2015年シンガポールグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シンガポールの旗 2015年シンガポールグランプリ
レース詳細
Singapore street circuit v3.svg
日程 2015年シーズン第13戦
決勝開催日 9月20日
開催地 シンガポール市街地コース
シンガポール
コース長 5.065km
レース距離 61周(308.965km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:43.885
ファステストラップ
ドライバー オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド
タイム 1:50.041(Lap 52)
決勝順位
優勝
2位
3位

2015年シンガポールグランプリは、2015年のF1世界選手権第13戦として、2015年9月20日シンガポール市街地コースで開催された。

レース前[編集]

マノー・マルシャF1チームは、ロベルト・メリに代わってアレクサンダー・ロッシをレースドライバーに起用することを発表した[1]。ロッシはこれがF1デビュー戦となる。

予選[編集]

セバスチャン・ベッテルが今シーズン初のポールポジションを獲得した(ベッテルは2年ぶり、フェラーリは3年ぶり)。一方、前戦までポールポジションを独占し続けてきたメルセデスルイス・ハミルトンが5位、ニコ・ロズベルグが6位に沈み、連続ポールポジション記録が23でストップした。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:46.017 1:44.743 1:43.885 1
2 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブルルノー 1:46.166 1:45.291 1:44.428 2
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:46.467 1:45.140 1:44.667 3
4 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト レッドブルルノー 1:45.340 1:44.979 1:44.745 4
5 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:45.765 1:45.650 1:45.300 5
6 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:46.201 1:45.653 1:45.415 6
7 77 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:46.231 1:45.887 1:45.676 7
8 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン トロロッソルノー 1:46.483 1:45.635 1:45.798 8
9 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:46.879 1:45.701 1:46.077 9
10 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスメルセデス 1:46.860 1:45.805 1:46.413 10
11 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:46.669 1:46.305 11
12 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレンホンダ 1:46.600 1:46.328 12
13 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:46.576 1:46.385 13
14 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロロッソルノー 1:46.465 1:46.894 14
15 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンホンダ 1:45.891 1:47.019 15
16 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバーフェラーリ 1:46.965 16
17 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバーフェラーリ 1:47.088 17
18 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスメルセデス 1:47.323 18
19 28 イギリスの旗 ウィル・スティーブンス マルシャフェラーリ 1:51.021 191
20 53 アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ マルシャフェラーリ 1:51.523 201
107% time: 1:52.713
ソース[2]
追記

決勝[編集]

セバスチャン・ベッテルが一度も首位の座を明け渡さず、ポール・トゥ・ウィンで今シーズン3勝目(通算42勝でアイルトン・セナを上回り歴代3位)を飾った。ポイントリーダーのルイス・ハミルトンはマシントラブルで今シーズン初のリタイア。37周目、コース上に観客が乱入したためセーフティカーが導入される事態となった[4]

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 61 2:01:22.118 1 25
2 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブルルノー 61 +1.478 2 18
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 61 +17.154 3 15
4 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 61 +24.720 6 12
5 77 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 61 +34.204 7 10
6 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト レッドブルルノー 61 +35.508 4 8
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 61 +50.836 13 6
8 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン トロロッソルノー 61 +51.450 8 4
9 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロロッソルノー 61 +52.860 14 2
10 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバーフェラーリ 61 +1:30.045 16 1
11 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバーフェラーリ 61 +1:37.507 17
12 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスメルセデス 61 +1:37.718 18
13 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスメルセデス 59 ギアボックス 10
14 53 アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ マルシャフェラーリ 59 +2 Laps 20
15 28 イギリスの旗 ウィル・スティーブンス マルシャフェラーリ 59 +2 Laps 19
Ret 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンホンダ 52 ギアボックス 15
Ret 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレンホンダ 33 ギアボックス 12
Ret 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 32 メタルクランプ[5] 5
Ret 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 30 ギアボックス 9
Ret1 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 12 接触 11
ソース[6]
ファステストラップ
ラップリーダー
追記

第13戦終了時点でのランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

  1. ^ “マノー・マルシャ、シンガポールからロッシを起用”. ESPN F1. (2015年9月17日). http://ja.espnf1.com/f1/motorsport/story/207569.html 2015年9月21日閲覧。 
  2. ^ Qualifying(2015 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX)”. The Official F1 Website (2015年9月19日). 2015年9月21日閲覧。
  3. ^ Official Starting Grid”. FIA (2015年9月20日). 2015年9月21日閲覧。
  4. ^ レース中にファンが侵入しセーフティカー導入!”. ESPN F1 (2015年9月20日). 2015年9月21日閲覧。
  5. ^ ハミルトンのリタイアはクランプ破損が原因”. ESPN F1 (2015年9月21日). 2015年9月22日閲覧。
  6. ^ Race(2015 FORMULA 1 SINGAPORE AIRLINES SINGAPORE GRAND PRIX)”. The Official F1 Website (2015年9月20日). 2015年9月21日閲覧。
  7. ^ ペナルティに納得がいかないヒュルケンベルグ”. ESPN F1 (2015年9月21日). 2015年9月21日閲覧。
  8. ^ 20.09 - Stewards Decision Doc37 - N.Hulkenberg”. FIA (2015年9月20日). 2015年9月21日閲覧。
前戦
2015年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
2015年シーズン
次戦
2015年日本グランプリ
前回開催
2014年シンガポールグランプリ
シンガポールの旗 シンガポールグランプリ 次回開催
2016年シンガポールグランプリ