ケビン・マグヌッセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ケビン・マグヌッセン
Kevin Magnussen Austria 2016 (cropped).jpg
ケビン・マグヌッセン (2016年)
基本情報
フルネーム ケビン・ヤン・マグヌッセン
略称表記 MAG
国籍 デンマークの旗 デンマーク
出身地 同・ロスキレ
生年月日 1992年10月5日(23歳)
F1での経歴
活動時期 2014,2015,2016-
過去の所属チーム '14,'15 マクラーレン
所属チーム '16 ルノー
車番 20
出走回数 33 (32スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 61
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2014年オーストラリアGP
(記録は2016年第13戦ベルギーGP終了時)
テンプレートを表示

ケビン・ヤン・マグヌッセンKevin Jan Magnussen, 1992年10月5日 - )は、デンマークのレーシングドライバー。 父親は元F1ドライバーのヤン・マグヌッセン

略歴[編集]

カートに乗り始めすぐにその才能を開花させ、フォーミュラ・フォードでシリーズチャンピオンを獲得。

2009年フォーミュラ・ルノーにMotopark Academyより参戦。フォーミュラ・ルノー・ノーザン・ヨーロピアン・カップ ではアントニオ・フェリックス・ダ・コスタに次ぐシリーズ2位、ユーロカップではシリーズ7位で終わる。

2010年からはF3に参戦。ドイツF3選手権にMotopark Academyとカーリンから参戦してシリーズ3位。 2011年イギリスF3にカーリンから参戦し、シリーズ2位を獲得している。

2012年からはフォーミュラ・ルノー3.5に参戦。2年目の2013年には5勝をあげシリーズチャンピオンを獲得する。

F1[編集]

マクラーレン・MP4-29を駆るマグヌッセン。(写真は2014年モナコGP

2010年マクラーレンの育成プログラムに加わった[1]

2012年からはシミュレーターでの作業を行うなど、本格的に開発に関わる様になる。 この年のヤングドライバーテストにてマクラーレンMP4-27をドライブし、最速タイムを記録。これはテストトータルの最速タイムとなった[2]

2013年はサードドライバーとなる。第18戦アメリカGP直前である2013年11月14日に、2014年のレギュラードライバー昇格がマクラーレンから発表された[3]。デンマーク人からF1ドライバーを輩出したのは2003年ミナルディから出走したニコラス・キエーサ以来11年ぶり。

2014年、デビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPでいきなり3位表彰台を獲得。さらに2位だったダニエル・リカルドの失格により2位に繰り上がった。デビュー戦での表彰台は、同じくマクラーレンからデビューした2007年ルイス・ハミルトン以来となる。しかし以後は同僚ジェンソン・バトン共々、表彰台に上がる事は無かった。シーズン終了後、マクラーレンはかつて仲違いした相手だったフェルナンド・アロンソと契約。これにより翌年のレギュラーシートを喪失することになった。

2015年、アロンソがテスト中に大クラッシュに遭い、代役として開幕戦に出走したが、予選最下位・決勝はコースに出た直後にホンダ製パワーユニットが白煙を上げ、決勝を出走できずに終えた。また2015年10月16日にマクラーレンを離脱することが発表された。

2016年ルノーを離脱したパストール・マルドナドに変わって、ルノーから参戦することが2016年2月3日に正式発表された[4]

家族[編集]

父親のヤン・マグヌッセンもマクラーレンからデビューを果たしたため、親子2代にわたりマクラーレンからのF1デビューとなる。また2015年のオーストラリアGPでは、奇しくも父と同じくマクラーレンのテストドライバーの立場から代役出走を果たした[5]

レース戦績[編集]

シリーズ 所属チーム レース 勝利 ポールポジション ファステストラップ 表彰台 ポイント 順位
2008 デンマーク・フォーミュラ・フォード Fukamuni Racing 15 11 6 10 12 267 1st
ベネルクス・フォーミュラ・フォード 2 0 0 0 0 19 19th
フォーミュラ・フォード・フェスティバル (Duratecクラス) 1 0 0 0 0 N/A 7th
ニュージーランド・フォーミュラ・フォード 1 1 1 1 1 27 4th
フォーメル・マスター Van Amersfoort Racing 4 0 0 1 2 30 12th
ポルトガル・フォーミュラ・ジュニア・FR2.0 ウィンターシリーズ Motopark Academy 2 0 0 0 1 12 10th
2009 フォーミュラ・ルノー・ノーザン・ヨーロピアン・カップ Motopark Academy 14 1 2 4 12 278 2nd
ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー 14 0 0 1 1 50 7th
デンマーク・ルノー・クリオ・カップ  ? 2 0 0 0 1 18 12th
2010 ドイツF3 Motopark Academy 18 3 0 0 8 96 3rd
ユーロF3 2 1 0 0 1 8 12th
2011 イギリスF3 Carlin 29 7 6 9 9 237 2nd
マスターズF3 1 0 0 0 0 N/A 14th
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 19th
2012 フォーミュラ・ルノー3.5 Carlin 17 1 3 0 3 106 7th
2013 フォーミュラ・ルノー3.5 DAMS 17 5 8 3 13 274 1st

フォーミュラ・ルノー3.5[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 順位 ポイント
2012年 カーリン・モータースポーツ ALC
1

2
ALC
2

Ret
MON
1

Ret
SPA
1

21
SPA
2

1
NÜR
1

5
NÜR
2

8
MOS
1

16
MOS
2

10
SIL
1

Ret
SIL
2

Ret
HUN
1

2
HUN
2

23
LEC
1

6
LEC
2

24
CAT
1

5
CAT
2

4
7位 106
2013年 DAMS MNZ
1

2
MNZ
2

2
ALC
1

1
ALC
2

9
MON
1

4
SPA
1

1
SPA
2

3
MOS
1

11
MOS
2

2
RBR
1

3
RBR
2

3
HUN
1

2
HUN
2

2
LEC
1

DSQ
LEC
2

1
CAT
1

1
CAT
2

1
1位 274

F1[編集]

チーム  シャシー  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 WDC ポイント
2014年 マクラーレン MP4-29 AUS
2
MAL
9
BHR
Ret
CHN
13
ESP
12
MON
10
CAN
9
AUT
7
GBR
7
GER
9
HUN
12
BEL
12
ITA
10
SIN
10
JPN
14
RUS
5
USA
8
BRA
9
ABU
11
11位 55
2015年 MP4-30 AUS
DNS
MAL CHN BHR ESP MON CAN AUT GBR HUN BEL ITA SIN JPN RUS USA MEX BRA ABU NC 0
2016年 ルノー RS16 AUS
12
BHR
11
CHN
17
RUS
7
ESP
15
MON
Ret
CAN
16
EUR
14
AUT
14
GBR
17
HUN
15
GER
16
BEL
Ret
ITA
-
SIN
-
MAL
-
JPN
-
USA
-
MEX
-
BRA
-
ABU
-
16位* 6*

(key)

  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “ケビン・マグヌッセン、マクラーレンの若手育成プログラムでF1をテスト”. F1-Gate.com. (2012年2月15日). http://f1-gate.com/mclaren/f1_14329.html 2013年12月7日閲覧。 
  2. ^ “ヤングドライバーF1テスト タイムと写真: アブダビ2012年11月6-8日”. F1通信. (2012年11月11日). http://blog.livedoor.jp/markzu/archives/51863734.html 2013年12月7日閲覧。 
  3. ^ “マクラーレン、ケビン・マグヌッセンの起用を正式発表”. F1-Gate.com. (2013年11月15日). http://f1-gate.com/mclaren/f1_21639.html 2013年12月7日閲覧。 
  4. ^ “ルノー、ケビン・マグヌッセンの起用を正式発表”. F1-Gate.com. (2016年2月3日) 
  5. ^ 父・ヤンもかつてマクラーレンのテストドライバーを務めており、デビュー戦は病欠のミカ・ハッキネンの代役での出走だった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]