マルシャF1チーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルシャ
エントリー名 Manor Marussia F1 Team
チーム国籍 イギリスの旗 イギリス
※2012-2014年はロシアの旗 ロシア
チーム本拠地 イギリスの旗 イギリス ディニントン
チーム代表者 ジョン・アルフレッド・ブース
テクニカルディレクター ジョン・マッキラム
2015年のF1世界選手権
ドライバー 28.イギリスの旗 ウィル・スティーブンス
98.スペインの旗 ロベルト・メリ
テストドライバー イギリスの旗 ジョーダン・キング
シャーシ MR03B[1]
エンジン フェラーリ 059/3[1]
タイヤ ピレリ
F1世界選手権におけるチーム履歴
参戦年度 2012 -
出走回数 55 (109台)
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズ
タイトル
0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 2
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 2012年オーストラリアGP
2014年順位 9位 (2pts)
( ※ : 記録は2014年アブダビグランプリ終了時 )
テンプレートを表示

マノー・マルシャF1チーム (: Manor Marussia F1 Team) は、2012年のF1世界選手権より参戦しているイギリスF1コンストラクター。2010年のF1世界選手権より参戦していたヴァージン・レーシングマルシャ・モーターズにチーム株式を売却し、2011年マルシャ・ヴァージン・レーシング (: Marussia Virgin Racing) 、2012年から2014年マルシャF1チーム (: Marussia F1 Team)という名称で参戦していた。

概要[編集]

元のチームはヴァージン・レーシング時代と同様にチーム代表者であるジョン・アルフレッド・ブースが1990年に設立した「マノー」が起源となる。 彼が2010年よりヴァージン・グループリチャード・ブランソンがマノーのチーム株式を買収してタイトルスポンサーの使用権を獲得したことによりチーム名を「ヴァージン・レーシング」としてF1チームを立ち上げた後、同年11月11日には今度はロシアの自動車会社であるマルシャ・モーターズがヴァージンからチーム株式の一部を買収した事で2011年シーズンより「マルシャ・ヴァージン・レーシング」としてエントリーした[2][3]。 この結果、経営陣も再編され昨年の3月までフォース・インディアに在籍していたイアン・フィリップスCOOとして就任。その他にニコライ・フォメンコ取締役最高経営責任者にマルシャからアンディ・ウェッブ会長グレイム・ロードンが就任した[4]。 また、マルシャとの提携によってチーム国籍がイギリスからロシアへ変更され[5]、2011年11月にチーム名も「マルシャ・レーシング」に変更した。

2014年10月、資金難のため管財人の管理下に置かれ、終盤3戦を欠場するなどチーム消滅の危機に陥ったが、投資家の手により再建[6]。チーム名は「マノー・マルシャF1チーム」に、チーム国籍もイギリスに変更された。

マルシャ・ヴァージン・レーシング[編集]

2011年[編集]

ヴァージン・レーシング時代よりCFDのみを使用したマシン開発を特色としており、コンストラクターズタイトル12位と最下位だったことから上位進出を向けてCFD施設の拡張を計画するなど1年目のマシン開発方法を強化する方向性だったが、完成したマシンMVR-02でも前年度のマシン戦闘力とほぼ変わらない状況が続き、6月にテクニカルディレクターニック・ワースを解雇した[7]。 CFDだけに頼らず風洞も使用する通常のマシン開発方法を取るよう方針転換し、さらにマクラーレンとの技術提携を行うことを決定した[8]

この年もコンストラクターズランキング12位で終えた。また、同年11月にチーム名を「マルシャF1チーム」、コンストラクター名は「マルシャ」に変更することがになったため[9]、翌シーズンよりマルシャF1チームとして活動する。

マルシャF1チーム[編集]

2012年[編集]

マルシャは技術コンサルタントとして元ルノーのテクニカルディレクターのパット・シモンズを迎え入れた[10]。また、新車マルシャ・MR01を発表したが、このマシンは2012年に発表されたF1マシンで唯一KERSを搭載を予定していないマシンとなった[11][12]。 レースは前年度より実質のライバルチームであるHRTを大きく引き離した速さとマシンの信頼性を持つようになり、グロックが第6戦モナコGPまで6戦連続で完走を果たした。 第8戦ヨーロッパGPではグロックが腸閉塞のため欠場した。 7月3日ダックスフォード飛行場の滑走路でテスト走行を行うマリア・デ・ヴィロタが駆るMR01が原因不明の暴走をしてトラックに突っ込む事故を起こした[13]。これにより、デ・ヴィロタは右目を失う重傷を負った[14]。 その後グロックが第14戦シンガポールグランプリで12位を獲得。この結果により、ライバルであるケータハムとHRTより上のコンストラクターズタイトル10位となった。 しかし最終戦のブラジルグランプリにて、シャルル・ピックが12位を獲得するものの、ケータハムのヴィタリー・ペトロフが11位を獲得したため、ケータハムがコンストラクターズで10位を獲得し、マルシャは11位となった。

2013年[編集]

2012年12月18日、マルシャはマックス・チルトンと契約したことを発表した。 また商業的な理由により、ティモ・グロックがチームを離脱し、ルイス・ラジアがその席に座ることになった。 しかし、スポンサーの問題によりジュール・ビアンキにその席を変わることになった。 2013年3月14日、チームはルドルフ・ゴンザレスとリザーブドライバーとして契約したことを発表した。

2013年シーズンの初戦であるオーストラリアグランプリでは、予選でライバルであるケータハムより上位になり、 第2戦のマレーシアではビアンキは13位となった。 しかし年間を通して、予選ではケータハムと下位を争い、最後尾グリッドのことも多かった。 このためポイントは獲得できなかったが、車の信頼性が良かったため、年間コンストラクターズタイトルで10位を獲得した(ライバルのケータハムは11位)。 マックス・チルトンはルーキードライバーとして初めて全戦完走した。

マルシャF1チームのピットガレージ前にて。左から2番目の人物が代表者のジョン・ブース。

2014年[編集]

コスワースが2013年まででF1から撤退するため、マルシャは2014年シーズンのエンジンとしてフェラーリエンジンと契約した。 ドライバーはジュール・ビアンキマックス・チルトンの2名共残留した [15] [16]。前年度まで最下位争いをしていたケータハムに対して開幕戦よりアドバンテージを築き上げている事が伺えており、チルトンは開幕戦オーストラリアGP第3戦バーレーンGPで共に13位完走した。第6戦モナコGPにてビアンキが9位入賞を果たし、チーム共に初入賞となった。

しかし、第15戦日本GPでの42周目のダンロップコーナーにて、直前にクラッシュしたザウバーエイドリアン・スーティルの駆るマシンを撤去しようとしていたクレーン車にビアンキのマシンが衝突し、ビアンキは意識不明の重体となってしまった(翌年7月17日、意識を回復しないまま死去[17])。またチームの資金難も深刻化していたため、次戦のロシアGPこそチルトンが出場したものの、第17戦アメリカGPを前にチームが破産申請を行い[18]、残る3戦を欠場した。

マノー・マルシャF1チーム[編集]

2015年[編集]

ドライバー、マシン、そして資金の三重苦を味わったマルシャだが「チーム名にマルシャを入れること」を条件に「マノー・マルシャF1チーム」として復活(チームの国籍はロシアから本拠地のイギリスに戻る)。マシンは2014年度のものを2015年ルールに合わせて改定し参戦。ドライバーにウィル・スティーブンスロベルト・メリを迎え、パドックにすべてのメンバーが集結した。ただしメリは1戦ごとの契約で[19]、他にペイドライバーが現れれば交代するという取り決めが公表されている[20]。 ドライバー・スタッフを再集結、各種設備を競売で取り戻し奇跡とも言える復活を遂げたチームだったが、開幕戦オーストラリアGPはマシンを走らせるのに必要なソフトウェアが一括削除されており、エンジンを始動できず欠場することとなった[21]。これに対してはFIAの調査を受ける事態にまで発展し[22]バーニー・エクレストンの怒りを買った[23]

第2戦からは問題を解決し予選にも出走したが、スティーブンスは燃料系トラブルでノータイム・さらにメリはQ1トップタイムのルイス・ハミルトンが出したタイムに0.4秒及ばず107%以内のタイムを記録できず、両者揃って107%ルールに抵触[24]。どうにか出走許可は下りたもののスティーブンスは出走できずメリのみ最後尾からスタートしたが、トップチームはおろか中堅チームにも全くペースが追い付かず何度も青旗が振られる姿が捉えられていた。また、このレースにおいてメリのみが出走したことについて、「1台出走は戦略によるもので、マノー・マルシャは前年度の賞金が目当てで参戦しているのだろう」などと新聞に叩かれる一幕もあった[25]

その後は何とか107%ルールに抵触しないタイムは出すもののQ1落ちが定位置になり、決勝も周回遅れにされるシーンのみが国際映像に映るばかりでかろうじて完走するだけのレースが続く。両ドライバーもこの現状に対し憂慮しており、ついには「ポイントを獲得できる状況ではない」「まずはタイムロスを少なくするのが目標」(スティーブンス)[26]、「チームメイトを倒すのが目標」「残りの人たちとは戦う手段がない」(メリ)[27]などと言い出す始末であった。

戦績[編集]

(記録は2014年終了時)

シャーシ エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ポイント ランキング
2012年 マルシャ・MR01 コスワース CA2012 V8 P AUS MAL CHN BHR ESP MON CAN EUR GBR GER HUN BEL ITA SIN JPN KOR IND ABU USA BRA 0 11位
ドイツの旗 ティモ・グロック 14 17 19 19 18 14 Ret DNS 18 22 21 15 17 12 16 18 20 14 19 16
フランスの旗 シャルル・ピック 15 20 20 Ret Ret Ret 20 15 19 20 20 16 16 16 Ret 19 19 Ret 20 12
2013年 マルシャ・MR02 コスワース CA2013 V8 P AUS MAL CHN BHR ESP MON CAN GBR GER HUN BEL ITA SIN KOR JPN IND ABU USA BRA 0 10位
フランスの旗 ジュール・ビアンキ 15 13 15 19 18 Ret 17 16 Ret 16 18 19 18 16 Ret 18 20 18 17
イギリスの旗 マックス・チルトン 17 16 17 20 19 14 19 17 19 17 19 20 17 17 19 17 21 21 19
2014年 マルシャ・MR03 フェラーリ 059/3 V6 ターボ P AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
BHR
バーレーンの旗
CHN
中華人民共和国の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
RUS
ロシアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2 9位
イギリスの旗 マックス・チルトン 13 15 13 19 19 14 Ret 17 16 17 16 16 Ret 17 18 Ret
フランスの旗 ジュール・ビアンキ NC Ret 16 17 18 9 Ret 15 14 15 15 18 18 16 20

完走扱い(レース距離の90%以上走行のため)。 NC は、フィニッシュしたものの周回数が90%未満である為、F1レギュレーション上におけるリタイア扱いを表す。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b “マノー・マルシャ車がクラッシュテストに合格”. (2015年3月6日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/193529.html 2015年4月15日閲覧。 
  2. ^ “ヴァージン、マルシャへの株式売却を正式発表”. F1-Gate.com. (2010年11月11日). http://f1-gate.com/virgin/f1_9938.html 2010年11月11日閲覧。 
  3. ^ “Marussia Virgin Racing”. Virgin Racing. (2010年11月11日). http://www.virginracing.com/news/220/ 2010年11月11日閲覧。 
  4. ^ “ヴァージンが経営陣を再編”. ESPN F1. (2011年2月2日). http://ja.espnf1.com/virgin/motorsport/story/39706.html 2011年2月2日閲覧。 
  5. ^ “ヴァージン、2011年はロシアのライセンスでF1参戦”. F1 Gate.com. (2011年2月4日). http://f1-gate.com/virgin/f1_10636.html 2011年2月4日閲覧。 
  6. ^ “マノー・マルシャ 「ここにいるのはジュール・ビアンキのおかげ」”. F1-Gate.com. (2015年3月20日). http://f1-gate.com/manor/f1_26643.html 2015年4月3日閲覧。 
  7. ^ “ヴァージン、ニック・ワースを解雇”. F1-Gate.com. (2011年6月2日). http://f1-gate.com/virgin/f1_11926.html 2012年1月11日閲覧。 
  8. ^ “ヴァージン、マクラーレンとの技術提携を発表”. F1-Gate.com. (2011年7月5日). http://f1-gate.com/virgin/f1_12224.html 2012年1月11日閲覧。 
  9. ^ “2012 FIA Formula One World Championship Entry List”. FIA. (2011年11月30日). http://www.fia.com/en-GB/mediacentre/pressreleases/f1releases/2011/Pages/f1-entry-2012.aspx 2011年11月30日閲覧。 
  10. ^ “マルシャ新車はパット・シモンズがデザインを指揮”. AS-web. (2011年12月8日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=38147 2012年7月15日閲覧。 
  11. ^ “マルシャ MR01、KERS非搭載を決定”. F1 Gate.com. (2012年1月28日). http://f1-gate.com/marussia/f1_14124.html 2012年7月15日閲覧。 
  12. ^ 但し、HRTF112もKERS搭載を見込んだマシンであるものの、2012年度中に搭載するのは難しいと言われている。
  13. ^ “デ・ヴィロタ テスト中の事故で負傷”. GPUpdate.net. (2012年7月3日). http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/280828/ 2012年7月15日閲覧。 
  14. ^ “デ・ヴィロタ 右目を失う”. GPUpdate.net. (2012年7月5日). http://www.gpupdate.net/ja/f1-news/280897/ 2012年7月15日閲覧。 
  15. ^ “マルシャ、来季のビアンキ残留を発表”. ESPN F1. (2013年10月3日). http://ja.espnf1.com/marussia/motorsport/story/127537.html 2013年10月3日閲覧。 
  16. ^ “マルシャ、チルトン残留を正式に発表”. ESPN F1. (2014年1月12日). http://ja.espnf1.com/marussia/motorsport/story/141479.html 2014年1月12日閲覧。 
  17. ^ ビアンキが永眠、享年25”. ESPN F1. 2015年7月18日閲覧。
  18. ^ マルシャが破産申請 ケータハムと共にF1アメリカGPを欠場へ - Autoblog日本版・2014年10月29日
  19. ^ “シートを維持したメルヒ”. ESPN F1. (2015年5月19日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/199813.html 2015年4月15日閲覧。 
  20. ^ メリ自身には個人スポンサーが無いことを本人が明言している。そのため資金面が苦しいマノー・マルシャは資金力のあるドライバーを欲しており、またメリに対してもシートマネーを要求している。“メルヒ、シート維持にはスポンサーが必要”. ESPN F1. (2015年3月11日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/193971.html 2015年4月15日閲覧。 
  21. ^ “マノー・マルシャの予選欠席は「お咎めなし」”. ESPN F1. (2015年3月15日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/194691.html 2015年4月15日閲覧。 
  22. ^ “予選欠席の説明を求められたマノー・マルシャ”. ESPN F1. (2015年3月14日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/194557.html 2015年8月6日閲覧。 
  23. ^ “マノー・マルシャに輸送費を求めるエクレストン”. ESPN F1. (2015年3月16日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/194877.html 2015年8月6日閲覧。 
  24. ^ “FIA、マノー・マルシャの出走を許可”. ESPN F1. (2015年3月28日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/195957.html 2015年8月6日閲覧。 
  25. ^ “マノー・マルシャの1台体制は意図的なもの?”. ESPN F1. (2015年4月2日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/196477.html 2015年8月6日閲覧。 
  26. ^ “スティーブンス、「タイムロスを最大限に抑えるのが重要」”. ESPN F1. (2015年8月5日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/205317.html 2015年8月6日閲覧。 
  27. ^ “メルヒ、シート維持にはスポンサーが必要”. ESPN F1. (2015年3月11日). http://ja.espnf1.com/manor/motorsport/story/193971.html 2015年4月15日閲覧。 

外部リンク[編集]