2018年ロシアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ロシアの旗 2018年ロシアグランプリ
レース詳細
Circuit Sochi.svg
日程 2018年シーズン第16戦
決勝開催日 9月30日
開催地 ソチ・オートドローム
ロシアの旗 ロシア クラスノダール地方 ソチ 
コース 恒久的レース施設および市街地コース
コース長 5.848km
レース距離 53周 (309.745km)
決勝日天候 曇 (ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:31.387
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス
タイム 1:35.861 (50周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2018年ロシアグランプリ (2018 Russian Grand Prix) は、2018年のF1世界選手権第16戦として、2018年9月30日ソチ・オートドロームで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 2018 VTB RUSSIAN GRAND PRIX[1]

レース前[編集]

本レースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ハイパーソフト、ウルトラソフト、1段階スキップしてソフトの3種類[2]

2019年シーズンの動向

エントリーリスト[編集]

マクラーレンフェルナンド・アロンソに代わってランド・ノリスフォース・インディアセルジオ・ペレスに代わってニコラス・ラティフィザウバーマーカス・エリクソンに代わってアントニオ・ジョヴィナッツィルノーカルロス・サインツJr.に代わって地元出身のアルテム・マルケロフをFP1に出走させる[7]

フリー走行[編集]

FP1開始を前に、3チーム5台がパワーユニットの交換を行った。いずれも既にパワーユニットの年間最大基数を超えており15グリッド以上の降格となったため、規定により最後尾グリッドに降格となる。複数のドライバーが該当する場合はペナルティが発生した順にグリッドの最後に配置されるが、5人ともFP1開始前に交換を行ったため、FP1でコースに出て行った順でペナルティが適用される[11]。なお、アロンソはFP1には出走せず、代わりに出走するランド・ノリスが最初にコースへ出ていったため、最初のペナルティ適用はアロンソとなる[12]。以下ダニエル・リカルドマックス・フェルスタッペンピエール・ガスリーブレンドン・ハートレイの順にコースインしている[13]

  • レッドブルは、イタリアGPから同チームのみ投入していたルノーの「スペックC」を「スペックB」に戻すことを決め、2台ともグリッド降格ペナルティを受ける[14]。FP3で2台とも6戦以内のギアボックス交換を行ったため、さらに5グリッド降格となった[15]
  • フェルナンド・アロンソも新しいパワーユニット一式に交換してグリッド降格ペナルティを受ける[11]
  • ホンダは、パフォーマンスと信頼性の両面の向上のために改善を施した「スペック3」を投入。トロ・ロッソの2台もグリッド降格ペナルティを受ける[16]。FP3以降は「スペック3」の使用を断念し、「スペック2」に戻した[17]。これに併せてハートレイは新たに7基目のターボチャージャーとMGU-Hに交換したため、追加でペナルティを受ける[18]

予選[編集]

2018年9月29日 15:00 MSK(UTC+3)

バルテリ・ボッタスオーストリアGP以来、今季2回目のポールポジションを獲得、ルイス・ハミルトンとともにメルセデスフロントローを独占した。フェラーリ勢はメルセデス勢のペースについていくことができず、2列目がやっとだった。ルノー勢は、既にグリッド後方へ降格するレッドブル勢とピエール・ガスリーとともにQ2を走行しなかった。Q3に進出した場合、Q2でベストタイムを出したタイヤで決勝をスタートすることになっているが、R.S.18がタイヤに厳しいマシンであるため、中古のハイパーソフトで決勝をスタートするリスクを避けたかったためとしている[19]

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:32.964 1:32.744 1:31.387 1
2 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:32.410 1:32.595 1:31.532 2
3 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:33.476 1:33.045 1:31.943 3
4 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:33.341 1:33.065 1:32.237 4
5 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:34.078 1:33.747 1:33.181 5
6 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:34.290 1:33.596 1:33.413 6
7 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 1:33.924 1:33.488 1:33.419 7
8 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:34.084 1:33.923 1:33.563 8
9 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:34.022 1:33.517 1:33.704 9
10 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:34.170 1:33.995 1:35.196 10
11 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:33.048 No Time 19 1
12 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:33.247 No Time 18 2
13 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:34.383 No Time 17 3
14 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 1:34.626 No Time 11
15 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:34.655 No Time 12
16 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 1:35.037 20 4
17 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 1:35.504 16 5
18 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 1:35.612 13
19 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 1:35.977 15 6
20 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:36.437 14
107% time: 1:38.878
ソース:[20][21]
追記
  • ^1 - フェルスタッペンは以下のペナルティを受けた。
    • FP1で規定を超えるパワーユニット交換(4基目のエンジン(ICE)、ターボチャージャー(TC)、MGU-H、MGU-K、3基目のバッテリー(ES)、電子制御装置(CE))を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[22][14]
    • FP3で6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[23][24]
    • 予選でイエローフラッグが振られた際に減速しなかったため、3グリッド降格とペナルティポイント2点が加算された(合計7点)[25][24]
  • ^2 - リカルドは以下のペナルティを受けた。
    • FP1で規定を超えるパワーユニット交換(5基目のICE、TC、MGU-H、MGU-K)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[26][14]
    • FP3で6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[27]
  • ^3 - ガスリーはFP1で規定を超えるパワーユニット交換(6基目のICE、TC、MGU-H、5基目のMGU-K)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[28][16]
  • ^4 - ハートレイは以下のペナルティを受けた。
    • FP1で規定を超えるパワーユニット交換(7基目のICE、6基目のTC、MGU-H、MGU-K、4基目のCE)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[29][16]
    • FP3で規定を超えるパワーユニット交換(7基目のTC、MGU-H)を行ったため10グリッド降格[30][31]
  • ^5 - アロンソはFP1で規定を超えるパワーユニット交換(4基目のICE、TC、MGU-H、MGU-K、3基目のES、CE)を行い、降格グリッド数が15を超えたため最後尾グリッドへ降格[32][11]
  • ^6 - バンドーンは決勝前に6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格[33][34]

決勝[編集]

2018年9月30日 14:10 MSK(UTC+3)

ルイス・ハミルトンが3連勝で今シーズン8勝目、バルテリ・ボッタスは2位に終わり、自身が初優勝したコースで2連覇とはならなかったが、メルセデス1-2フィニッシュを果たした。ハミルトンと対するセバスチャン・ベッテルは3位に終わり、ハミルトンに50点差と決定的な差を付けられた。これにより、ハミルトンのワールドチャンピオンがアメリカGPで確定する可能性が浮上することとなり、奇しくも2017年と似た展開になることとなった。また、レース後半の出来事は5年前のマレーシアGPのチームオーダーの一件を彷彿させることとなった。

広告にロシア企業VTB銀行の看板が乱立していた。また恒例の「WHEN YOU DRIVE NEVER DRINK」看板下部にロシア語訳が表示され、ロシア国旗に使用される青色に看板が染め上げられた。

展開[編集]

決勝を前にストフェル・バンドーンが6戦以内のギアボックス交換を行ったため5グリッド降格となり(ただし、パワーユニット交換により最後尾グリッドに降格するドライバーが5人いたため、実際には予選19位から15番グリッドへ繰り上げとなっている)、グリッド降格ペナルティを受けたドライバーは6人に達した[34]

オープニングラップでは上位勢を含めて激しいバトルが展開され、マシン同士の接触が何台か起きたものの、リタイアしたマシンや黄旗が振られる事態にまでは至らず、メルセデスのワンツー体制でレースが始まる。後方ではトロロッソホンダの2台が単独スピン。2台ともわずか4周でレースをリタイアする。そこでピエール・ガスリーはブレーキトラブルによるスピン時の無線で放送禁止用語を使っていた。レース後の発表によれば、ブレーキトラブルが原因でのリタイアであった[35]

レースは、ボッタスを先頭としたメルセデスの2台をフェラーリのベッテルが追いかける展開となる。レース中盤、ボッタスはピットインを終え、これに合わせベッテルがピットイン。ハミルトンもピットインするが、そのタイミングをミス[36]したことが影響し、ベッテルの後ろ、暫定4位で復帰することとなった。ベッテルは一時は抑え込んだものの、ハミルトンに抜き返された。その際、ベッテルは2度にわたってラインを変えたことで審議対象となるがお咎めなしとなった。また、3台がピットインした際、ソフトタイヤでスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が暫定トップとなり、フェルスタッペン-ボッタス-ハミルトン-ベッテルの順でレースは続く。

そんななか、暫定2位のボッタスは暫定トップのフェルスタッペンを攻略できず、ペースが上がらない。ハミルトンはベッテルとのバトルの影響もあり、ブリスターの兆候が表れ始めたうえ、ベッテルを振り切ることもできず、苦しい状況となる。そのため、メルセデスはハミルトンを前に出すようボッタスに指示。一方でフェルスタッペンはペースアップしてタイヤ交換の時間を稼ごうとしたものの、ハミルトンの追撃に敗れ、ピットインに合わせて後退。メルセデスのワンツー体制となり、ベッテルは失速したため、フェラーリとの勝負も決した。そして、チェッカー間際には、ボッタスが意地のファステストラップを叩き出したうえで、チームに無線で「このまま終われってこと?」と暗に尋ね、トト・ヴォルフは「そうだ。後で話そう」[37]とそっけなく、そのままフィニッシュというのが答えであった。

ハミルトンがチームオーダー戦略で今季8勝目を挙げ、メルセデスが1-2フィニッシュを果たした。だが、レース直後のパルクフェルメではボッタスの目に見えて落ち込んでいる姿、ハミルトンは様々な感情が渦巻いていることをうかがわせる姿[38]が映し出された。一方ベッテルもタイトル争いをめぐる状況や場の空気も含め、気まずい表情であり、表彰台への待機室に来たマスコミに対し、テレビカメラにタオルをかけて、2人を庇う一幕もあった。メルセデス陣営はレース前にチームオーダーを出さない可能性も示唆したコメント[39]をしながらのチームオーダー発動となったことも影響し、レース終了直後から気まずい空気が流れ、歓声も少なく、表彰台上のシャンパンファイトも手短に閉められるほどであった。

レース戦略の失敗が目立ち、レギュレーションすれすれのトリック[40]を使っても勝てない今季のフェラーリやチームオーダー発動の一件をめぐる批判に対し、レース後の記念撮影[41]ではトロフィーとドライバーの立場を交換した写真がチームの公式サイトに投稿された。いわば、この件に対するメルセデスの反論とも言うべき写真を示したものの、この時の二人は周りに比べどこか表情が硬く、後味の悪いままGPは閉幕した。 ただ、レース後のインタビューにおいてハミルトンが「この勝利は僕がこれまで獲得した勝利の中で、最も誇りを感じない勝利だ」としてボッタスに同情し、チームの判断による優勝であったとストレートに批判[42]。メルセデス陣営もチーム代表の定例会見に応じ、チームオーダーの打ち合わせをしていなかったことが原因とし、チーム側に責任があると明言した[42]こともあり、感情的な批判は殺到したものの、比較的早く終息した。

この日21歳の誕生日を迎えて19番グリッドからスタートし、一時トップを走行したフェルスタッペンは5位、18番グリッドからスタートしたダニエル・リカルド(レッドブル)は6位。レッドブル勢はパワーユニット交換によるグリッド降格から見事な挽回をみせた。また、フェルスタッペンは2戦連続のドライバー・オブ・ザ・デイに選出されている。

シャルル・ルクレール(ザウバー)は3強(メルセデス、フェラーリ、レッドブル)を除く唯一の同一ラップで7位、以下ケビン・マグヌッセン(ハース)、エステバン・オコンセルジオ・ペレス(フォース・インディア)までがトップ10入りを果たした。予選Q2を走行しない作戦を立てたルノー勢は2台とも入賞圏外に終わった。

今季、残すところあと5戦となり、この段階ではベッテルはハミルトンの前でフィニッシュ且つ彼の順位次第という条件付きではるが、自力でのタイトル獲得の可能性は残った。ハミルトンはベッテルに対し76ポイントの差を付けたらワールドチャンピオンを確定することが可能となり、コンストラクターズタイトルもメルセデスが優位性を確立した状況で日本GPを迎えることとなる。

なお、F1ロシアGPは2014年の初開催以来、同年に行われたレギュレーション大変革でV6ターボ・ハイブリッドパワーユニット時代で強さを見せるメルセデス勢が無敗で5連覇を達成した。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 53 1:27:25.181 2 25
2 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 53 +2.545 1 18
3 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 53 +7.487 3 15
4 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 53 +16.543 4 12
5 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 53 +31.016 19 10
6 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 53 +1:20.451 18 8
7 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール ザウバー-フェラーリ 53 +1:38.390 7 6
8 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 52 +1 Lap 5 4
9 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 52 +1 Lap 6 2
10 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 52 +1 Lap 8 1
11 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 52 +1 Lap 9
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 52 +1 Lap 12
13 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 52 +1 Lap 10
14 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ルノー 52 +1 Lap 16
15 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 52 +1 Lap 14
16 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ルノー 51 +2 Laps 15
17 55 スペインの旗 カルロス・サインツ ルノー 51 +2 Laps 11
18 35 ロシアの旗 セルゲイ・シロトキン ウィリアムズ-メルセデス 51 +2 Laps 13
Ret 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 4 ブレーキ 17
Ret 28 ニュージーランドの旗 ブレンドン・ハートレイ トロ・ロッソ-ホンダ 4 ブレーキ 20
ソース:[43]
ファステストラップ[44]
ラップリーダー[45]

第16戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Russia”. The Official F1 Website. 2018年9月27日閲覧。
  2. ^ F1第16戦ロシアGP全20人のタイヤ選択:トロロッソ・ホンダはハイパーソフトを8セットチョイス”. AUTOSPORTweb (2018年9月19日). 2018年9月27日閲覧。
  3. ^ フェラーリ育成ドライバーのアントニオ・ジョビナッツィ、2019年のザウバーF1入りが正式発表”. AUTOSPORTweb (2018年9月26日). 2018年9月27日閲覧。
  4. ^ ザウバーF1のシートを失うエリクソン、2019年シーズンはサードドライバーとして残留”. AUTOSPORTweb (2018年9月26日). 2018年9月27日閲覧。
  5. ^ ハースF1、グロージャンとマグヌッセンの2019年残留を発表”. AUTOSPORTweb (2018年9月28日). 2018年9月29日閲覧。
  6. ^ トロロッソ・ホンダF1の2019年ドライバーとしてクビアトが正式発表。チームメイトは未定”. AUTOSPORTweb (2018年9月29日). 2018年9月29日閲覧。
  7. ^ a b c d e F1ロシアGP FP1:トップはベッテル、トロロッソ・ホンダのガスリーは新PUのデータを収集し12番手”. AUTOSPORTweb (2018年9月28日). 2018年10月1日閲覧。
  8. ^ Entry List”. FIA (2018年9月27日). 2018年9月27日閲覧。
  9. ^ マクラーレン、ランド・ノリスをF1ロシアGPのFP1に起用”. F1-Gate.com (2018年9月25日). 2018年9月27日閲覧。
  10. ^ ザウバー、アントニオ・ジョビナッツィをF1ロシアGPのFP1に起用”. F1-Gate.com (2018年9月25日). 2018年9月27日閲覧。
  11. ^ a b c フェルナンド・アロンソ、パワーユニット一式を交換してグリッド降格”. F1-Gate.com (2018年9月28日). 2018年9月29日閲覧。
  12. ^ F1ロシアGP フリー走行1回目”. F1-Gate.com (2018年9月28日). 2018年9月29日閲覧。
  13. ^ F1 Topic:最後尾スタートのペナルティが科された5名の決勝スターティンググリッド争い”. AUTOSPORTweb (2018年9月29日). 2018年10月1日閲覧。
  14. ^ a b c マックス・フェルスタッペン 「ルノーのスペックCは高地では走れない」”. F1-Gate.com (2018年9月28日). 2018年9月29日閲覧。
  15. ^ マックス・フェルスタッペン、ギアボックス交換&黄旗無視で最後尾に降格”. F1-Gate.com (2018年9月30日). 2018年10月1日閲覧。
  16. ^ a b c トロロッソ 「ホンダの新しいパワーユニットは全てにおいてポジティブ」”. F1-Gate.com (2018年9月29日). 2018年9月29日閲覧。
  17. ^ ホンダF1、旧型パワーユニットに載せ替え。新スペックに好感触も「さらなる調整を行い万全の態勢で鈴鹿に臨みたい」”. AUTOSPORTweb (2018年9月29日). 2018年10月1日閲覧。
  18. ^ ホンダ田辺TD「旧スペックPUに戻した後もパフォーマンスは悪くない。いいレースを期待」:F1ロシアGP土曜”. AUTOSPORTweb (2018年9月30日). 2018年10月1日閲覧。
  19. ^ ルノーF1、ロシアGPでの予選Q2を走らないという戦略的な決定を擁護”. F1-Gate.com (2018年9月30日). 2018年10月1日閲覧。
  20. ^ FORMULA 1 2018 VTB RUSSIAN GRAND PRIX - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  21. ^ FORMULA 1 2018 VTB RUSSIAN GRAND PRIX - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  22. ^ Stewards Decision Doc9 - M. Verstappen”. FIA (2018年9月28日). 2018年9月30日閲覧。
  23. ^ Offence Doc20 - M. Verstappen”. FIA (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  24. ^ a b フェルスタッペン、追加のペナルティで最後尾スタートの見込み「バースデープレゼントは現実的に考えて5位かな」:F1ロシアGP土曜”. AUTOSPORTweb (2018年9月30日). 2018年9月30日閲覧。
  25. ^ Offence Doc 27 - M. Verstappen”. FIA (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  26. ^ Stewards Decision Doc8 - D. Ricciardo”. FIA (2018年9月28日). 2018年9月30日閲覧。
  27. ^ Offence Doc22 - D. Ricciardo”. FIA (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  28. ^ Steward Decision Doc10 - P. Gasly”. FIA (2018年9月28日). 2018年9月30日閲覧。
  29. ^ Steward Decision Doc11 - B. Hartley”. FIA (2018年9月28日). 2018年9月30日閲覧。
  30. ^ Offence Doc21 - B. Hartley”. FIA (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。
  31. ^ (Corrected) Offence Doc31 - B.Hartley”. FIA (2018年9月29日). 2018年9月30日閲覧。 (訂正リリース)
  32. ^ Stewards Decision Doc7 - F. Alonso”. FIA (2018年9月28日). 2018年9月30日閲覧。
  33. ^ Offence Doc36 - S. Vandoorne”. FIA (2018年9月30日). 2018年9月30日閲覧。
  34. ^ a b ストフェル・バンドーン、ギアボックス交換で5グリッド降格ペナルティ”. F1-Gate.com (2018年9月30日). 2018年10月1日閲覧。
  35. ^ 全滅に終わったトロロッソ、2台にブレーキトラブルが発生と発表「原因については現在調査中」:F1ロシアGP日曜”. AUTOSPORTweb (2018年10月1日). 2018年10月1日閲覧。
  36. ^ メルセデスのウルフ代表「ハミルトンのピットが遅れたのは自分の責任」”. jp.motorsport.com (2018年10月1日). 2018年10月2日閲覧。
  37. ^ 【決勝レース結果】メルセデス1-2!フェラーリ届かず トロロッソ・ホンダは日本GP前に厳しい結果/F1ロシアGP”. www.topnews.jp (2018年9月30日). 2018年10月1日閲覧。
  38. ^ パルクフェルメに戻ってからもマシンからすぐ降りず、感情を抑えきれるまでシートに留まる姿。マシンから降りても、真っ先にボッタスへ声をかけに行き、普段より観客やチームへのあいさつが控えめな行動。ヘルメットを脱ぐのを遅らしてインタビューを一旦無視する。ボッタスがインタビューされている間、横で気まずい表情をして見守るなど。
  39. ^ ボッタス今季初優勝なるか。メルセデス「チームオーダー難しい」”. jp.motorsport.com (2018年9月30日). 2018年10月1日閲覧。
  40. ^ 敗れたハミルトン「フェラーリのマシンには“トリック”がある」:F1ベルギーGP日曜”. www.as-web.jp (2018年8月27日). 2018年10月1日閲覧。
  41. ^ Team 👊 #DrivenByEachOther”. twitter.com (2018年9月30日). 2018年10月1日閲覧。
  42. ^ a b F1 Topic:議論が巻き起こったメルセデスのチームオーダー、過去に大きな批判にさらされたフェラーリとの違い”. www.as-web.jp (2018年10月2日). 2018年10月2日閲覧。
  43. ^ FORMULA 1 2018 VTB RUSSIAN GRAND PRIX - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2018年9月30日). 2018年9月30日閲覧。
  44. ^ FORMULA 1 2018 VTB RUSSIAN GRAND PRIX - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2018年9月30日). 2018年9月30日閲覧。
  45. ^ Lap Chart”. FIA (2018年9月30日). 2018年9月30日閲覧。
前戦
2018年シンガポールグランプリ
FIA F1世界選手権
2018年シーズン
次戦
2018年日本グランプリ
前回開催
2017年ロシアグランプリ
ロシアの旗 ロシアグランプリ次回開催
2019年ロシアグランプリ