アルファロメオ・C38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アルファロメオ・C38
Alfa Romeo C38 Antonio Giovinazzi ITA ALFA ROMEO RACING (46388731925).jpg
アントニオ・ジョヴィナッツィがドライブするC38
(プレシーズンテストにて)
カテゴリー F1
コンストラクター アルファロメオザウバー
デザイナー シモーネ・レスタ
先代 ザウバー・C37
主要諸元
エンジン フェラーリ 064
1.6L V6ターボ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム アルファロメオ・レーシングザウバー
ドライバー フィンランドの旗 キミ・ライコネン
イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ
出走時期 2019年
初戦 2019年オーストラリアGP
テンプレートを表示

アルファロメオ・C38 (Alfa Romeo C38) は、アルファロメオ・レーシングザウバー)が2019年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

2019年2月14日フィオラノ・サーキットでシェイクダウンを行い[1]同月18日カタロニア・サーキットで正式公開された[2]

前年に自動車メーカー「アルファロメオ」との提携を開始したザウバーは、本年からネーミングライツによって「アルファロメオ・レーシング」にチーム名称を変更し、コンストラクター名称も「ザウバー」から「アルファロメオ」に変更した。ただしチームの譲渡や買収は無く、これまで通りザウバーが運営の独立したチーム体制となる[3][4][5]。マシン名称もザウバー時代のものを引き継ぎ、「C38」となった[6]

2019年シーズン[編集]

ドライバーはキミ・ライコネンフェラーリから移籍。フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)出身のアントニオ・ジョヴィナッツィを迎え、ラインナップを一新した。チーム名はザウバーからアルファロメオに変更されたが、ライコネンはF1デビューを果たした2001年以来の古巣復帰、ジョヴィナッツィは2017年パスカル・ウェーレインの代走として出場して以来のF1参戦で、初のフルシーズン参戦となる。

プレシーズンテストでは、PUが原因のトラブルはあったものの、チームとしては大きなトラブルもなくテストを終えた。開幕戦からの予選Q3進出達成や4戦連続入賞を達成。ジョヴィナッツィはフル参戦1年目ということもあり苦戦しているものの、第4戦で初のQ3進出を達成。だが、マシン開発の遅れから第5戦からスランプに陥り、特にジョヴィナッツィのほうが失速。それでも、新パーツを投入したとされる第8戦ではジョヴィナッツィが予選Q3へ進出からのライコネンが入賞。翌第9戦では2台とも予選Q3へ進出し、下位ではあるがダブル入賞を達成。また、ジョヴィナッツィにとってはキャリア初入賞となった。シーズン前半だが、ジョヴィナッツィは苦戦しているものの、ライコネンの好走する形となった。

ところが、他チームのマシン開発やタイヤ規格の対応をめぐる混乱が収まり始めたシーズン後半になると失速。ジョヴィナッツィは下位ながらも2度入賞し、第15戦では暫定のラップリーダー[7]となるなど見せ場を作ったものの、ライコネンは接触やトラブルの不運もあったが、予選Q2進出にも苦労する状況となり、戦闘力の相対的な低下に苦しんだ。第16戦以降は苦戦続きであったが、第20戦でダブル入賞を達成。その結果、コンストラクターズ8位を確保することが濃厚となった。

スペック[編集]

[8][6]

シャシー[編集]

エンジン[編集]

ERSシステム[編集]

  • バッテリー出力:4 Mj(1周あたり)
  • MGU-K 出力:120 kW
  • MGU-K 最高回転数:50,000 rpm
  • MGU-H 最高回転数:120,000 rpm

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
BHR
バーレーンの旗
CHN
中華人民共和国の旗
AZE
アゼルバイジャンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
FRA
フランスの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
RUS
ロシアの旗
JPN
日本の旗
MEX
メキシコの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2019 7 フィンランドの旗 ライコネン 8 7 9 10 14 17 15 7 9 8 12 7 16 15 Ret 13 12 Ret 11 4 57* 8位*
99 イタリアの旗 ジョヴィナッツィ 15 11 15 12 16 19 13 16 10 Ret 13 18 18 9 10 15 14 14 14 5

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “アルファロメオF1が2019年型ニューマシンをシェイクダウン。ライコネンが走行”. AUTOSPORTweb. (2019年2月14日). http://www.as-web.jp/f1/452351?all 2019年2月28日閲覧。 
  2. ^ “アルファロメオF1が2019年型マシン『C38』をバルセロナテストでアンベイル”. AUTOSPORTweb. (2019年2月18日). http://www.as-web.jp/f1/453322?all 2019年2月28日閲覧。 
  3. ^ “ザウバー、F1から消える。『アルファロメオ・レーシング』へ名称変更”. motorsport.com. (2019年2月1日). https://jp.motorsport.com/f1/news/sauber-f1-team-renamed-alfa-romeo-racing/4331498/ 2019年2月28日閲覧。 
  4. ^ “F1エントリーリスト改訂版が発表。アルファロメオ、シャシー名も変更”. motorsport.com. (2019年2月7日). https://jp.motorsport.com/f1/news/alfa-romeo-takes-sauber-f1-car-name-too/4333497/ 2019年2月28日閲覧。 
  5. ^ “2019年F1エントリーリストが発表。『アルファロメオ』の参戦が承認”. AUTOSPORTweb. (2019年2月7日). http://www.as-web.jp/f1/449861?all 2019年2月28日閲覧。 
  6. ^ a b “【新旧F1マシンスペック比較】アルファロメオ編:ライコネンもC38の感触に満足。“ザウバー新時代”のスタートを飾れるか”. AUTOSPORTweb. (2019年2月20日). https://www.as-web.jp/f1/454286?all 2019年2月28日閲覧。 
  7. ^ ジョビナッツィ、F1キャリアで初めてラップリーダーに「家族が写真を撮ってくれているといいな!」:シンガポールGPwww.as-web.jp(2019年9月23日)2019年11月7日閲覧
  8. ^ Alfa Romeo Racing C38-Ferrari”. Sauber Group. 2019年3月1日閲覧。