エステバン・オコン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
エステバン・オコン
Esteban Ocon 2017 Malaysia 1.jpg
基本情報
略称表記 OCO
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・エヴルー
生年月日 (1996-09-17) 1996年9月17日(22歳)
F1での経歴
活動時期 2016-
過去の所属チーム '16 マノー
所属チーム フォース・インディア '17-
車番 31
出走回数 44
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 132
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2016年ベルギーGP
2017年順位 8位 (87ポイント)
(記録は2018年第15戦シンガポールGP終了時)
テンプレートを表示

エステバン・オコンEsteban Ocon, 1996年9月17日 - )は、スペイン系フランス人レーシングドライバー

経歴[編集]

カート[編集]

フランスオート=ノルマンディー地域圏エヴルーにて誕生する。2006年の「フランス・ミニム・チャンピオンシップ」で8位となった後、翌年の同選手権で総合優勝に輝く。2008年の「フランス・カデット・チャンピオンシップ」でもシリーズ制覇を果たし、2年連続で国内カート選手権のタイトルを獲得する。2011年にはKF3KF3)カテゴリーのフランス選手権を制し、同年の「WSK・ユーロ・シリーズ」を総合2位で終える。

フォーミュラ・ルノー[編集]

カートでの活動を終えた後、2012年からは新たに「ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 2.0」への参戦を開始する。ルーキーイヤーはコイラネン・モータースポーツKoiranen Motorsport)から出走し、3位表彰台を含む4つのレースでポイントを獲得し総合14位となる。同チームから出走した「フォーミュラ・ルノー 2.0 アルプス」シリーズでは、2度の3位表彰台を獲得するなどの走りを見せ総合7位で終える。

2013年は、新たにART・ジュニア・チームへ移籍して2年目のシーズンを挑むことになった。自身の地元・フランスで開催された第6戦の第2レースで初優勝を果たし、シーズンを通じて総合3位の好成績を残した。

フォーミュラ3[編集]

F3へ参戦するオコン。ニュルブルクリンクにて。(2014年)

オコンのF3デビューは、2013年のマカオグランプリが初のレースとなった。プレマ・パワーチームから出走し決勝10位フィニッシュを果たした。翌年も再び同チームとタッグを組み、FIA ヨーロッパ・F3選手権へ参戦を開始する。開幕戦の3レース全てで表彰台に上り波に乗ると、その後もコンスタントにポイントを積み重ねていき優勝9回・表彰台圏内21回を記録し478ポイントを獲得。総合順位でも2位と58ポイント差をつけ、参戦初年度で初タイトルを獲得した。

フォーミュラ・ルノー 3.5 シリーズ[編集]

ヨーロッパ・F3選手権ヘ参戦する傍ら、コムテック・レーシング英語版より「ワールド・シリーズ・バイ・ルノー 3.5」カテゴリーに出場した。3レースを走り、第7戦ハンガロリンク・第1レースで9位入賞を果たす。

GP3シリーズ[編集]

2015年3月11日、オコンはARTグランプリからGP3シリーズへ新たに参戦することを発表。第2戦オーストリアラウンド・第2レースでは失格処分になる出来事があったものの、第3戦・第2レースから第7戦・第2レースまで9連続2位表彰台を獲得するなど常に選手権上位を争う走りを見せる。最終的に2位と僅か8ポイント差でシリーズタイトルを獲得した。

DTM[編集]

2016年2月10日、ルノーより2016年シーズンのテストドライバーに就任すると同時期にメルセデス・ベンツからドイツツーリングカー選手権への参戦が発表された[1]

F1[編集]

2016年[編集]

メルセデス・F1 W07 Hybridをドライブするオコン。
マノーから出走するオコン。2016年第16戦マレーシアGPにて。

オコンは2014年11月21日、最終戦アブダビGPのフリー走行でロータスから初のF1セッションに参加した[2]2015年バルセロナインシーズン・合同テストでも、フォース・インディアのマシンに乗り走行を行っている[3]。GP3でタイトルを取る前に、メルセデスのF1チームによるドライバー育成プログラムのメンバーに加わることを発表する。2016年2月には、ルノー・スポール・F1チームのリザーブドライバーに就任することを発表した[4]。同年8月、マノー・レーシングから参戦していたリオ・ハリアントが資金面の問題によりシートを失うとその後任としてオコンがチームのレースドライバーとして加入した[5]第13戦ベルギーGPからその役割を引き継ぐ。チームメイトは同じくメルセデスの育成ドライバーであるパスカル・ウェーレイン。予選ではウェーレインに負けることが多かったが、決勝レースでは互角の勝負を見せ、第20戦ブラジルGPでは雨の波乱を耐えきり12位完走。入賞圏内も走行しポイント獲得のチャンスもあったレースだった。参戦した9戦はすべて完走した。

2017年[編集]

フォース・インディアでドライブするオコン。2017年第2戦中国GPにて。

11月10日には、フォース・インディアからレギュラードライバーとしての契約を交わした[6]。チームメイトはセルジオ・ペレス。開幕戦で10位入賞を果たし自身初ポイントを獲得した。メキシコグランプリ終了時点でF1デビューから27戦で1度もリタイアをしておらず、マックス・チルトンの持っていたデビューからの連続完走記録25を超え、単独トップとなった[7]。しかし、たびたび同士討ちが発生し、ペレスがアゼルバイジャンGPベルギーGPでリタイア(ベルギーでは17位完走扱い)している。これが原因でチームが「今後はチームオーダーでコントロールする」と発言する事態となった[8]。またブラジルグランプリでは、他車との事故に巻き込まれリタイアし、連続完走記録が27で途絶えたと同時にF1デビュー後初のリタイアとなった[9]

2018年[編集]

フォース・インディアに残留。しかし、前年ほどのパフォーマンスは発揮できず、バーレーングランプリで辛うじて10位に入賞。安定性もやや下降気味で序盤から不幸なリタイヤが目立ち、連続完走記録は第4戦アゼルバイジャングランプリで早くも途切れている。ただ、ペレスと大きく実力差をつけられていたチーム加入当初と比べるとマシン慣れした様子が目立ち、オーストリアGPでは6位入賞と健闘を見せた。ただ、ベルギーグランプリの予選では自己ベストの3位にまで食い込みながら、結果的に本選でペレスに負けてしまい、今一つマシン性能程度の走りから抜け出せない。今季についてはシートが保障されている可能性はあるものの、予断を許さない状況であり、少なくとも来季はランス・ストロールがスポンサーの関係でフォース・インディア正ドライバーになる可能性が高く、残るひとつのシートはチームメイトのペレスになると言われているため、将来シートを喪失する可能性が高い[10]という見方が強まっている。そのため、メルセデスチーム代表のトト・ヴォルフは、「彼には支援が必要だと考えたからこそ、こうしてサポートしている。もし育成下に置き続けることでシートを喪失するようであれば、再考する必要がある」と、オコンの才能を尊重する為に、敢えて育成契約を解除して他PU勢チームへの移籍を容易にする意思を表明[11]。しかし、レッドブル・レーシング代表のクリスチャン・ホーナーは「他チームによる育成契約のあるドライバーを起用する気はない」と、メルセデスとの育成契約がある限り、オコン起用を否定するコメントを発した[12]。このため来季のシートを巡る厳しい状況にさらされている。

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ 所属チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2012 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 コイラネン・モータースポーツ 14 0 0 0 1 31 14位
フォーミュラ・ルノー2.0 アルプス 9 0 0 1 2 69 7位
2013 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 ART ジュニア・チーム 14 2 1 1 5 159 3位
フォーミュラ・ルノー2.0 NEC 8 1 0 1 3 122 12位
マカオグランプリ プレマ・パワーチーム 2 0 0 0 0 N/A 10位
2014 FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 プレマ・パワーチーム 33 9 15 7 21 478 1位
フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ コムテック・レーシング 3 0 0 0 0 2 23位
フォーミュラ1 ロータスF1チーム テストドライバー
2015 GP3シリーズ ARTグランプリ 18 1 3 5 14 253 1位
フォーミュラ1 サハラ・フォース・インディア・F1チーム テストドライバー
2016 ドイツツーリングカー選手権 メルセデス・ベンツ DTM チーム・ART 10 0 0 0 0 2 26位
フォーミュラ1 メルセデスAMG・ペトロナス・F1チーム テストドライバー
ルノー・スポール・F1チーム テストドライバー
マノー・レーシング MRT 9 0 0 0 0 0 23位
2017 フォーミュラ1 サハラ・フォース・インディア・F1チーム 20 0 0 0 0 87 8位
2018 12 0 0 0 0 45* 11位*
レーシング・ポイント・フォース・インディア・F1チーム 3 0 0 0 0
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 DC ポイント
2014年 プレマ・パワーチーム SIL
1

2
SIL
2

1
SIL
3

3
HOC
1

9
HOC
2

1
HOC
3

2
PAU
1

1
PAU
2

2
PAU
3

2
HUN
1

2
HUN
2

1
HUN
3

1
SPA
1

Ret
SPA
2

2
SPA
3

2
NOR
1

2
NOR
2

14
NOR
3

2
MSC
1

1
MSC
2

1
MSC
3

1
RBR
1

13
RBR
2

Ret
RBR
3

13
NÜR
1

6
NÜR
2

3
NÜR
3

Ret
IMO
1

1
IMO
2

4
IMO
3

3
HOC
1

7
HOC
2

4
HOC
3

7
1位 478

フォーミュラ・ルノー3.5 シリーズ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2014年 コムテック・レーシング MNZ
1
MNZ
2
ALC
1
ALC
2
MON
1
SPA
1
SPA
2
MSC
1
MSC
2
NÜR
1
NÜR
2
HUN
1

9
HUN
2

DNS
LEC
1

14
LEC
2

12
JER
1
JER
2
23位 2

(key)

GP3シリーズ[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2015年 ARTグランプリ CAT
FEA

1
CAT
SPR

7
RBR
FEA

3
RBR
SPR

DSQ
SIL
FEA

6
SIL
SPR

2
HUN
FEA

2
HUN
SPR

2
SPA
FEA

2
SPA
SPR

2
MNZ
FEA

2
MNZ
SPR

2
SOC
FEA

2
SOC
SPR

2
BHR
FEA

3
BHR
SPR

2
YMC
FEA

4
YMC
SPR

3
1位 253

ドイツツーリングカー選手権[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
2016年 メルセデス・ベンツ DTM チーム・ART メルセデス-AMG C63 DTM HOC
1

Ret
HOC
2

Ret
SPL
1

20
SPL
2

18
LAU
1

23
LAU
2

15
NOR
1

Ret
NOR
2

13
ZAN
1

9
ZAN
2

18
MSC
1
MSC
2
NÜR
1
NÜR
2
HUN
1
HUN
2
HOC
1
HOC
2
26位 2

(key)

F1[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 WDC ポイント
2014年 ロータス E22 ルノー Energy F1-2014 1.6 V6 t AUS MAL BHR CHN ESP MON CAN AUT GBR GER HUN BEL ITA SIN JPN RUS ABU USA BRA
TD
- -
2016年 ルノー R.S.16 ルノー R.E.16 1.6 V6 t AUS
BHR
CHN
RUS
ESP
TD
MON
CAN
EUR
AUT
GBR
TD
HUN
TD
GER
TD
23位 0
マノー MRT05 メルセデス PU106C Hybrid 1.6 V6 t BEL
16
ITA
18
SIN
18
MAL
16
JPN
21
USA
18
MEX
21
BRA
12
ABU
13
2017年 フォース・インディア VJM10 メルセデス M08 EQ Power+ 1.6 V6 t AUS
10
CHN
10
BHR
10
RUS
7
ESP
5
MON
12
CAN
6
AZE
6
AUT
8
GBR
8
HUN
9
BEL
9
ITA
6
SIN
10
MAL
10
JPN
6
USA
6
MEX
5
BRA
Ret
ABU
8
8位 87
2018年 VJM11 メルセデス M09 EQ Power+ 1.6 V6 t AUS
12
BHR
10
CHN
11
AZE
Ret
ESP
Ret
MON
6
CAN
9
FRA
Ret
AUT
6
GBR
7
GER
8
HUN
13
BEL
6
ITA
6
SIN
Ret
RUS
-
JPN
-
USA
-
MEX
-
BRA
-
ABU
-
11位* 45*

(key)

  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ メルセデス、DTM参戦体制を発表。エステバン・オコンはARTに”. AUTO SPORT web (2016年2月18日). 2016年8月13日閲覧。
  2. ^ ロータス、エステバン・オコンをアブダビGPのフリー走行に起用”. F1-Gate.com (2014年11月20日). 2016年8月13日閲覧。
  3. ^ バルセロナテスト最終日午前:5月13日”. ESPN F1 (2015年5月13日). 2016年8月13日閲覧。
  4. ^ 正式発表:ハリアントがマノーのシートを喪失。オコンがF1デビュー”. AUTO SPORT web (2016年8月10日). 2016年8月13日閲覧。
  5. ^ GP3チャンピオンがルノーのリザーブドライバーに”. AUTO SPORT web (2016年2月3日). 2016年8月13日閲覧。
  6. ^ 【正式発表】フォース・インディアF1チーム、エステバン・オコンと2017年からの複数年契約を発表”. AUTO SPORT web (2016年11月10日). 2016年11月11日閲覧。
  7. ^ エステバン・オコン、F1デビューからの連続完走記録を更新”. F1-Gate.com  (2017年10月24日). 2017年10月26日閲覧。
  8. ^ ペレスとオコンの度重なる同士討ちにチームボスが怒り。ついに「チームオーダーによる管理」を決断”. AUTO SPORT web (2017年8月28日). 2018年4月18日閲覧。
  9. ^ エステバン・オコン、F1デビューからの連続完走記録が27戦でストップ”. F1-Gate.com (2017年11月13日). 2017年11月13日閲覧。
  10. ^ “オコンにシート喪失の危機。次戦ベルギーGPでストロールがフォース・インディアから出走か”. carview.yahoo.co.jp. (2018年8月9日). https://carview.yahoo.co.jp/news/motorsports/20180809-10332853-carview/ 2018年9月8日閲覧。 
  11. ^ エステバン・オコンのトロロッソ・ホンダ移籍の可能性が浮上…メルセデスF1、キャリアを尊重して育成契約解除を検討 Formula1-Data 2018年9月5日、同10日閲覧。
  12. ^ トロロッソのオコン起用をレッドブル否定「メルセデスのドライバーに投資しない」 jp.motorsport.co 2018年9月7日、同12日閲覧。

外部リンク[編集]