フォース・インディア VJM05

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フォース・インディア VJM05
バーレーンGPにて走行中のVJM05 ドライバーはポール・ディ・レスタ
バーレーンGPにて走行中のVJM05
ドライバーはポール・ディ・レスタ
カテゴリー F1
コンストラクター フォース・インディア
デザイナー アンドリュー・グリーン
先代 フォース・インディア VJM04
後継 フォース・インディア VJM06
主要諸元
エンジン メルセデス・ベンツFO108Z
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム サハラ・フォース・インディア・F1チーム
ドライバー イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ
ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ
出走時期 2012年
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 109
初戦 2012年オーストラリアGP
最終戦 2012年ブラジルGP
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
20 0 0 1
テンプレートを表示

フォース・インディア VJM05 (Force India VJM05) は、フォース・インディア2012年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー

概要[編集]

フォース・インディアの技術部門は、テクニカルディレクターの下で2名のプロジェクトリーダーが交互に新車開発を行うシフト制を導入しており、順番ではVJM01(2008年)やVJM03(2010年)をデザインした羽下晃生がVJM05の担当となる。

VJM05も段差付きノーズを採用しているが、ノーズコーン上面が膨らんでいるため、段差が比較的目立たないようになっている。装着が義務化されているオンボードカメラケースをノーズ先端に置いているのが特徴である。フロントウィングは新たな空力哲学のもとにデザインが新しくなった[1]

サイドポンツーンはトロ・ロッソの「ダブルフロア」に似て、下側が大きくえぐられており、ボディとフロアパネルとの間を大量の気流が通過して、リアエンドに向かうよう設計されている。

インダクションポッドは左右分割式のブレードタイプを廃止して、ノーマルな形状に戻された。吸気口の下をえぐり、4本の支柱でロールバーの強度を確保している。

2012年シーズン[編集]

ドライバーは在籍2年目のポール・ディ・レスタに加えて、ニコ・ヒュルケンベルグがサードドライバーからレギュラーに昇格した。プレシーズンテストでは好調な走りを披露し、活躍が期待されるマシンの1台に挙げられた[2][3]

ザウバーには及ばないものの、シーズンを通してコンスタントにポイントを獲得。最終戦ブラジルGPではヒュルケンベルグがマクラーレン勢を相手に堂々とトップ争いを展開した。コンストラクターズランキングは前年(6位)よりも1つ落ちたが、獲得ポイントは40点増やしている。

スペック[編集]

[4][5]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マラヤ連邦の旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
EUR
欧州連合の旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
KOR
大韓民国の旗
IND
インドの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
2012 11 イギリスの旗 ディ・レスタ 10 7 12 6 14 7 11 7 Ret 11 12 10 8 4 12 12 12 9 15 19 109 7位
12 ドイツの旗 ヒュルケンベルグ Ret 9 15 12 10 8 12 5 12 9 11 4 21 14 7 6 8 Ret 8 5

脚注[編集]

[ヘルプ]