2016年マレーシアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マラヤ連邦の旗 2016年マレーシアグランプリ
レース詳細
Sepang.svg
日程 2016年シーズン第16戦
決勝開催日 10月2日
開催地 セパン・インターナショナル・サーキット
マレーシア セパン
コース長 5.543km
レース距離 56周(310.408km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:32.850
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
タイム 1:36.424(Lap 44)
決勝順位
優勝
2位
3位

2016年マレーシアグランプリは、2016年のF1世界選手権第16戦として、2016年10月2日セパン・インターナショナル・サーキットで開催された。

レース前[編集]

  • イエローフラッグに関するルールを明確化。ハンガリーGPの予選でダブルイエローが掲示されていたにもかかわらずニコ・ロズベルグが最速タイムを出しポールポジションを獲得したことで物議を醸し、シンガポールGPの予選ではロマン・グロージャンがスピンを喫しダブルイエローが掲示されたが、セルジオ・ペレスが減速せずに自己ベストタイムを出したことでペナルティを科せられた。これらを踏まえて以下のルールが加えられた[1]
    • ダブルイエローフラッグ:2カ所で黄旗が振られている区間を通過するドライバーは必ず大幅に減速し、方向転換あるいは停車に備えなければならない。いかなるドライバーもこの要求に対応したことを証明し、スチュワードを納得させるためにはアタックラップを走ろうとする意図がなかったことを明確にしなければならず、事実上、ドライバーは当該ラップを断念する必要がある(次の周回には解除される可能性があるため、必ずしもピットインを強いるものではない)。
    • シングルイエローフラッグ:ドライバーは必ず減速し、方向転換に備えなければならない。ドライバーは減速していることを明確にする必要があり、それを明白にするためには早めにブレーキをかけるか、当該区間で大幅な減速を行わなければならない。事故による明らかなダメージやタイヤから空気が抜けているなど、他車が明白かつ完全に問題を抱えていることが判明している場合を除き、黄旗が振られている当該区間ではいかなるマシンもオーバーテイクしてはならない。
  • ピレリはハード、ミディアム、ソフトのコンパウンドを持ち込んだ[2]

予選[編集]

2016年10月1日(土曜日)

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:34.444 1:33.046 1:32.850 1
2 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:34.460 1:33.609 1:33.264 2
3 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:35.443 1:33.775 1:33.420 3
4 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:35.079 1:33.888 1:33.467 4
5 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:34.557 1:33.972 1:33.584 5
6 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:34.556 1:33.903 1:33.632 6
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:35.068 1:34.538 1:34.319 7
8 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:34.827 1:34.441 1:34.489 8
9 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:35.267 1:34.431 1:34.518 9
10 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:35.267 1:34.422 1:34.671 10
11 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:35.166 1:34.577 11
12 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:35.400 1:35.001 12
13 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:35.658 1:35.097 13
14 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:35.593 1:35.277 14
15 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:35.695 1:35.369 15
16 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:35.605 1:35.374 16
17 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:35.816 17
18 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:35.949 18
19 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 1:35.999 19
20 31 フランスの旗 エステバン・オコン MRT-メルセデス 1:36.451 20
21 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:36.587 21
22 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:37.155 221
107% time: 1:41.055
ソース[3][4]
追記
  • ^1 - アロンソは金曜午前のフリー走行1回目を前に8基目のICE、ターボチャージャー、MGU-H(以上8基目)、エネルギーストア(バッテリー)、コントロールエレクトロニクス(以上7基目)に交換して30グリッド降格[5]、土曜のフリー走行3回目を前にターボチャージャーとMGU-H(いずれも9基目)を交換してさらに15グリッド降格[6]。合計45グリッド降格となったが最後尾グリッドのため変動なし[7][8]

決勝[編集]

2016年10月2日日曜日)天候:晴 路面状況:ドライ

展開[編集]

スタート早々、セバスチャン・ベッテルニコ・ロズベルグに追突しリタイアし、ロズベルグもマシンが一回転するほどのスピンで後方に転落する波乱の幕開けとなった。

最大のライバルが後方に落ちたルイス・ハミルトンはトップをキープ。その後ろでレッドブル勢が激しい2位争いを展開する。その中、40周目にトップを走るハミルトンのエンジンがまさかのブロー。「オーノー!ノー!」とはっきり無線に入るほどのハミルトンの落胆をよそに、これでダニエル・リカルドマックス・フェルスタッペンのレッドブル1-2体制となるが、それでも2人は激しいトップ争いを繰り広げた。リカルドは最後までトップを守り、待望の今シーズン初優勝。2014年ベルギーGP以来、2年ぶりの優勝となった。

フェルスタッペンが2位に続き、レッドブルは2013年ブラジルGP以来3年ぶりの1-2フィニッシュ。V6ターボエンジンになった2014年以降では、初めてメルセデス以外のチームが1-2フィニッシュを達成した。3位は後方から追い上げたロズベルグ。38周目にキミ・ライコネンを抜かした際の接触で10秒加算のペナルティを受けたが、ライコネンとの差を10秒以上つけたため3位を守り15点を加算。リタイアしたハミルトンとのポイント差を23に広げた。マクラーレンホンダ勢はフェルナンド・アロンソが最後尾スタートからスタート時の混乱をかいくぐって10位に浮上し最終的に7位入賞、ジェンソン・バトンも9位入賞でダブル入賞を果たし、ホンダエンジンの母国である日本GPに向けて確かな手ごたえをつかんだ。10位にはジョリオン・パーマーが入りF1初入賞を果たした。

入賞セレモニーではリカルドが「靴酒」を振舞うなど、大いに観衆を沸かせた一方、セレモニー前の休憩中のロズベルグとフェルスタッペンは「4度のワールドチャンピオン・トッピード(魚雷)が・・・」と散々なこき下ろしを行っていた。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 56 1:37:12.776 4 25
2 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 56 +2.443 3 18
3 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 56 +25.5161 2 15
4 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 56 +28.785 6 12
5 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 56 +1:01.582 11 10
6 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 56 +1:03.794 7 8
7 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 56 +1:05.205 22 6
8 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 56 +1:14.062 8 4
9 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 56 +1:21.816 9 2
10 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 56 +1:35.466 19 1
11 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 56 +1:38.878 16
12 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 17
13 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 55 +1 Lap PL2
14 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 55 +1 Lap 15
15 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 55 +1 Lap 21
16 31 フランスの旗 エステバン・オコン MRT-メルセデス 55 +1 Lap 20
Ret 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 46 ブレーキ[9] 18
Ret 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 40 エンジン[10] 1
Ret 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 39 ホイール脱落[11] 13
Ret 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 17 ブレーキ[12] 14
Ret 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 7 ブレーキ[11] 12
Ret3 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 0 アクシデント[13] 5
ソース[14]
ファステストラップ[15]
ラップリーダー[16]
追記
  • ^1 - ロズベルグライコネンと接触したため、レース後に10秒のタイム加算ペナルティとペナルティポイント2点が科された[17][18]
  • ^2 - マッサはフォーメーションラップ開始時にマシンを始動することができなかったため、ピットレーンからスタート[19]
  • ^3 - ベッテルはスタート直後にロズベルグと接触したため、次戦日本GPで3グリッド降格ペナルティとペナルティポイント2点が科された[20][21]

第16戦終了時点でのランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 黄旗ルールを強化、明確化したFIA”. ESPN F1 (2016年10月1日). 2016年10月2日閲覧。
  2. ^ F1マレーシアGP:各ドライバーのタイヤ選択”. F1-Gate.com (2016年9月21日). 2016年10月2日閲覧。
  3. ^ 2016 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2016年10月1日). 2016年10月2日閲覧。
  4. ^ 2016 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2016年10月1日). 2016年10月2日閲覧。
  5. ^ Stewards Decision Doc10 - F.Alonso”. fia.com (2016年9月30日). 2016年10月2日閲覧。
  6. ^ Stewards Decision Doc19 - F.Alonso”. fia.com (2016年10月1日). 2016年10月2日閲覧。
  7. ^ アロンソ、ホンダPU交換で30グリッド降格へ。「最後尾からでも入賞は可能」”. AUTOSPORTweb (2016年9月30日). 2016年10月2日閲覧。
  8. ^ アロンソ、計45グリッド降格へ。さらなるPUエレメント交換、バトンにも新パーツ”. AUTOSPORTweb (2016年10月1日). 2016年10月2日閲覧。
  9. ^ 「ペースに満足」とエリクソン”. ESPN F1 (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  10. ^ ハミルトン、エンジンブローで勝利失い意気消沈。「僕にばかりトラブルが起こるのはおかしい」”. AUTOSPORTweb (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  11. ^ a b ダブルリタイアに終わったハースF1”. ESPN F1 (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  12. ^ ルノー:ジョリオン・パーマーがF1初ポイント獲得 / F1マレーシアGP”. F1-Gate.com (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  13. ^ ロズベルグ「4度のチャンピオンからTボーンクラッシュを食らうなんて」”. AUTOSPORTweb (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  14. ^ 2016 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  15. ^ 2016 FORMULA 1 PETRONAS MALAYSIA GRAND PRIX - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  16. ^ Lap chart”. fia.com (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  17. ^ 苦痛の中でチームメンバーを励ましたハミルトン”. ESPN F1 (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  18. ^ Stewards Decision Doc33 - N.Rosberg”. fia.com (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
  19. ^ 満足のボッタス、落胆のマッサ”. ESPN F1 (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  20. ^ セバスチャン・ベッテル、F1日本GPで3グリッド降格ペナルティ”. F1-Gate.com (2016年10月2日). 2016年10月3日閲覧。
  21. ^ Stewards Decision Doc37 - S.Vettel”. fia.com (2016年10月2日). 2016年10月2日閲覧。
前戦
2016年シンガポールグランプリ
FIA F1世界選手権
2016年シーズン
次戦
2016年日本グランプリ
前回開催
2015年マレーシアグランプリ
マラヤ連邦の旗 マレーシアグランプリ 次回開催
2017年マレーシアグランプリ