2019年メキシコグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メキシコの旗 2019年メキシコグランプリ
レース詳細
Autódromo Hermanos Rodríguez 2015.svg
日程 2019年シーズン第18戦
決勝開催日 10月27日
開催地 エルマノス・ロドリゲス・サーキット
メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ
コース 恒久的レース施設
コース長 4.304km
レース距離 71周 (305.354km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:15.024
ファステストラップ
ドライバー モナコの旗 シャルル・ルクレール
タイム 1:19.232 (53周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2019年メキシコグランプリ2019 Mexican Grand Prix)は、2019年のF1世界選手権第18戦として、2019年10月27日エルマノス・ロドリゲス・サーキットで開催された。

正式名称は「Formula 1 Gran Premio de México 2019[2]

背景[編集]

タイヤ
本レースでピレリが用意するドライタイヤのコンパウンドは、ハード(白):C2、ミディアム(黄):C3、ソフト(赤):C4の組み合わせ[3]
ルイス・ハミルトンドライバーズチャンピオン獲得の条件
本レース開始前の時点でチャンピオンを獲得できる可能性があるのは、ランキング首位のルイス・ハミルトンと2位のバルテリ・ボッタスメルセデス勢に絞られた。ハミルトンはボッタスを64点リードしているが、本レース終了後にその差を78点に広げれば、ハミルトンの3年連続6度目のチャンピオンが決定する[4]。ハミルトンが4位以下あるいはボッタスが3位以上の場合、ハミルトンのチャンピオン決定は次戦アメリカGP以降に持ち越しとなる[5]
開催契約の延長
本年までとなっていたメキシコGPの開催契約は、メキシコ政府の財政支援打ち切りにより継続が危ぶまれていたが、メキシコ出身のセルジオ・ペレスの存在により民間からの支援が集まり、8月8日2022年までの延長契約が結ばれた。契約に当たり、メキシコシティ市のサポートを強調するため、2020年から「メキシコシティグランプリ」に改名する予定[6]
サーキット
FIAは、エルマノス・ロドリゲス・サーキットDRSゾーンを従来の2ヶ所(ホームストレートとターン3-4)に加え、ターン11-12にも設定して3ヶ所とした[7]。ターン11の出口にセンサーを設置し、トラックリミット違反の監視を強化する。トラックリミットに違反した場合、その周のタイムが抹消される。さらに、ターン1-3、ターン8、ターン11でコースオフを喫し、エイペックスを通過できなかったドライバーは、ランオフエリアに設置されたボラードなどの指示に従って安全にコースに合流することも通知した[8]

エントリー[編集]

レギュラーシートは前戦日本GPから変更なし。ウィリアムズニコラス・ラティフィブラジルGPまでの3戦連続で金曜午前のFP1に出走させる[9]

フリー走行[編集]

FP1(金曜午前)[11]
前日夜からの降雨は止んでいたが、路面はところどころにウエットパッチが残り、気温16、路面温度20度でセッションは始まった。週末を通して雨がちな予報が出ていたことから、今後のセッションのためにインターミディエイトタイヤを温存したい思惑もあり、最初のインスタレーションラップを終えてから開始25分までの間にタイムを記録するドライバーはいなかったが、ロバート・クビサに代わって出走するニコラス・ラティフィがソフトタイヤでコースインしてから、各車スリックタイヤで走行を開始した。路面のコンディションは少しずつ改善されていき、トップタイムも次々と更新されていった。開始40分に1セット目のタイヤを返却するため各車ピットインすると、各チームがマシンのセットアップを変更するためにしばらくコースインするマシンがない状況が続いた。残り40分を切り、ラティフィがコースインしてから再び各車コースインするマシンが増えた。しかし、残り33分にメルセデス勢がアタックしようとした際に、ランス・ストロールがターン16で挙動を乱してバリアにクラッシュしてしまう。ピットの入り口が近かったため、ストロールはそのまま自走でピットインしたが、バリアの修復のため赤旗が出された。12分間の中断後、ルイス・ハミルトンがソフトタイヤで1分17秒327のトップタイムを出した。シャルル・ルクレールはハミルトンに0.119秒及ばず2番手だったが、ミディアムタイヤで記録したものであった。
FP2(金曜午後)[12]
雲も薄くなり、気温20度、路面温度35度まで上昇した。序盤はフェラーリ勢がミディアムタイヤでトップタイムを更新し続け、同じくミディアムタイヤを履いたマックス・フェルスタッペンが肉薄する展開だったが、開始15分過ぎにアレクサンダー・アルボンがターン7でクラッシュしたため赤旗中断となった。13分後に再開され、メルセデス勢はハミルトンがミディアム、バルテリ・ボッタスがハードとタイヤを使い分けて走行する。残り1時間を切ったところでピエール・ガスリーがミディアムタイヤでトップタイムのベッテルに肉薄し、フェルスタッペンはミディアムタイヤでベッテルと同タイムを記録する。フェラーリ勢は週末で初めてソフトタイヤを使用し、両者ともタイムをミディアムタイヤより1秒縮め、ベッテルは1分16秒607のトップタイムを記録した。フェルスタッペンはベッテルに0.115秒差の2番手で、フェラーリ勢に食らいついた。残り30分ほどになると、各車とも決勝に向けてタイヤのデータを収集するためロングランを始めた。メルセデス勢はソフトタイヤでのアタックがいまいち伸びなかったが、ロングランではハミルトンがミディアムタイヤで、ボッタスがハードタイヤで光る速さを見せた。
FP3(土曜午前)[13]
夜間に雨が降り、路面は所々乾いた箇所もあったがウエットコンディション状態、気温15度、路面温度20度でスタートした。全車インターミディエイトタイヤを履いて走行を始めたが、開始10分の時点でタイムを残したのはレッドブル勢のみで、開始20分の時点でも6台だけだった。路面の乾きが遅く、スリックタイヤで走行できる状況にならないままセッション後半を迎え、残り17分になってキミ・ライコネンがソフトタイヤで走行を始めると、他車も次第にコースインしていった。路面の乾きも進んでいったセッション終盤、多くのチームが予選シミュレーションを敢行し、ルクレールが1分16秒145でトップ、ベッテルも0.027秒差で続き2番手とフェラーリ勢が1-2でセッションを終えた。メルセデス勢もアタックをまとめ、ボッタスがルクレールに0.114秒差の3番手、ハミルトンも4番手とフェラーリ勢に迫った。逆にレッドブル勢はトラフィックに引っかかってタイムをまとめられずフェルスタッペンが6番手、アルボンは8番手に終わった。ルノー勢はダニエル・リカルドがマシントラブルで全く走行できず、ニコ・ヒュルケンベルグもタイムを記録できずと散々なセッションとなった。

予選[編集]

2019年10月26日 13:00 CDT(UTC-5)[14]

気温19度、路面温度34度、路面は乾きドライコンディションで行われた。

マックス・フェルスタッペンが去年のメキシコGPでダニエル・リカルドのPPタイムをわずか0.001秒上回るトップタイムを記録。フェラーリ勢の今季後半戦の開幕からの6戦連続ポールポジション阻止が期待されたが、Q3最後のアタックでバルテリ・ボッタスがクラッシュしたことにより出された黄旗を無視したため、3グリッド降格とペナルティポイント2点加算処分のペナルティが科された。これにより、シャルル・ルクレールが今季7回目のポールポジションを獲得し、チームメイトのセバスチャン・ベッテルも2番手に繰り上がり、フェラーリ勢がフロントローを独占した。結局フェラーリ勢が、今季後半戦の開幕からの6戦連続ポールポジションを記録する形となったほか、ルイス・ハミルトンは3番手、フェルスタッペンは4番手からスタートする[1]。予選トップのドライバーがグリッド降格によりポールポジションを獲得できなかったのは、2005年イタリアGPキミ・ライコネン[注 2]2012年モナコGPミハエル・シューマッハ[注 3]の例がある[15]。Q3でクラッシュしたボッタスは6番手に終わり、アレクサンダー・アルボンは5番手でメルセデス勢の間に割って入った。以下、マクラーレン勢が4列目、トロ・ロッソ勢が5列目を占めた。

余談だが、フェルスタッペンの黄旗区間での減速を怠った一件について、決勝終了後のトップ3に対する記者会見においてハミルトンとベッテルが彼を批判したが、両者とも黄旗[注 4]もしくは赤旗[注 5]中のスピード違反を犯した経歴があり、一方的に批判する言動については苦言を呈するメディア[16]もあった。

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 1:15.949 1:16.136 1:14.758 4 1
2 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:16.364 1:16.219 1:15.024 1
3 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:16.696 1:15.914 1:15.170 2
4 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:16.424 1:15.721 1:15.262 3
5 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 1:16.175 1:16.574 1:15.336 5
6 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.062 1:15.852 1:15.338 6
7 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 1:17.044 1:16.267 1:16.014 7
8 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 1:17.092 1:16.447 1:16.322 8
9 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 1:17.041 1:16.657 1:16.469 9
10 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 1:17.065 1:16.679 1:16.586 10
11 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:17.465 1:16.687 11
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:17.608 1:16.885 12
13 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 1:17.270 1:16.933 13
14 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 1:17.225 1:16.967 14
15 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 1:17.794 1:17.269 15
16 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 1:18.065 16
17 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:18.436 17
18 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:18.599 18
19 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 1:18.823 19
20 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 1:20.179 20
107% time: 1:21.265
ソース:[17][18]
追記
  • ^1 - フェルスタッペンはQ3で黄旗を無視したため、3グリッド降格とペナルティポイント2点が加算された(合計4点)[1][19]

決勝[編集]

2019年10月27日 13:10 CST(UTC-6)[注 6][20]

展開[編集]

結果的にフロントロー独占となったフェラーリ及び近年このコースで強さを発揮していたレッドブル勢だったが、タイヤのデグラネーションが大きいと判断し両者2ストップ戦略を選択。だが、レッドブルはタイヤ戦略を読み違い失速したうえ、マックス・フェルスタッペンは予選のグリッド降格ペナルティ処分や序盤の接触によりライバル勢と勝負するチャンスを失い6位入賞で終わり、チームメイトのアレクサンダー・アルボンがタイヤに苦戦しながらもフェルスタッペンの前である5位で完走したことが唯一の成果であった。フェラーリは第1スティントこそラップリーダーになるなど先行していたが、むしろ苦手とされていたメルセデスが1ストップ戦略で勝負した結果、それに応えたルイス・ハミルトンが2位に対し僅か2秒未満の差で今季10勝目を挙げた。F1通算100勝目を挙げた[21]メルセデスにとっては、去年のメキシコGPで周回遅れに近い大差を付けられた反省を見事に活かし、結果的にメルセデスが決勝で強さを発揮する形となった。そのうち、セバスチャン・ベッテルが候補に入れていた1ストップに切り替えたことが功を奏し2位に滑り込んだ。当初ホンダPU勢は、本来であれば4台全員入賞を果たしたが、ダニール・クビアトが最終ラップでニコ・ヒュルケンベルグと接触しスピンさせたため、スチュワードはクビアトに対し10秒のタイム加算ペナルティとペナルティポイント2点加算の処分を課した。これによりクビアトは11位降格となり、ホンダPU勢4台入賞は果たせなかった。母国グランプリとなったセルジオ・ペレスは、中団勢トップの7位フィニッシュを果たした。

ランキング首位のハミルトンは優勝したものの、バルテリ・ボッタスは予選Q3でクラッシュしながらも3位表彰台に滑り込み、ハミルトンのメキシコGPでの戴冠を阻止。ハミルトンの3年連続6度目となるドライバーズタイトルは、次戦アメリカGPまでお預けとなった。この結果によって両者のポイント差は74ポイント差となり、残り3戦での最大獲得ポイントは78ポイント。そのためボッタスは首の皮一枚でタイトル獲得の望みを繋いだ。ただし、詳細は次戦アメリカGPに譲るが、ハミルトンは8位以上でフィニッシュすれば自力でタイトルを獲得できるという圧倒的有利な状況となっている[注 7]。そのため戴冠が阻止される可能性があるのは、ボッタスが優勝かつファステストラップを記録したうえで、ハミルトンが9位以下でフィニッシュした場合のみとなっている。

レース結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 71 1:36:48.904 3 25
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 71 +1.766 2 18
3 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 71 +3.553 6 15
4 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 71 +6.368 1 13 FL
5 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン レッドブル-ホンダ 71 +21.399 5 10
6 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-ホンダ 71 +1:08.807 4 8
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レーシング・ポイント-BWTメルセデス 71 +1:13.819 11 6
8 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド ルノー 71 +1:14.924 13 4
9 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1 Lap 10 2
10 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 70 +1 Lap 12 1
11 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ-ホンダ 70 +1 Lap 1 9
12 18 カナダの旗 ランス・ストロール レーシング・ポイント-BWTメルセデス 70 +1 Lap 16
13 55 スペインの旗 カルロス・サインツ マクラーレン-ルノー 70 +1 Lap 7
14 99 イタリアの旗 アントニオ・ジョヴィナッツィ アルファロメオ-フェラーリ 70 +1 Lap 15
15 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 69 +2 Laps 17
16 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 19
17 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 69 +2 Laps 18
18 88 ポーランドの旗 ロバート・クビサ ウィリアムズ-メルセデス 69 +2 Laps 20
Ret 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン アルファロメオ-フェラーリ 58 オーバーヒート 14
Ret 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-ルノー 48 撤退 8
ソース:[22]
ファステストラップ[23][24]
ラップリーダー[25][26]
追記
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む
  • ^1 - クビアトは9位でフィニッシュしたが、最終ラップにヒュルケンベルグと接触した件でレース後に10秒のタイム加算ペナルティとペナルティポイント2点(合計4点)が科され、11位に降格した[27][28]

第18戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 予選1位はマックス・フェルスタッペンの1:14.758だったが、グリッド降格ペナルティが科されたため繰り上がり。
  2. ^ 当時のエンジン基数規定は2レース1基で、ライコネンはこれに抵触して10グリッド降格となった。
  3. ^ 前戦スペインGPブルーノ・セナと接触した責任により5グリッド降格となった。余談だが、このスペインGPはハミルトンが予選でトップとなったものの、提出が義務付けられている1リットルの燃料サンプルを残す必要があったが、ガス欠によりターン8でマシンを止めてしまった。このため規定違反で失格となり、最後尾グリッドからスタートした。
  4. ^ ハミルトンは2011年インドGPの予選にてトラブルで停車したマシンが発生したことを受け、黄旗が2本振られたにもかかわらず減速を怠って自己ベストタイムを記録したため、3グリッド降格のペナルティを受けたことがある。
  5. ^ ベッテルは今回減速していたものの、2018年アメリカGPのフリー走行1回目で、ウエットコンディションという差異はあるものの、コースの安全確保のため赤旗が掲示された際に、スピード違反を犯して3グリッド降格のペナルティを受けている。
  6. ^ メキシコの大部分は、10月最終日曜日の2:00にサマータイム(夏時間)期間が終了する。 メキシコの時差と現在時刻”. Time-j.net. 2019年8月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年11月1日閲覧。
  7. ^ 強いて言えば、2011年日本GPの状況に近い。

出典[編集]

  1. ^ a b c フェルスタッペン痛恨。黄旗無視で3グリッド降格、ポールポジション失う”. motorsport.com (2019年10月27日). 2019年10月27日閲覧。
  2. ^ Mexican Grand Prix 2019 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2019年10月24日閲覧。
  3. ^ F1メキシコGPのタイヤ選択が明らかに。トップ3チーム、中団勢ともに選択にばらつき”. autosport web (2019年10月16日). 2019年10月24日閲覧。
  4. ^ ハミルトン、メキシコGPでの戴冠は望めない?「フェラーリに対抗できない」”. motorsport.com (2019年10月16日). 2019年10月24日閲覧。
  5. ^ メキシコでハミルトンの王者決定の可能性”. ESPN F1 (2019年10月15日). 2019年10月24日閲覧。
  6. ^ メキシコでのF1開催契約が2022年まで延長。正式名称はメキシコシティGPに”. motorsport.com (2019年8月9日). 2019年10月24日閲覧。
  7. ^ F1メキシコGP:エルマノス・ロドリゲスに3番目のDRSゾーンを追加”. Formula1-Data (2019年10月24日). 2019年10月27日閲覧。
  8. ^ F1メキシコGP、センサーを利用しトラックリミット違反を監視”. motorsport.com (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  9. ^ ウイリアムズF1、2020年ドライバー候補のラティフィを3戦連続FP1で起用”. autosport web (2019年10月23日). 2019年10月24日閲覧。
  10. ^ Entry List”. FIA (2019年10月24日). 2019年10月25日閲覧。
  11. ^ 特記のない場合、F1メキシコFP1:ハミルトン首位も、フェラーリ優位か? フェルスタッペン3番手”. motorsport.com (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  12. ^ 特記のない場合、F1メキシコFP2:ベッテル首位、フェルスタッペンが2番手に続く。トロロッソが驚きの速さ”. motorsport.com (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  13. ^ 特記のない場合、F1メキシコFP3:濡れ乾きの路面がアタック合戦を演出。ルクレール首位、フェルスタッペン6番手”. motorsport.com (2019年10月27日). 2019年10月27日閲覧。
  14. ^ 特記のない場合、F1メキシコ予選:レッドブル・ホンダ&フェルスタッペン2度目のPP獲得”. motorsport.com (2019年10月27日). 2019年10月27日閲覧。
  15. ^ 回答(予選でトップになったのにPP(ポールポジション)が記録されていないことがあります。なぜですか? )”. F1 DataWeb. 2019年10月27日閲覧。
  16. ^ F1 Topic:2人の王者がフェルスタッペンの行動を非難。黄旗を無視したドライバーは愚か者か?”. www.as-web.jp (2019年10月29日). 2019年10月30日閲覧。
  17. ^ FORMULA 1 GRAN PREMIO DE MÉXICO 2019 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  18. ^ FORMULA 1 GRAN PREMIO DE MÉXICO 2019 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  19. ^ Offence Doc26 - M.Verstappen (failure to slow for a yellow flag)”. FIA (2019年10月26日). 2019年10月27日閲覧。
  20. ^ 特記がない場合ホンダ、アクシデントと戦略が足かせに…ハミルトンが逆転優勝 / F1メキシコGP《決勝》結果とダイジェスト”. formula1-data.com (2019年10月28日). 2019年10月28日閲覧。
  21. ^ ハミルトン今季10勝目「正直、チームの戦略は不安だった。ダメージを負ったマシンで勝てたなんて驚き」:メルセデスF1”. autosport web (2019年10月28日). 2019年10月31日閲覧。
  22. ^ FORMULA 1 GRAN PREMIO DE MÉXICO 2019 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
  23. ^ FORMULA 1 GRAN PREMIO DE MÉXICO 2019 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2019年10月27日). 2019年10月29日閲覧。
  24. ^ F1 2019 第18戦メキシコGP - ファステストラップ”. motorsport.com (2019年10月28日). 2019年10月28日閲覧。
  25. ^ Lap Chart”. FIA (2019年10月27日). 2019年10月29日閲覧。
  26. ^ Mexico 2019 - Laps led”. STATS F1 (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
  27. ^ Offence Doc33 - D.Kvyat ((Turn 16 incident with car 27)”. FIA (2019年10月13日). 2019年10月13日閲覧。
  28. ^ F1メキシコGP決勝:タイヤ戦略を的中させたハミルトンが逆転勝利。パンクを喫したフェルスタッペンは後方から追い上げ”. autosport web (2019年10月28日). 2019年10月28日閲覧。
  29. ^ a b Mexico 2019 - Championship”. STATS F1 (2019年10月27日). 2019年10月28日閲覧。
前戦
2019年日本グランプリ
FIA F1世界選手権
2019年シーズン
次戦
2019年アメリカグランプリ
前回開催
2018年メキシコグランプリ
メキシコの旗 メキシコグランプリ 次回開催
2020年メキシコシティグランプリ