ロベルト・メリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はメリ第二姓(母方の)はムンタンです。
ロベルト・メリ
Roberto Merhi 2015 Malaysia.jpg
基本情報
フルネーム ロベルト・メリ・ムンタン
Roberto Merhi Muntan
国籍 スペインの旗 スペイン
出身地 同・カステリョン
生年月日 (1991-03-22) 1991年3月22日(27歳)
F1での経歴
活動時期 2015
所属チーム '15 マノー・マルシャ
出走回数 14 (13スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2015年オーストラリアGP
最終戦 2015年アブダビGP
テンプレートを表示

ロベルト・メリ・ムンタンRoberto Merhi Muntan, 1991年3月22日 - )は、スペイン出身のレーシングドライバーである。姓の"Merhi"は、「メルヒ」または「メリー」と表記される事もある。

経歴[編集]

フォーミュラ・ルノー[編集]

2007年にイタリア・フォーミュラ・ルノーユーロカップ・フォーミュラ・ルノーに参戦し、イタリアでは総合4位。ユーロカップでは総合18位という結果で終わる。

2008年はフォーミュラ・ルノー・ウェスト・ヨーロピアン・カップエプシロン・ユースカディから参戦。全15戦中優勝3回を含む計14回表彰台圏内でフィニッシュし総合2位を獲得している。ユーロカップ・フォーミュラ・ルノーでは前年の成績を上回る総合4位でシーズンを終えた。その他ではスペインのF3選手権に5回レースに出場し、その内の2回を優勝している。

フォーミュラ3・ユーロシリーズ[編集]

2009年はマノー・モータースポーツからF3・ユーロシリーズに参戦し、4回の表彰台を含む総合7位で初年度を終えた。

2010年はミュッケ・モータースポーツに移籍する。第2戦の舞台であるホッケンハイムリンクで行われた第2レースで優勝するなど、前年を上回る活躍を見せ総合5位を獲得した。

2011年にはプレマ・パワーチームに移籍し、大躍進のシーズンとなる。全27レース行われた内、11回の優勝を含む計20回表彰台圏内でフィニッシュする活躍を見せシリーズタイトルを獲得した。

DTM[編集]

2012年4月3日、メルセデス・ベンツはかつてミハエル・シューマッハハインツ=ハラルド・フレンツェンカール・ヴェンドリンガーを選出しトップドライバーとして育て上げた「メルセデス・ベンツ・ジュニアチーム」を発足。メリは前年DTMでデビューイヤーを過ごしたクリスチャン・ヴィエトリスフォーミュラ・ルノー3.5でタイトルを獲得したロバート・ウィッケンズらと共にメンバーに選出される[1]。メンバーの指導者はシューマッハが務める事となった。

初年度となる2012年は、前年ヴィエトリスが在籍していたパーソン・モータースポーツへ加入する。チームメイトのスージー・ヴォルフと共にポイント獲得を目指したが、この年はノーポイントでシーズンを終えた。

翌年はHWAチームへ移籍し、長年DTMで活躍しているゲイリー・パフェットがチームメイトとなりシーズンをスタートさせた。表彰台圏内1回(2位)を含む入賞4回という成績でドライバーズランクでは15位。チームランクでは6位だった。

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ[編集]

2014年はDTMからフォーミュラ・ルノー3.5へ主な活動の場を移した。ゼータ・コルセからシーズンを戦い、総合3位(3勝)となる。

F1[編集]

ケータハム在籍期[編集]

2014年

第13戦イタリアGPに当時レギュラードライバーであった小林可夢偉に変わり、金曜フリー走行に出走したのがF1初走行となった[2]

マノー・マルシャ在籍期[編集]

2015年

2015年3月9日に、マノー・マルシャF1チームから参戦する事が発表された[3]。チームメイトは前年ケータハムで出走していたウィル・スティーブンス。チームは第13戦シンガポールGPの開催直前でメリに代わりアレクサンダー・ロッシをレギュラードライバーとして起用する事を発表した[4]。終盤戦となる残り7戦の内5戦(シンガポールGP、日本GPアメリカGPメキシコGPブラジルGP)をロッシが出走し、残りの2戦(ロシアGPアブダビGP)をメリが出走する。欠場となるレースではリザーブドライバーを務める。
この年のマルシャのマシンは前年のマシンをレギュレーションに合わせて改良したマシンであり、絶対的な性能で他チームに劣っており全く歯が立たなかった。開幕戦はエンジンを始動できず欠場、第2戦は107%ルールに抵触しながらも出走許可が下りたが圧倒的に遅く、ザウバーロータスなど前年の下位チーム、序盤不調だったマクラーレンにも追い付かなかった[5]。それでも走らないマシンを駆って健闘し、途中シートを奪われながらも最終成績はイギリスGPの12位完走が最高、ランキング19位に入りスティーブンス、ロッシの両者を上回って見せた。

エピソード[編集]

  • 2015年のF1デビュー時はメディアに「僕にはお金が無い」「スポンサーが無いから(チームに)貢献できないんだ」と話し、スポンサーも持ち込み資金も無いことを公言していた[6]。下位チームにおいてはスポンサーが無いとデビューすらできない(もしくは途中で契約終了となる)例が多いペイドライバー全盛の現代F1において、資金を持ち込まずにシートを獲得した非常に珍しいケースである。他の事例としてはザウバー時代の小林可夢偉の例がある[7]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ 所属チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2006 フォーミュラ・ルノー2.0 イタリア・ウィンター・シリーズ イット・ルックス・レーシング 4 0 0 0 3 92 4位
スペイン・フォーミュラ3選手権 ポルフェサ・コンペティション 2 0 0 0 0 0 NC
2007 フォーミュラ・ルノー2.0 ユーロカップ ジェンザー・モータースポーツ 14 0 0 0 0 16 18位
フォーミュラ・ルノー2.0 イタリア 14 1 0 0 2 232 4位
フォーミュラ・ルノー2.0 イタリア・ウィンター・シリーズ BVM・ミナルディ 2 0 0 0 1 38 10位
スペイン・フォーミュラ3選手権 ノヴォ 2 0 0 0 0 4 17位
スペイン・GT選手権 - GTA サンティアゴ・ガルシア 2 0 0 0 1 6 19位
2008 フォーミュラ・ルノー2.0 WEC イプシロン・エウスカディ 15 3 5 6 13 184 2位
フォーミュラ・ルノー2.0 ユーロカップ 14 2 2 1 7 108 4位
マカオグランプリ ハイテック・レーシング 1 0 0 0 0 0 NC
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 0 0 NC
スペイン・フォーミュラ3選手権 R.ルーシア・レーシング 5 2 1 2 3 36 13位
2009 フォーミュラ3・ユーロシリーズ マノー・モータースポーツ 20 0 0 0 4 42 7位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 0 17位
イギリス・フォーミュラ3選手権 2 0 0 0 0 0 NC
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 0 0 10位
2010 フォーミュラ3・ユーロシリーズ ミュッケ・モータースポーツ 18 1 0 0 4 56 5位
GP3シリーズ アテック・CRS GP 12 0 0 1 3 26 6位
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 1 0 0 0 0 0 12位
マカオグランプリ プレマ・パワーチーム 1 0 0 0 0 0 8位
2011 フォーミュラ3・ユーロシリーズ 27 11 8 10 20 406 1位
FIA フォーミュラ3・インターナショナル・トロフィー 8 4 3 5 6 133 1位
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 0 NC
マスターズ・オブ・フォーミュラ3 ミュッケ・モータースポーツ 1 0 1 0 0 0 NC
2012 ドイツツーリングカー選手権 パーソン・モータースポーツ 10 0 0 1 0 0 NC
2013 HWA・チーム 10 0 0 0 1 26 15位
2014 フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ ゼータ・コルセ 17 3 3 1 7 183 3位
イギリス・フォーミュラ3選手権 ハニエル・レーシング 2 2 2 2 2 39 11位
フォーミュラ1 ケータハムF1チーム テストドライバー
マカオグランプリ W66.com ダブル・R・レーシング 1 0 0 0 0 0 NC
ストックカー・ブラジル ハニエル・レーシング 1 0 0 0 0 0 NC
2015 フォーミュラ1 マノー・マルシャF1チーム 14 0 0 0 0 0 19位
フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ ポンズ・レーシング 8 0 0 0 1 26 14位
2016 FIA 世界耐久選手権 - LMP2 マノー 7 0 0 0 1 35 14位
ル・マン24時間レース - LMP2 1 0 0 0 0 N/A DNF
2017 FIA フォーミュラ2選手権 カンポス・レーシング 2 0 0 0 0 16 18位
ラパックス 8 0 0 0 0
FIA 世界耐久選手権 - LMP2 CEFC・マノー・TRS・レーシング 1 0 0 0 0 2 29位
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

フォーミュラ3・ユーロシリーズ[編集]

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 DC ポイント
2009年 マノー・モータースポーツ メルセデス HOC
1

2
HOC
2

10
LAU
1

6
LAU
2

2
NOR
1

5
NOR
2

8
ZAN
1

18
ZAN
2

11
OSC
1

3
OSC
2

5
NÜR
1

18
NÜR
2

Ret
BRH
1

9
BRH
2

11
CAT
1

9
CAT
2

Ret
DIJ
1

5
DIJ
2

2
HOC
1

4
HOC
2

13
7位 42
2010年 LEC
1

5
LEC
2

4
HOC
1

4
HOC
2

1
VAL
1

4
VAL
2

Ret
NOR
1

5
NOR
2

11
NÜR
1

3
NÜR
2

5
ZAN
1

5
ZAN
2

3
BRH
1

11
BRH
2

10
OSC
1

5
OSC
2

9
HOC
1

5
HOC
2

2
5位 56
2011年 プレマ・パワーチーム LEC
1

4
LEC
2

1
LEC
3

2
HOC
1

1
HOC
2

4
HOC
3

1
ZAN
1

3
ZAN
2

4
ZAN
3

4
RBR
1

1
RBR
2

1
RBR
3

Ret
NOR
1

4
NOR
2

2
NOR
3

2
NÜR
1

1
NÜR
2

1
NÜR
3

2
SIL
1

1
SIL
2

3
SIL
3

2
VAL
1

3
VAL
2

5
VAL
3

1
HOC
1

1
HOC
2

2
HOC
3

1
1位 406

GP3シリーズ[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 DC ポイント
2010年 アテック・CRS GP CAT
FEA
CAT
SPR
IST
FEA
IST
SPR
VAL
FEA

3
VAL
SPR

2
SIL
FEA

Ret
SIL
SPR

19
HOC
FEA

16
HOC
SPR

Ret
HUN
FEA

Ret
HUN
SPR

22
SPA
FEA

2
SPA
SPR

22
MNZ
FEA

6
MNZ
SPR

4
6位 26

ドイツツーリングカー選手権[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
2012年 パーソン・モータースポーツ DTM AMG メルセデス・C-クーペ HOC
18
LAU
16
BRH
17
SPL
12
NOR
13
NÜR
Ret
ZAN
11
OSC
14
VAL
Ret
HOC
15
NC 0
2013年 HWA・チーム HOC
10
BRH
16
SPL
20
LAU
10
NOR
7
MOS
14
NÜR
19
OSC
14
ZAN
Ret
HOC
2
15位 26

フォーミュラ・ルノー 3.5 シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2014年 ゼータ・コルセ MNZ
1

2
MNZ
2

9
ALC
1

6
ALC
2

6
MON
1

9
SPA
1

Ret
SPA
2

13
MSC
1

4
MSC
2

1
NÜR
1

2
NÜR
2

1
HUN
1

1
HUN
2

2
LEC
1

5
LEC
2

4
JER
1

Ret
JER
2

Ret
3位 183
2015年 ポンズ・レーシング ALC
1

Ret
ALC
2

9
MON
1
SPA
1

Ret
SPA
2

Ret
HUN
1

2
HUN
2

7
RBR
1

DSQ
RBR
2

EX
SIL
1
SIL
2
NÜR
1
NÜR
2
BUG
1
BUG
2
JER
1
JER
2
14位 26

F1[編集]

所属チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 WDC ポイント
2014年 ケータハム CT05 ルノー Energy F1-2014 1.6 V6 t AUS MAL BHR CHN ESP MON CAN AUT GBR GER HUN BEL ITA
TD
SIN JPN
TD
RUS
TD
ABU USA BRA - -
2015年 マノー・マルシャ MR03B フェラーリ 059/3 1.6 V6 t AUS
DNP
MAL
15
CHN
16
BHR
17
ESP
18
MON
16
CAN
Ret
AUT
14
GBR
12
HUN
15
BEL
15
ITA
16
SIN JPN RUS
13
USA MEX BRA ABU
19
19位 0

(key)

FIA 世界耐久選手権[編集]

エントラント クラス 車両 エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 ランク ポイント
2016年 マノー LMP2 オレカ・05 日産 VK45DE 4.5 L V8 SIL
6
SPA
3
LMS
Ret
NÜR
Ret
MEX COA
Ret
FUJ
7
SHA BHR
7
14位 35
2017年 CEFC・マノー・TRS・レーシング オレカ・07 ギブソン GK428 4.2 L V8 SIL SPA LMS NÜR
9
MEX COA FUJ SHA BHR 29位 2

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス順位
2016年 イギリスの旗 マノー タイ王国の旗 トー・グレイブス
イギリスの旗 マット・ラオ
オレカ・05-日産 LMP2 283 DNF DNF

FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 DC ポイント
2017年 カンポス・レーシング BHR
FEA
BHR
SPR
CAT
FEA

19
CAT
SPR

12
MON
FEA
MON
SPR
BAK
FEA
BAK
SPR
RBR
FEA
RBR
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
18位 16
ラパックス SPA
FEA

7
SPA
SPR

6
MNZ
FEA

11
MNZ
SPR

5
JER
FEA
JER
SPR
YMC
FEA

16
YMC
SPR

10

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミハエル・シューマッハ、メルセデス・ジュニアチームの指導者に”. F1-Gate.com (2012年4月3日). 2015年4月16日閲覧。
  2. ^ ロベルト・メルヒ 「ケータハムF1チームに感謝したい」”. F1-Gate.com (2014年9月4日). 2015年4月16日閲覧。
  3. ^ メルヒがマノー・マルシャのドライバーに就任”. ESPN F1 (2015年3月10日). 2015年4月16日閲覧。
  4. ^ マノー、ロッシと鈴鹿含む5戦の契約。今週デビュー”. as-web.jp (2015年9月17日). 2015年9月23日閲覧。
  5. ^ ただし15位で完走したため、リタイアしたバトン・アロンソ・エリクソンをリザルト上は上回っている。
  6. ^ “メルヒ、シート維持にはスポンサーが必要”. ESPN F1. (2015年3月11日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/193971.html 2016年6月11日閲覧。 
  7. ^ “ザウバー「小林可夢偉は実力でF1にいる」”. F1-Gate.com. (2010年10月8日). http://f1-gate.com/sauber/f1_9428.html 2016年12月29日閲覧。