2018年ベルギーグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ベルギーの旗 2018年ベルギーグランプリ
レース詳細
Spa-Francorchamps of Belgium.svg
日程 2018年シーズン第13戦
決勝開催日 8月26日
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギーの旗 ベルギー スパ
コース長 7.004km
レース距離 44周(308.052km)
決勝日天候 曇 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:58.179
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
タイム 1:46.286 (32周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2018年ベルギーグランプリ (2018 Belgian Grand Prix) は、2018年のF1世界選手権第13戦として、2018年8月26日スパ・フランコルシャンで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 2018 JOHNNIE WALKER BELGIAN GRAND PRIX[1]

レース前[編集]

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、スーパーソフト、ソフト、ミディアムの3種類[2]

サマーブレイク期間中の動向

エントリーリスト[編集]

マクラーレンはリザーブドライバーを務めるランド・ノリスフェルナンド・アロンソに代えてフリー走行1回目(FP1)に出走させる。なお、ノリスはFP1初出走となる[11]

フリー走行[編集]

バルテリ・ボッタスはパワーユニット交換により最後尾グリッドへの降格が決まった[14]

予選[編集]

2018年8月25日 15:00 CEST(UTC+2)

雨に見舞われたQ3でルイス・ハミルトンが2戦連続でポールポジションを獲得。Q2においてポルシェ919ハイブリッド・Evoのレコードタイムを破ったセバスチャン・ベッテルは2番手。新生フォース・インディアエステバン・オコン3番手、セルジオ・ペレス4番手と2列目を獲得する大健闘を見せた。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:42.977 1:41.553 1:58.179 1
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:43.035 1:41.501 1:58.905 2
3 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:44.003 1:43.302 2:01.851 3
4 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:44.004 1:43.014 2:01.894 4
5 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:43.597 1:43.042 2:02.122 5
6 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:42.585 1:41.533 2:02.671 6
7 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:43.199 1:42.554 2:02.769 7
8 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:43.604 1:43.126 2:02.939 8
9 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:43.834 1:43.320 2:04.933 9
10 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:42.805 1:42.191 No Time 17 1
11 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:44.221 1:43.844 10
12 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:44.153 1:43.865 11
13 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:43.654 1:44.062 12
14 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:43.846 1:44.301 13
15 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:44.145 No Time 18 2
16 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 1:44.489 19 3
17 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:44.917 14
18 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:44.998 15
19 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:45.134 16
20 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:45.307 20 4
107% time: 1:49.766
ソース:[15]
追記
  • ^1 - ボッタスはFP1で規定を超えるパワーユニット交換(4基目のエンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-H、3基目のMGU-K、バッテリー(ES))を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[16][14]。また、FP3でバンドーンと接触した件について1回目の戒告処分が科されている[17]
  • ^2 - ヒュルケンベルグはFP1で規定を超えるパワーユニット交換(4基目のICE、TC、MGU-H、3基目のMGU-K、ES、電子制御装置(CE))を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[18]。FP3で5基目のTCに交換したが、最後尾グリッドへの降格が決まっているため変動なし[19]
  • ^3 - サインツは予選終了後に規定を超えるパワーユニット交換(4基目のICE、TC、MGU-H、3基目のMGU-K、ES、CE)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[20]
  • ^4 - バンドーンは予選終了後に規定を超えるパワーユニット交換(4基目のICE、TC、MGU-H、3基目のMGU-K、ES、CE)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[21]

決勝[編集]

2018年8月26日 15:10 CEST(UTC+2)

セバスチャン・ベッテルが1周目のケメルストレートでルイス・ハミルトンを抜いてから最後まで首位を譲らず、今シーズン5勝目を挙げ、通算52勝目はアラン・プロストを抜いて歴代単独3位となった。ハミルトンは2位に入り、ベッテルとの差は17点に縮まった。母親の祖国凱旋レースとなったマックス・フェルスタッペンが3位表彰台、バルテリ・ボッタスは後方からの追い上げで4位、新生フォース・インディアセルジオ・ペレスが5位、エステバン・オコンが6位とダブル入賞を果たし、初戦でコンストラクターズランキング最下位を脱した。トロ・ロッソ勢はピエール・ガスリーが9位入賞、ブレンドン・ハートレイは14位完走だった。

スタート直後にニコ・ヒュルケンベルグがブレーキングミスからフェルナンド・アロンソに追突し、アロンソのマシンは大きく宙を舞ってシャルル・ルクレールを巻き込みながら大破し、アロンソとルクレールをリタイアさせたうえ、ヒュルケンベルグ自身と共に3台揃ってリタイア。この際にルクレールのマシンのHalo[22]が損傷しながらもルクレール自身は無傷だったことから、今シーズンから義務化されたHaloの効果を実証する形になった(巻き添えを食らった当事者であるアロンソは「証明するまでもなく、Haloが装着されているのはよいことだ」、ニコ・ロズベルグは「Haloに関する議論はこれで終わり」とコメントした)。更にこの一件はキミ・ライコネンダニエル・リカルドにも波及し、両者ともマシンにダメージを受けてリタイアとなり、バルテリ・ボッタスセルゲイ・シロトキンもその多重クラッシュに巻き込まれてボッタスはシロトキンに接触、その責任を問われ5秒加算ペナルティを受ける。この件でヒュルケンベルグに次戦イタリアGPで10グリッド降格ペナルティが科せられた。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 44 1:23:34.476 2 25
2 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 44 +11.061 1 18
3 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 44 +31.372 7 15
4 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 44 +1:08.6052 17 12
5 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 44 +1:11.023 4 10
6 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 44 +1:19.520 3 8
7 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 44 +1:25.953 5 6
8 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 44 +1:27.639 9 4
9 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 44 +1:45.892 10 2
10 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 43 +1 Lap 13 1
11 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 43 +1 Lap 19
12 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 43 +1 Lap 15
13 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 43 +1 Lap 16
14 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 43 +1 Lap 11
15 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 43 +1 Lap 20
Ret 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 28 接触ダメージ 8
Ret 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 8 接触ダメージ 6
Ret 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 0 接触 12
Ret 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 0 接触 14
Ret 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 0 接触 18 1
ソース:[23]
ファステストラップ[24]
ラップリーダー[25]
追記
  • ^1 - ヒュンケンベルグは、1コーナーでのアロンソへの追突を引き金に発生した多重事故の責任を問われ、次戦10グリッド降格ペナルティにペナルティポイント3点を加算された[26](合計4点)。6年前の同じGPで同じようなアクシデントを誘発したとして1戦出場停止処分を受けたロマン・グロージャンの場合、スタート直後の事故や他者との接触を繰り返していたうえに当時はペナルティポイント制度が無かったことから、今回のケースとは比較できないとスチュワードは説明している[26]
  • ^2 - ボッタスは1周目の多重事故の際にセルゲイ・シロトキンと接触し、その責任を問われ5秒加算ペナルティ(順位変動なし)とペナルティポイント2点が科された[27](合計4点)。

第13戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Belgium”. The Official F1 Website. 2018年8月25日閲覧。
  2. ^ F1第13戦ベルギーGP全20人のタイヤ選択:マクラーレンがソフトタイヤ重視の大胆なチョイス”. AUTOSPORTweb (2018年8月9日). 2018年8月25日閲覧。
  3. ^ リカルドのルノー移籍が正式発表。サインツの離脱が確定”. AUTOSPORTweb (2018年8月3日). 2018年8月25日閲覧。
  4. ^ 消滅危機のフォース・インディアF1をストロール父が救済。チームは新オーナーのもと、活動継続へ”. AUTOSPORTweb (2018年8月8日). 2018年8月25日閲覧。
  5. ^ フェルナンド・アロンソが事実上のF1引退を発表。2019年はF1に参戦せず”. AUTOSPORTweb (2018年8月15日). 2018年8月25日閲覧。
  6. ^ マクラーレンF1、サインツJr.との複数年契約を発表。チームメイトは明らかにされず”. AUTOSPORTweb (2018年8月16日). 2018年8月25日閲覧。
  7. ^ ピエール・ガスリー 「レッドブル加入の連絡を受けてプールに飛び込んだ」”. F1-Gate.com (2018年8月22日). 2018年8月25日閲覧。
  8. ^ レーシングポイント、フォースインディアの資産のみを”. F1-Gate.com (2018年8月24日). 2018年8月25日閲覧。
  9. ^ 新生“レーシング・ポイント・フォース・インディア”のF1参戦が承認。チーム譲渡により前半戦のポイントは取り消しに”. AUTOSPORTweb (2018年8月24日). 2018年8月25日閲覧。
  10. ^ F1、2019年から試験的にバジェットキャップ制度を導入。正式な制度化は2021年から”. AUTOSPORTweb (2018年8月24日). 2018年8月25日閲覧。
  11. ^ マクラーレンの候補ノリスがFP1にデビュー「F1に乗れる貴重な機会にしっかり力を示せたと思う」:ベルギーGP金曜”. AUTOSPORTweb (2018年8月25日). 2018年8月25日閲覧。
  12. ^ Entry List”. FIA (2018年8月23日). 2018年8月25日閲覧。
  13. ^ F1ベルギーGP FP1:ベッテルがトップも上位チームは三つ巴、トロロッソ・ホンダのガスリーは11番手”. AUTOSPORTweb (2018年8月24日). 2018年8月25日閲覧。
  14. ^ a b ボッタス、スパでアップグレード版PU投入。最後尾からのスタートへ”. motorsport.com (2018年8月25日). 2018年8月26日閲覧。
  15. ^ FORMULA 1 2018 JOHNNIE WALKER BELGIAN GRAND PRIX - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年8月25日). 2018年8月26日閲覧。
  16. ^ Stewards Decision Doc8 - V.Bottas”. FIA (2018年8月24日). 2018年8月26日閲覧。
  17. ^ Offence Doc 23 - V.Bottas”. FIA (2018年8月25日). 2018年8月26日閲覧。
  18. ^ Stewards Decision Doc7 - N.Hulkenberg”. FIA (2018年8月24日). 2018年8月26日閲覧。
  19. ^ Offence Doc 17 - N.Hulkenberg”. FIA (2018年8月25日). 2018年8月26日閲覧。
  20. ^ Offence Doc 30 - C.Sainz”. FIA (2018年8月26日). 2018年8月26日閲覧。
  21. ^ Offence Doc 31- S.Vandoorne”. FIA (2018年8月26日). 2018年8月26日閲覧。
  22. ^ Halo, コックピット上部に装着する頭部保護パーツ。詳しくは2018年のF1世界選手権を参照。
  23. ^ FORMULA 1 2018 JOHNNIE WALKER BELGIAN GRAND PRIX - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年8月26日). 2018年8月27日閲覧。
  24. ^ FORMULA 1 2018 JOHNNIE WALKER BELGIAN GRAND PRIX - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年8月26日). 2018年8月27日閲覧。
  25. ^ Lap Chart”. FIA (2018年8月26日). 2018年8月27日閲覧。
  26. ^ a b 甘い? ヒュルケンベルグへの裁定基準「2012年とは状況が違う」とF1側説明”. motorsport.com (2018年8月28日). 2018年8月28日閲覧。
  27. ^ Offence Doc40 - V.Bottas”. fia.com (2018年8月26日). 2018年8月27日閲覧。
前戦
2018年ハンガリーグランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
次戦
2018年イタリアグランプリ
前回開催
2017年ベルギーグランプリ
ベルギーの旗 ベルギーグランプリ次回開催
2019年ベルギーグランプリ