2016年イギリスグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリスの旗 2016年イギリスグランプリ
レース詳細
Silverstone circuit.svg
日程 2016年シーズン第10戦
決勝開催日 7月10日
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリス シルバーストン
コース長 5.891km
レース距離 52周(306.291km)
決勝日天候 曇のち晴(ウエット→ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:29.287
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
タイム 1:35.548(Lap 44)
決勝順位
優勝
2位
3位

2016年イギリスグランプリは、2016年のF1世界選手権第10戦として、2016年7月10日シルバーストン・サーキットで開催された。

レース前[編集]

ピレリはシルバーストンにハード、ミディアム、ソフトという最も硬い3種類のコンパウンドを持ち込んだ[1]

フェラーリキミ・ライコネンとの契約を2017年まで延長したことを正式発表した[2]

フリー走行[編集]

2016年7月8日金曜日

1回目(FP1)
午前は気温16度、路面温度18度と肌寒いコンディションで行われた。このセッションのみルノーケビン・マグヌッセンに代わりサード兼リザーブドライバーのエステバン・オコンが、ハースエステバン・グティエレスに代わりフェラーリ・ドライバー・アカデミーの一員でGP3に参戦中のシャルル・ルクレールが参加した。開発中のコクピット保護システム「ハロ2」(チタン製)を装着し実走テストを行ったセバスチャン・ベッテルがセッション終了直前にギアボックストラブルを訴え、チェッカーフラッグを受けずピットインし不安を残した。トップタイムはルイス・ハミルトン(1:31.654)。
2回目(FP2)
午後は気温21度、路面温度36度に上昇。開始15分、ダニール・クビアトが最終コーナーで単独スピンしフロントウイングを破損。ニコ・ロズベルグはマシントラブルにより1周も走れないままセッションを終えた。トップタイムはFP1に続きハミルトン(1:31.660)が記録しメルセデス勢で明暗が別れる形となった。

2016年7月9日土曜日

3回目(FP3)
気温17度、路面温度19度。セッション開始前に雨が降った影響でハーフウエット状態で開始された。このため序盤は雨用タイヤで走行したが、開始15分頃には徐々に路面が乾きだしたため、各車ドライ用タイヤに履き替えていく。残り20分にマーカス・エリクソンがターン15の出口でスピンしてタイヤバリアに激しく激突しマシンが大破、赤旗中断となる。エリクソンは無事にマシンを降りたが、メディカルチェックを受けるため予選出走を見合わせることになった。再開後、ハミルトンが1:30.904で最速タイムを更新、全セッションでトップとなった。ベッテルは無線でギアボックスの問題が再発したと訴え、セッション終了後にギアボックスを交換し5グリッド降格が確定した。

予選[編集]

2016年7月9日(土曜日) 天候:曇(ドライ)

Q1
気温20度、路面25度。FP3でクラッシュし出走を見合わせたマーカス・エリクソンを除く21台でスタート。ニコ・ロズベルグがトップタイム。
Q2
気温20度、路面26度。ルイス・ハミルトンが2位ロズベルグに0.727秒差を付けた。最終アタックでフェルナンド・アロンソが10位以内に入りQ3に進出。
Q3
気温21度、路面27度。ハミルトンの最初のアタックは9コーナーのトラックリミット違反のためタイムを抹消されたものの、2度目のアタックでトップに立ちポールポジションを獲得した。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:30.739 1:29.243 1:29.287 1
2 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:30.724 1:29.970 1:29.606 2
3 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:31.305 1:30.697 1:30.313 3
4 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:31.684 1:31.319 1:30.618 4
5 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:31.326 1:31.385 1:30.881 5
6 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:31.606 1:30.711 1:31.490 111
7 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:31.913 1:31.478 1:31.557 6
8 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:32.115 1:31.708 1:31.989 7
9 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:32.349 1:31.770 1:32.172 8
10 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:32.281 1:31.740 1:32.343 9
11 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:32.336 1:31.875 10
12 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:32.146 1:32.002 12
13 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:32.283 1:32.050 13
14 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:32.237 1:32.241 14
15 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:32.553 1:32.306 15
16 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:32.729 1:37.060 16
17 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:32.788 17
18 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 1:32.905 18
19 88 インドネシアの旗 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:33.098 19
20 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:33.151 20
21 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:33.544 21
107% time: 1:37.074
NC 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ no time PL2
ソース[3]
追記
  • ^1 - ベッテルは予選前にギアボックスを交換したため5グリッド降格[4]
  • ^2 - エリクソンはFP3でのクラッシュにより予選に出場できず、日曜午前のメディカルチェックで決勝出走を許可された。マシンもダメージを負いスペアシャシーに交換したため、ピットレーンからスタートとなる[5]

決勝[編集]

2016年7月10日日曜日

経過[編集]

レース直前に降った雨のためウエットコンディションとなりセーフティカー先導でスタートしたものの、ルイス・ハミルトンがポールを譲らず快勝した。

レース中盤以降はマックス・フェルスタッペンニコ・ロズベルグのオーバーテイクが観衆を沸かせた。残り6周でロズベルグのギアボックスにトラブルが発生、メルセデスチームが無線で「ハミルトンにはギアチェンジを教えないのに、ロズベルグにはそれを教えた」ことで本選後10秒のペナルティを与えられ2位から3位に降格し、ロズベルグとハミルトンのポイント差はついに1となった。前戦とは全く逆の事態を招き、マーク・ウェバーのインタビューにも関わらずロズベルグヘ手厳しいブーイングが浴びせられた。このことについてルイス・ハミルトンは「ニコへのブーイングはやめてあげて[6]」と異例の声明を出した。その一方で表彰式のフェルスタッペンには熱い拍手が与えられていた。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 52 1:34:55.831 1 25
2 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 52 +8.250 3 18
3 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 52 +16.9111 2 15
4 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 52 +26.211 4 12
5 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 52 +1:09.743 5 10
6 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 52 +1:16.941 10 8
7 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 52 +1:17.712 8 6
8 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 52 +1:25.858 7 4
9 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 52 +1:31.6542 11 2
10 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 52 +1:32.600 15 1
11 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 51 +1 Lap 12
12 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 51 +1 Lap 17
13 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 51 +1 Lap 9
14 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 51 +1 Lap 6
15 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 51 +1 Lap 21
16 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 51 +1 Lap 14
17 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 49 ギアボックス[7] 16
Ret 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 37 ギアボックス[7] 18
Ret 88 インドネシアの旗 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 24 スピンオフ[8] 19
Ret 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 17 トランスミッション[9] 13
Ret 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 11 電気系統[10] PL
Ret 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 6 スピンオフ[8] 20
ソース[11]
ファステストラップ[12]
ラップリーダー
追記
  • ^1 - ロズベルグはチームとの無線でのやり取りが「ドライバー・エイド」に該当すると判断されたため、レース後に10秒加算ペナルティが科された。このペナルティにより2位から3位に降格[13]
  • ^2 - ベッテルマッサをコース外へ押し出したため、レース後に5秒加算ペナルティ(順位変動なし)とペナルティポイント2点が科された[14][15]
  • ^† - リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い

第10戦終了時点でのランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

  1. ^ F1イギリスGP:各ドライバーのタイヤ選択. F1-Gate.com(2016年7月6日).
  2. ^ 正式発表:フェラーリが2017年もライコネンと契約。ベッテルとのコンビ継続. AUTOSPORTweb(2016年7月8日).
  3. ^ 2016 FORMULA 1 BRITISH GRAND PRIX - QUALIFYING. The Official F1 Website(2016年7月9日).
  4. ^ セバスチャン・ベッテル、2戦連続でギアボックス交換ペナルティ. F1-Gate.com(2016年7月9日).
  5. ^ エリクソン、イギリスGPへの出走にゴーサイン。ステアリング脱落は問題なし. AUTOSPORTweb(2016年7月10日).
  6. ^ ハミルトン、ロズベルグへのブーイングに不満 www.gpupdate.net
  7. ^ a b 速さが足りなかったルノー. ESPN F1(2016年7月11日).
  8. ^ a b マノー、落胆のダブルリタイア. ESPN F1(2016年7月11日).
  9. ^ デビュー以来、最も厳しい週末を経験したハース. ESPN F1(2016年7月11日).
  10. ^ ザウバー:フェリペ・ナッセが15位完走 / F1イギリスGP. F1-Gate.com(2016年7月11日).
  11. ^ 2016 FORMULA 1 BRITISH GRAND PRIX - RACE RESULT. The Official F1 Website(2016年7月10日).
  12. ^ 2016 FORMULA 1 BRITISH GRAND PRIX - FASTEST LAPS. The Official F1 Website(2016年7月10日).
  13. ^ ロズベルグに10秒ペナルティで3位に降格、ハミルトンへのリードは「1点」に. AUTOSPORTweb(2016年7月11日).
  14. ^ 慌てる必要はないとベッテル. ESPN F1(2016年7月11日).
  15. ^ Stewards Decision Doc44 - S.Vettel”. fia.com (2016年7月10日). 2016年7月11日閲覧。
前戦
2016年オーストリアグランプリ
FIA F1世界選手権
2016年シーズン
次戦
2016年ハンガリーグランプリ
前回開催
2015年イギリスグランプリ
イギリスの旗 イギリスグランプリ次回開催
2017年イギリスグランプリ