2019年アブダビグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アラブ首長国連邦の旗 2019年アブダビグランプリ
レース詳細
Circuit Yas-Island.svg
日程 2019年シーズン第21戦
決勝開催日 12月1日
開催地 ヤス・マリーナ・サーキット
アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦 アブダビ ヤス島
コース 恒久的レース施設
コース長 5.554km
レース距離 55周 (305.355km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:34.779
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:39.283 (53周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2019年アブダビグランプリ (2019 Abu Dhabi Grand Prix) は、2019年のF1世界選手権第21戦(最終戦)として、2019年12月1日ヤス・マリーナ・サーキットで開催された。

正式名称は「Formula 1 Etihad Airways Abu Dhabi Grand Prix 2019[1]

レース前[編集]

タイヤ
  • 本レースでピレリが用意するドライタイヤのコンパウンドは、ハード(白):C3、ミディアム(黄):C4、ソフト(赤):C5の柔らかい組み合わせ[2]
パワーユニット(PU)
2020年シーズンの動向
  • ウィリアムズは、ジョージ・ラッセルの残留[6]とリザーブドライバーを務めたニコラス・ラティフィの起用を発表[7]。これで2020年に参戦する全チームのドライバーが確定し、新人はラティフィのみ、エステバン・オコンは2年ぶりにF1復帰、ニコ・ヒュルケンベルグロバート・クビサはシートを喪失することになった[8]
  • スクーデリア・トロ・ロッソは、2019年10月頃にチーム名を変更するを申請し[9]、他チームから合意を得ていたものの正式には確定していなかった。そんななか、決勝前の2019年12月1日付けの暫定のエントリーリストにて「スクーデリア・トロ・ロッソ」の名称が「スクーデリア・アルファタウリ」に変更された内容で発表された[10]。あくまで名称変更なため、体制面については変更はないと思われるが、これ以降の再変更がなかった場合、本レースが「スクーデリア・トロ・ロッソ」としての最後のレースとなる。
その他
  • 前戦ブラジルGPを欠席したメルセデスのトト・ヴォルフチーム代表が復帰[11]
  • 当レース決勝の3日前の、「グランツーリスモSPORT」のVer.1.50アップデートで初の有料DLCとして、6度目のワールドチャンピオンを確定させたルイス・ハミルトンが『グランツーリスモSPORT』内で走行した各コースのタイムに挑む「ルイス・ハミルトン タイムトライアル チャレンジ」が発売された。

ランキングについて[編集]

ドライバーズランキング2位以上およびコンストラクターズ4位までの順位はすでに決着がついているものの、ドライバーズランキング3位以下のドライバーとコンストラクターズ4位から8位の座は最終戦で雌雄を決することになった。

ドライバーズランキング
ドライバーズランキングは最大26ポイント[注 1]が獲得できるが、そのうち9位以下のドライバーは優勝しても8位以上になることはない。ただし、9位以下は僅差なため、ベスト・オブ・ザ・レストとして扱われることの多い7位入賞ができれば、ランキングが変動する可能性が残されている[12]。その中でも注目なのは、3位から8位のドライバーズランキングとなる。暫定3位のマックス・フェルスタッペンレッドブル)の260ポイントに対し、11点差の249ポイントで追う暫定4位のシャルル・ルクレールフェラーリ)との一騎討ちとなる。暫定5位に付けているセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は230ポイントで、仮に最大ポイントを獲得してもフェルスタッペンに届かないため、3位への浮上は不可能であるが、理論上4位へ浮上することができるため、フェラーリとしてはチームメイト対決となる。また、その下のドライバーズランキング6位の座をめぐり、ピエール・ガスリートロ・ロッソ)、カルロス・サインツJr.マクラーレン)、アレクサンダー・アルボン(レッドブル)の3名が対決することとなる。
アブダビGPの順位とドライバーズランキングの最終得点
ドライバー 得点(勝数) 優勝 2位 3位 4 5 6 7 8 9 10
フェルスタッペン 260(3勝) 285 278 275 272 270 268 266 264 262 261
ルクレール 249(2勝) 274 267 264 261 259 257 255 253 251 250
ベッテル 230(1勝) 255 248 245 242 240 238 236 234 232 231
ガスリー・サインツ 95 120 113 110 107 105 103 101 99 97 96
アルボン 84 109 102 99 96 94 92 90 88 86 85
  • 太字は無条件で暫定順位の死守が確定できる点数。斜体は条件付きで順位変動が起きる点数。
  • 表の該当者がファステストラップポイントを獲得した場合、獲得した点数に1点加算する形となる。
  • 同点の場合は優勝回数および上位成績によりランキングが決定する。

ドライバーズランキング暫定3位だが、フェルスタッペンは3位以上でフィニッシュすれば自力で3位が確定する。4位のルクレールはフェルスタッペンの結果次第ではあるが、最低でも3位以上でのフィニッシュが必須となる。また、5位のベッテルは優勝が必須なうえ、ルクレールが8位以下という条件が成立した場合のみ4位を奪取できる。
ドライバーズランキング6位の方は、ガスリーとサインツの場合、先着したほうが6位の座を獲得する。一方でアルボンはポイント的には4位フィニッシュでも逆転できる計算だが、最高位の関係で敗れる可能性があるため、表彰台を獲得(3位以上でフィニッシュ)しなければ逆転は困難である。
コンストラクターズランキング
本レースで獲得できる最大ポイントが44ポイント[注 2]であるため、理論上は暫定5位のルノーから同6位のトロ・ロッソ、同7位のレーシング・ポイント、同8位のアルファロメオまでの4チームがコンストラクターズ5位を獲得することが可能である。共通しているのはダブル入賞が必須なこととライバルチームの成績次第という条件となる。

エントリー[編集]

レギュラーシートは前戦ブラジルGPから変更なし。金曜午前のFP1のみ出走するドライバーはなし。2020年のF1世界選手権に参加しないことが決まっているニコ・ヒュルケンベルグロバート・クビサは、ひとまず本レースが最後の出走となる。なお、本年はレッドブルとトロ・ロッソの間での移籍というドライバー交代はあったが、エントリーリストに掲載された20名全員がフル参戦を果たしたこととなる。

フリー走行[編集]

FP1(金曜午前)[14]
  • 気温25、路面温度35度、ドライコンディション
既にドライバーズ3連覇を決めているルイス・ハミルトンは、セッション前半にカーナンバー「1」を付けて走行した[15]。チームメイトのバルテリ・ボッタスは新たに4基目のエンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-Hが投入されて後方グリッドへの降格が確定したが[16]、唯一の1分36秒台となる1分36秒957でトップタイムを記録した。残り30分にダニエル・リカルドルノー)が最終コーナー手前で激しく煙を吹き、マシンをストップさせた。この時、リカルドの後方を走っていたピエール・ガスリーはオイルを浴びてしまったが影響はなかった[17]。コース上に大量のオイルが撒かれたことにより赤旗が出され、オイルの処理により約10分間中断した。残り2分にセバスチャン・ベッテルがターン19でスピンを喫し、左リアタイヤをウォールに激しくヒットさせてマシンを止めた。これにより赤旗が出され、セッションはそのまま終了した。ベッテルはギアボックスの交換が必要となったが、レース用のギアボックスではないためグリッド降格ペナルティの対象にはならない[18]
FP2(金曜午後)[19]
  • 気温25度、路面温度30度、ドライコンディション
セッションが30分を過ぎた頃、ソフトタイヤでアタックを開始したシャルル・ルクレールがターン19の縁石でマシンを滑らせてしまい、右側の前後両方のタイヤをウォールにヒットしたがマシンにダメージはなく、タイヤ交換のみでコースへ復帰した[20]。このセッションでもメルセデス勢が速さを見せ、ボッタスが1分36秒256でトップタイム、ハミルトンが1分36秒634で2番手と1-2体制を築いた。セッション後半は各車ロングランテストに切り替え残り20分を切った頃、ターン11でロマン・グロージャンハース)とボッタスが接触し、コース上にはパーツが散らばったため赤旗が出された。残り12分でセッションは再開され、ボッタスのマシンは素早く修復されてコースに復帰することができたが、グロージャンを追い越そうとした行為について戒告処分が科された。グロージャンは1つしかない最新仕様のフロアを失ったため、土曜以降は以前の仕様に戻す羽目になった[16]
FP3(土曜午前)[21]
  • 気温26度、路面温度40度、ドライコンディション
メルセデスはボッタスの新しいPUにニューマチックリークを発見したため、さらに5基目のICE、ターボ、MGU-H、3基目のMGU-Kに交換した[22]マックス・フェルスタッペンが1分36秒566を出し、メルセデス勢を抑えてトップタイムを記録した。チームメイトのアレクサンダー・アルボンはメルセデス勢に次ぐ4番手であった。ここまでは全車ソフトタイヤでベストタイムを記録したが、フェラーリ勢はミディアムで5-6番手となっており、3強の勢力図は見えないままであった。中団グループも非常に接近したタイムになっていて、予選Q1からの激しい戦いに期待がかかる。

予選[編集]

2019年11月30日 17:00 GST(UTC+4)[23]

  • 気温26、路面温度32度、ドライコンディション

ルイス・ハミルトンが第11戦ドイツGP以来10戦ぶりのポールポジションを獲得した。チームメイトのバルテリ・ボッタスは2番手となったが、PU交換により最後尾グリッドからスタートするため、3番手のマックス・フェルスタッペンフロントローを獲得した。フェラーリ勢はセクター1とセクター2でリードするもセクター3で大きく遅れを取り、シャルル・ルクレールは4番手、セバスチャン・ベッテルは5番手と2列目に甘んじた。しかもルクレールはQ3最後のアタック前にチェッカーフラッグが振られ、予選を終えることになってしまった。ベッテルはQ2でソフトタイヤによってベストタイムを記録し、上位勢で唯一ソフトタイヤでのスタートを選択した[注 3][24]アレクサンダー・アルボンは6番手、ベスト・オブ・レストは7番手のランド・ノリスで、マクラーレンルノーのルノーPU勢がQ3を通過した。コンストラクターズランキング5位をルノーと争うトロ・ロッソ勢はピエール・ガスリーダニール・クビアトの両者ともQ2で敗退して明暗が分かれた。

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:35.851 1:35.634 1:34.779 1
2 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:36.200 1:35.674 1:34.973 20 1
3 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:36.390 1:36.275 1:35.139 2
4 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:36.478 1:35.543 1:35.219 3
5 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:36.963 1:35.786 1:35.339 4
6 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:36.102 1:36.718 1:35.682 5
7 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:37.545 1:36.764 1:36.436 6
8 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 1:37.106 1:36.785 1:36.456 7
9 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:37.358 1:36.308 1:36.459 8
10 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:37.506 1:36.859 1:36.710 9
11 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:36.961 1:37.055 10
12 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:37.198 1:37.089 11
13 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:37.528 1:37.103 12
14 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 1:37.683 1:37.141 13
15 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:37.710 1:37.254 14
16 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:38.051 15
17 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:38.114 16
18 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:38.383 17
19 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:38.717 18
20 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 1:39.236 19
107% time: 1:42.561
ソース:[25][26]
追記
  • ^1 - ボッタスはFP1で年間最大基数を超えるパワーユニット交換(4基目のエンジン(ICE)/ターボチャージャー(TC)/MGU-H)を行い、降格グリッド数が15を超えたため後方グリッドに降格[16][27]。その後FP3にも追加のパワーユニット交換(5基目のICE/TC/MGH-H、3基目のMUG-K)を行った[22][28]

決勝[編集]

2019年12月1日 17:10 GST(UTC+4)[29]

  • 気温27、路面温度31度、ドライコンディション

ルイス・ハミルトンが一度も首位を譲らずポール・トゥ・ウィンで今季11勝目を挙げ、ファステストラップも記録してグランドスラムを達成し、2019年のF1世界選手権における有終の美を飾った。また、年間獲得ポイントは前年より5ポイント多い413ポイントとなり、2年連続で自身が持つ歴代最高得点記録も更新した他、今季のドイツGPで、自力での入賞ではなくアルファロメオ勢のペナルティによる繰り上げ入賞はあったが、今季唯一の個人での全戦入賞を果たした。2位はマックス・フェルスタッペンでホンダPU勢は3戦連続の表彰台を獲得し、レース中唯一の340Km/hを超える345Km/hの最高速を叩き出した。ハミルトンとフェルスタッペンに大差を付けられたシャルル・ルクレールは最後尾グリッドから追い上げたバルテリ・ボッタスの追撃を振り切り3位表彰台を獲得した。ただし、燃料申告に関する違反でルクレールは失格の可能性もうわさされたが、600万円の罰金のみとなり、順位はそのままと裁定された[30]

メルセデス勢とレッドブル・ホンダ勢はチームとして全戦入賞を達成、フェラーリ勢はチームとしてなんとか全戦完走扱いを達成した。ボッタスとF1デビューイヤーであったノリスもペナルティポイント加算処分を受けずにシーズンを終えた。昨年のアブダビに比べ、新旧交代を強くうかがわせるレース展開であった。

展開[編集]

レース結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 55 1:34:05.715 1 26 FL
2 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 55 +16.772 2 18
3 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 55 +43.435 3 15
4 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 55 +44.379 20 12
5 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 55 +1:04.357 4 10
6 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 55 +1:09.205 5 8
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 54 +1 Lap 10 6
8 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 54 +1 Lap 6 4
9 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 54 +1 Lap 13 2
10 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 54 +1 Lap 8 1
11 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 54 +1 Lap 7
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 54 +1 Lap 9
13 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 54 +1 Lap 17
14 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 54 +1 Lap 14
15 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 54 +1 Lap 15
16 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 54 +1 Lap 16
17 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 54 +1 Lap 18
18 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 53 +2 Laps 11
19 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 53 +2 Laps 19
Ret 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 45 接触 12
ソース:[31]
ファステストラップ[32]
ラップリーダー[33][34]
太字は最多ラップリーダー
追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む-

ランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 優勝とファステストラップポイントを獲得した場合。
  2. ^ 1-2フィニッシュかついずれかのドライバーがファステストラップを獲得した場合。
  3. ^ Q3に進出するドライバーは、Q2でベストタイムを記録したタイヤで決勝をスタートする。

出典[編集]

  1. ^ Abu Dhabi Grand Prix 2019”. The Official F1 Website. 2018年11月28日閲覧。
  2. ^ F1アブダビGPのタイヤ選択が明らかに。レッドブル&トロロッソは最もソフト寄りの選択”. autosport web (2019年11月20日). 2019年11月28日閲覧。
  3. ^ ブラジルGPでトラブルのボッタス、PU交換で最終戦アブダビはグリッド降格へ”. motorsport.com (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  4. ^ ホンダのF1活動継続が決定。2021年に向け、レッドブル&トロロッソとのPU契約を延長”. autosport web (2019年11月27日). 2019年11月28日閲覧。
  5. ^ FIAがさらなる技術指令を通達。2020年から燃料流量センサーがふたつに増加”. motorsport.com (2019年11月25日). 2019年11月28日閲覧。
  6. ^ ウイリアムズF1残留のラッセル、離脱するクビサから得た学びを糧に2020年に挑む”. autosport web (2019年11月25日). 2019年11月28日閲覧。
  7. ^ ウイリアムズF1がクビサの後任としてルーキー、ラティフィを起用。全チームの2020年ドライバーが確定”. autosport web (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  8. ^ 2020年F1ドライバーラインアップが確定。ルーキーはラティフィのみ、オコンが復帰”. autosport web (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  9. ^ トロロッソ、名称変更を申請……2020年シーズンから”アルファタウリ”に? jp.motorsport.com(2019年9月28日)2019年12月1日閲覧
  10. ^ FIA国際自連、2020年暫定F1エントリーリストを発表…トロロッソ消滅が正式確定formula1-data.com(2019年12月1日)2019年12月1日閲覧
  11. ^ ウォルフが現場復帰。メルセデスF1、ブラジルGPでの不振を受けて「我々自身を証明する必要がある」”. autosport web (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  12. ^ 4位確定のマクラーレンF1、最終戦ではドライバーズ選手権に集中。サインツがホンダ勢と6位を争うwww.as-web.jp(2019年11月29日)2019年11月29日閲覧
  13. ^ Entry List”. FIA (2019年11月28日). 2019年11月29日閲覧。
  14. ^ 特記のない場合、F1アブダビFP1:首位発進のボッタスにフェルスタッペン続く。ハース勢が好タイム”. motorsport.com (2019年11月29日). 2019年12月1日閲覧。
  15. ^ カーナンバー1で走行したハミルトン「今日最速でなくても気にしない。将来のための作業に集中」メルセデスF1”. autosport web (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  16. ^ a b c 初日最速ボッタス、接触で戒告処分受ける「グロージャンが見ていないとは思わなかった」:メルセデスF1”. autosport web (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  17. ^ ガスリー、ルノーのオイルを浴びるアクシデントも、FP2は順調「初日10番手は悪くない」トロロッソ・ホンダF1”. autosport web (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  18. ^ ベッテル、クラッシュでギヤボックスを交換「予期せぬスピンに驚いた」:フェラーリ F1アブダビGP”. autosport web (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  19. ^ 特記のない場合、F1アブダビFP2:ボッタス初日完封&メルセデスワンツー。フェルスタッペン5番手”. motorsport.com (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  20. ^ ルクレール初日3番手「ライバルたちはまだ実力を見せていない」:フェラーリ F1アブダビGP”. autosport web (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  21. ^ 特記のない場合、F1アブダビFP3:レッドブルのフェルスタッペン最速。3強入り交じる結果で予選へ”. motorsport.com (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  22. ^ a b ボッタス、トラブルで2度目のPU交換「最後尾スタートは決まっていたが、全力で予選を戦った」:メルセデスF1”. autosport web (2019年12月1日). 2019年12月1日閲覧。
  23. ^ 特記のない場合、F1アブダビGP予選:ハミルトン10戦ぶりPP。フェルスタッペンはフロントロウに並ぶ”. motorsport.com (2019年12月1日). 2019年12月1日閲覧。
  24. ^ 苦戦ベッテル、ソフトタイヤでのスタートを選択「他と異なる戦略でチャンスを見いだしたい」フェラーリF1”. autosport web (2019年12月1日). 2019年12月1日閲覧。
  25. ^ FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2019 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  26. ^ FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2019 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  27. ^ Offence Doc7 - Car 77 (PU elements)”. FIA (2019年11月29日). 2019年12月1日閲覧。
  28. ^ Offence Doc19 - V.Bottas (PU Elements)”. FIA (2019年11月30日). 2019年12月1日閲覧。
  29. ^ 特記のない場合、F1アブダビGP決勝:王者ハミルトン貫禄の独走V。フェルスタッペンが2位表彰台”. motorsport.com (2019年12月2日). 2019年12月2日閲覧。
  30. ^ レギュレーションでは燃料は110キロまで積載可能となっている。今回は事前の申告内容より多く積載したため、ルール違反として審議された。ただ、虚偽はあったが搭載量は110キロ以下であったため、失格にならなかったとされている。フェラーリ、燃料の不正確な申告で600万円の罰金…ルクレールの表彰台が確定 / F1アブダビGP”. formula1-data.com. 2019年12月2日閲覧。
  31. ^ FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2019 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2019年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
  32. ^ FORMULA 1 ETIHAD AIRWAYS ABU DHABI GRAND PRIX 2019 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2019年11月17日). 2019年11月18日閲覧。
  33. ^ Lap Chart”. FIA (2019年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
  34. ^ Abu Dhabi 2019 - Laps led”. STATS F1 (2019年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
  35. ^ a b Abu Dhabi 2019 - Championship”. STATS F1 (2019年12月1日). 2019年12月2日閲覧。
前戦
2019年ブラジルグランプリ
FIA F1世界選手権
2019年シーズン
前回開催
2018年アブダビグランプリ
アラブ首長国連邦の旗 アブダビグランプリ次回開催
2020年アブダビグランプリ