
16
MON
Ret
CAN
Ret
FRA
19
GBR
Ret
GER
15
HUN
Ret
EUR
Ret
BEL
13
ITA
19
SIN
Ret
JPN
Ret
CHN
Ret
BRA
16

20位 0
2009年 VJM02 AUS
9
MAL
17
CHN
17
BHR
16
ESP
Ret
MON
14
TUR
17
GBR
17
GER
15
HUN
Ret
EUR
11
BEL
10
ITA
4
SIN
Ret
JPN
13
BRA
Ret
ABU
17


17位 5
2010年 VJM03 BHR
12
AUS
Ret
MAL
5
CHN
11
ESP
7
MON
8
TUR
9
CAN
10
EUR
6
GBR
8
GER
17
HUN
Ret
BEL
5
ITA
16
SIN
9
JPN
Ret
KOR
Ret
ABU
12
BRA
13
11位 47
2011年 VJM04 AUS
9
MAL
11
CHN
15
TUR
13
ESP
13
MON
7
CAN
Ret
EUR
9
GBR
11
GER
6
HUN
14
BEL
7
ITA
Ret
SIN
8
JPN
11
KOR
11
IND
9
ABU
8
BRA
6
9位 42
2013年 VJM06 AUS
7
MAL
Ret
CHN
Ret
BHR
13
ESP
13
MON
5
CAN
10
GBR
7
GER
13
HUN
Ret
BEL
9
ITA
16
SIN
10
KOR
20
JPN
14
IND
9
ABU
10
USA
Ret
BRA
13
13位 29
2014年 ザウバー C33 AUS
11
MAL
Ret
BHR
Ret
CHN
Ret
ESP
17
MON
Ret
CAN
13
AUT
13
GBR
13
GER
Ret
HUN
11
BEL
14
ITA
15
SIN
Ret
JPN
21
RUS
16
USA
Ret
BRA
16
ABU
16
18位 0

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]