2012年ブラジルグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラジルの旗 2012年ブラジルグランプリ
レース詳細
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 2012年シーズン第20戦
決勝開催日 11月25日
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジル サンパウロ
コース長 4.309km
レース距離 71周(305.909km)
決勝日天候 曇りのち雨(ドライ、ウェット)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:12.458
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:18.069 (Lap 38)
決勝順位
優勝
2位
3位

2012年ブラジルグランプリは、2012年のF1世界選手権第20戦として、2012年11月25日インテルラゴス・サーキットで開催された。正式名称はFORMULA 1 GRANDE PRÊMIO PETROBRAS DO BRASIL 2012[1]

概要[編集]

2012年シーズン最終戦を迎えて、ドライバーズ選手権はポイントランキング首位のセバスチャン・ベッテルレッドブル)と2位のフェルナンド・アロンソフェラーリ)の得点差が13ポイントとなっている。ベッテルはこのレースの結果が4位以上であれば自力でチャンピオンを決定できる。アロンソは最低でも3位以内でフィニッシュした上で、ベッテルの結果を待つことになる。両者同点の場合は優勝回数の差でベッテルがチャンピオンとなる。

ベッテル (273pt.) のタイトル獲得条件[2]
  • 1位 (298pt.) 〜4位 (285pt.) - 無条件で決定
  • 5位 (283pt.) 〜7位 (279pt.) - アロンソが2位 (278pt.) 以下で決定
  • 8位 (277pt.) 〜9位 (275pt.) - アロンソが3位 (275pt.) 以下で決定
  • 10位 (274pt.) 以下 - アロンソが4位 (272pt.) 以下で決定
アロンソ (260pt.) のタイトル獲得条件[2]
  • 1位 (285pt.) - ベッテルが5位 (283pt.) 以下で決定
  • 2位 (278pt.) - ベッテルが8位 (277pt.) 以下で決定
  • 3位 (275pt.) - ベッテルが10位 (274pt.) 以下で決定

土曜日の予選と日曜日の決勝は雨の天気予報が出ていた[2]。過去のブラジルGPでも雨によってレース展開が混乱したことがあり、チャンピオン争いへの影響が予想された。

コンストラクターズ選手権はレッドブルのチャンピオンが決定しているが、2位はフェラーリ367ポイント、マクラーレン353ポイントとなっており、逆転の可能性がある。

今季限りでの引退を表明しているミハエル・シューマッハメルセデス)は「2回目の引退レース」を迎えた。シューマッハは前回(2006年ブラジルGP)ほど感傷的にはならないと述べ、「自分のキャリアの終わりを噛み締めることができるだろうから、できればそれを味わいたい」と語った[3]

予選[編集]

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 グリッド
1 4 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレン-メルセデス 1:15.075 1:13.398 1:12.458 1
2 3 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-メルセデス 1:15.456 1:13.515 1:12.513 2
3 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 1:16.180 1:13.667 1:12.581 3
4 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 1:15.644 1:13.209 1:12.760 4
5 6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 1:16.263 1:14.048 1:12.987 5
6 18 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ウィリアムズ-ルノー 1:16.266 1:13.698 1:13.174 161
7 12 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア-メルセデス 1:15.536 1:13.704 1:13.206 6
8 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:16.097 1:13.856 1:13.253 7
9 9 フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 1:16.432 1:13.698 1:13.298 8
10 8 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:15.929 1:13.848 1:13.489 9
11 11 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディア-メルセデス 1:15.901 1:14.121 10
12 19 ブラジルの旗 ブルーノ・セナ ウィリアムズ-ルノー 1:15.333 1:14.219 11
13 15 メキシコの旗 セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 1:15.974 1:14.234 12
14 7 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ メルセデス 1:16.005 1:14.334 13
15 14 日本の旗 小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 1:16.400 1:14.380 14
16 16 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ-フェラーリ 1:16.744 1:14.574 15
17 17 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:16.722 1:14.619 17
18 10 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 1:16.967 18
19 21 ロシアの旗 ビタリー・ペトロフ ケータハム-ルノー 1:17.073 19
20 20 フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン ケータハム-ルノー 1:17.086 20
21 24 ドイツの旗 ティモ・グロック マルシャ-コスワース 1:17.508 21
22 25 フランスの旗 シャルル・ピック マルシャ-コスワース 1:18.104 22
23 23 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン HRT-コスワース 1:19.576 23
24 22 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT-コスワース 1:19.699 24
予選通過タイム: 1:20.330 (107%ルール)
ソース:[4]
  • ^1 — マルドナドは予選Q2後に計量を受けなかったことで戒告処分を受け、今季累積3回目となったため10グリッド降格[5]

決勝[編集]

展開[編集]

スタート前の気温は19度、路面温度は24度。ぽつぽつと雨が落ちているが、路面を濡らすほどではなく、全車ドライ用のスリックタイヤを装着している。シューマッハは"Thank You"と書かれた旗を持ってコースを1周してからダミーグリッドに付いた。

スタートではフェラーリの2台が好スタートを切り、マッサが2位、アロンソが5位に浮上した。ベッテルは7位に後退し、4コーナーでセナと接触してスピン。ベッテルのマシンはコース中央で後ろ向きになるが、辛くも後続車との接触は避けられた。セナははずみでペレスに追突し両者リタイアとなった。ベッテルはボディの左エキゾースト周りにダメージを受けたが、その後は最後尾からハイペースでポジションを回復した。

2周目のホームストレートでマッサとウェバーのバトルの間隙を突いてアロンソが3位へ浮上。3周目時点で、上位はハミルトン、バトン、アロンソ、ヒュルケンベルグ、ウェバー、マッサ、ディ・レスタ、ライコネンとなる。コース上は雨で滑りやすくなっており、6周目にはアロンソが1コーナーでオーバーランし、ヒュルケンベルグが3位に浮上。7周目には1コーナーでウェバーが小林と接触してスピンし、11コーナーでグロージャンがクラッシュしてリタイアした。8周目にはバトンがハミルトンを抜いてトップに立った。

10周目を過ぎると各車ピットインして浅溝のレインタイヤ(インターミディエイト)へ交換したが、その後は雨が小降りになり、再びスリックへ交換する羽目になる。この間スリックで走り続けたバトンとヒュルケンベルグの2台が大きく先行し、19周目にはヒュルケンベルグがバトンをかわしてトップに浮上した。

23周目、コース上にちらばる破片を撤去するためセーフティカーが導入され、上位2台と後続の間に開いていた46秒のギャップは帳消しになった。この時点の順位はヒュルケンベルグ、バトン、ハミルトン、アロンソ、ベッテル、小林、ウェバー、ディ・レスタとなった。29周目終わりにリスタートとなり、小林がベッテルを抜いてアロンソとバトルを展開。さらにマッサが目覚しいペースで5位までポジションを上げた。10位のシューマッハとライコネンは1コーナーで2006年を再現するような接近戦を演じた。

ハミルトンは31周目にバトンを抜き、49周目にはヒュルケンベルグもかわしてトップに浮上した。ヒュルケンベルグは55周目の1コーナーでトップ再浮上を狙ったが、マシンを滑らせてハミルトンに激突。ハミルトンはフロントサスペンションが壊れ、マクラーレンでの最後のレースをリタイアで終えた。ヒュルケンベルグはドライブスルーペナルティを科されて後退し、バトンが独走状態となる。

雨はいよいよ本降りとなり、全車インターミディエイトへ交換するが、ベッテルは無線の不調でピットにタイヤが準備されておらず順位を下げた。62周目にマッサがポジションを譲り、アロンソが2位に浮上。ベッテルもシューマッハに先を譲られ6位を確保した。この順位ではベッテルのチャンピオンが決まるが、バトンに何事か起きてアロンソがトップに立つようなことがあれば逆転の可能性が生じる。

残り2周、ホームストレートへ向かう上り区間でディ・レスタがクラッシュ。破片が散乱したためセーフティカーが再出動し、その時点で隊列の順位は確定した。セーフティカー先導により71周のチェッカーを受け、バトンが今季3勝目を達成。6位でフィニッシュしたベッテルが3年連続3回目のドライバーズチャンピオンを獲得した。個人3連覇はシューマッハ(2000年-2004年まで5連覇)とファン・マヌエル・ファンジオ1954年-1957年まで4連覇)に続く快挙となった。

コンストラクターズ順位はフェラーリ2位、マクラーレン3位が確定。また、ペトロフが11位でフィニッシュしたため、ケータハムがマルシアを抜いてコンコルド協定の分配金を得られる10位に滑り込んだ。ケータハム・グループのマイク・ガスコインによれば、ペトロフの順位には700万ポンドの価値があったという[6]

結果[編集]

順位 No. ドライバー チーム 周回数 タイム / リタイア グリッド ポイント
1 3 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-メルセデス 71 1:45:22.656 2 25
2 5 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 71 +2.734 7 18
3 6 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ フェラーリ 71 +3.615 5 15
4 2 オーストラリアの旗 マーク・ウェバー レッドブル-ルノー 71 +4.936 3 12
5 12 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディア-メルセデス 71 +5.708 6 10
6 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブル-ルノー 71 +9.453 4 8
7 7 ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ メルセデス 71 +11.907 13 6
8 17 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロ・ロッソ-フェラーリ 71 +28.653 17 4
9 14 日本の旗 小林可夢偉 ザウバー-フェラーリ 71 +31.250 14 2
10 9 フィンランドの旗 キミ・ライコネン ロータス-ルノー 70 +1 Lap 8 1
11 21 ロシアの旗 ビタリー・ペトロフ ケータハム-ルノー 70 +1 Lap 19
12 25 フランスの旗 シャルル・ピック マルシャ-コスワース 70 +1 Lap 22
13 16 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド トロ・ロッソ-フェラーリ 70 +1 Lap 15
14 20 フィンランドの旗 ヘイキ・コバライネン ケータハム-ルノー 70 +1 Lap 20
15 8 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 +1 Lap 9
16 24 ドイツの旗 ティモ・グロック マルシャ-コスワース 70 +1 Lap 21
17 22 スペインの旗 ペドロ・デ・ラ・ロサ HRT-コスワース 69 +2 Laps 24
18 23 インドの旗 ナレイン・カーティケヤン HRT-コスワース 69 +2 Laps 23
19 11 イギリスの旗 ポール・ディ・レスタ フォースインディア-メルセデス 68 事故 10
Ret 4 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン マクラーレン-メルセデス 54 接触 1
Ret 10 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータス-ルノー 5 事故 18
Ret 18 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ウィリアムズ-ルノー 1 事故 16
Ret 19 ブラジルの旗 ブルーノ・セナ ウィリアムズ-ルノー 0 接触 11
Ret 15 メキシコの旗 セルジオ・ペレス ザウバー-フェラーリ 0 接触 12
ソース:[7]
  • ファステストラップ:ルイス・ハミルトン 1:18.069 (Lap 38)
  • ラップリーダー:ハミルトン (LAP 1-5)、バトン (LAP 6)、ハミルトン (LAP 7)、バトン (LAP 8-17)、ヒュルケンベルグ (LAP 18-47)、ハミルトン (LAP 48-54)、バトン (LAP 55-71)

エピソード[編集]

  • レース終了後、ベッテルがレース中に黄旗追い越し禁止区間でヴェルニュを抜いたのではないかという話題が持ち上がった。これが事実だとすれば、ベッテルのフィニッシュタイムに20秒が加算されて入賞圏外へ落ち、チャンピオンがアロンソへ移動することになる。フェラーリチームはこの件について確認するため、国際自動車連盟 (FIA) に質問状を送った。FIAはベッテルが追い抜いた位置ではマーシャルポストで緑旗が振られていたとして、合法と判断した[8][9]
  • ライコネンは52周目に12コーナーでコースアウトした際、タイヤバリアの裏手にあるサポートレースのピットレーンを抜けて本コースに復帰しようとしたが、出口の門が閉まっていたためスピンターンして戻るという珍プレーを演じた。ライコネンは「2001年に同じことをしたけど、今回は誰かが門を閉めてしまっていた。来年はまた開けておいてもらえるようにするよ」とコメントした[10]。所属するロータスチームは、ライコネンがサンパウロの地図を拡げながらドライブしている合成画像をSNSへ投稿した[11]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO PETROBRAS DO BRASIL 2012 (The Official F1 Website)
  2. ^ a b c ブラジルGPプレビュー - GPUpdate.net(2012年11月21日)2012年12月3日閲覧。
  3. ^ シューマッハー「2006年ほど感傷的にならないはず」 - オートスポーツ(2012年11月21日)2012年12月3日閲覧。
  4. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO PETROBRAS DO BRASIL 2012 (Qualifying Result)
  5. ^ マルドナドの累積降格でアロンソ7番グリッドへ - オートスポーツ(2011年11月25日)2012年12月4日閲覧。
  6. ^ "「全ドライバーにポイントを付与すべき」との声". オートスポーツ.(2013年1月18日)2013年1月18日閲覧。
  7. ^ FORMULA 1 GRANDE PRÊMIO PETROBRAS DO BRASIL 2012 (Race Result)
  8. ^ FIA、「フェッテルの追い越しは合法」 - STINGER(2012年11月30日)2012年12月4日閲覧。
  9. ^ FIA、ベッテルの追い抜きは合法。論争に終止符 - オートスポーツ(2012年11月29日)2012年12月4日閲覧。
  10. ^ ライコネン「抜け道のゲートは閉めないで」:ロータス日曜コメント - オートスポーツ(2012年11月26日)2012年12月4日閲覧。
  11. ^ “迷子”のライコネンに地図をプレゼント!? - オートスポーツ(2012年11月27日)2012年12月4日閲覧。
前戦
2012年アメリカグランプリ
FIA F1世界選手権
2012年シーズン
前回開催
2011年ブラジルグランプリ
ブラジルの旗 ブラジルグランプリ 次回開催
2013年ブラジルグランプリ