2016年中国グランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
中華人民共和国の旗 2016年中国グランプリ
レース詳細
Circuit Shanghai 2004.svg
日程 2016年シーズン第3戦
決勝開催日 4月17日
開催地 上海インターナショナルサーキット
中国 上海
コース長 5.451km
レース距離 56周(305.066km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:35.402
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ
タイム 1:39.824(Lap 48)
決勝順位
優勝
2位
3位

2016年中国グランプリは、2016年のF1世界選手権第3戦として、2016年4月17日上海インターナショナルサーキットで開催された。

レース前[編集]

4月11日、予選システムを2015年までのフォーマットに戻すことが決まった[1]

4月14日、開幕戦オーストラリアGPのクラッシュによる負傷のためバーレーンGPを欠場したフェルナンド・アロンソのFP1出走が認められた[2]。金曜(4月15日)午前のFP1終了後に改めて検査が行われた結果、FP2以降の出走が許可された[3]

予選[編集]

2016年4月16日(土曜日)

FP3(土曜午前)の途中まで降り続いていた雨の影響で路面の一部が濡れた状態のまま予選が開始された。この影響で、Q1が開始されてまもなくパスカル・ウェーレインがクラッシュしたため赤旗中断。パワーユニットの不調を訴えていたルイス・ハミルトンがタイムを出せずQ1で脱落する波乱があった[4]

Q2ではニコ・ヒュルケンベルグの左フロントタイヤが脱輪、マシンがコース上に停止したため赤旗が出て終了となった[5]

ニコ・ロズベルグが今シーズン初のポールポジションを獲得した。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:37.669 1:36.240 1:35.402 1
2 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:37.672 1:36.815 1:35.917 2
3 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:37.347 1:36.118 1:35.972 3
4 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:37.001 1:36.183 1:36.246 4
5 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:37.537 1:36.831 1:36.296 5
6 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 1:37.719 1:36.948 1:36.399 6
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:38.096 1:37.149 1:36.865 7
8 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:37.656 1:37.204 1:36.881 8
9 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 1:38.181 1:37.265 1:37.194 9
10 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:38.165 1:37.333 no time 131
11 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:38.016 1:37.347 10
12 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:38.451 1:38.826 11
13 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:37.593 1:39.093 12
14 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:38.425 1:39.830 14
15 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:38.321 1:40.742 15
16 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:38.654 1:42.430 16
17 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 1:38.673 17
18 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:38.770 18
19 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 1:39.528 19
20 88 インドネシアの旗 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:40.264 20
107% time: 1:37.717
NC 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス no time 212
NC 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス no time 222
ソース[6]
追記
  • ^1 - ヒュルケンベルグはQ2セッションにおいて、チームのアンセーフリリースにより左フロントタイヤが脱落したと判断されたため3グリッド降格[7]
  • ^2 - ウェーレインハミルトン107%ルールを満たさなかったが、スチュワードの判断により決勝出走が認められた。なお、ハミルトンは6戦以内のギヤボックス交換で5グリッド降格ペナルティを科されていた[8]ため、決勝は最後尾からスタート

決勝[編集]

2016年4月17日(日曜日)

スタート直後にセバスチャン・ベッテルキミ・ライコネンフェラーリ同士)とダニール・クビアトフェリペ・ナッセルイス・ハミルトンマーカス・エリクソンロマン・グロージャンがそれぞれ接触する荒れた展開となった。

ポールポジションニコ・ロズベルグはスタートでダニエル・リカルドに先行を許したものの、3周目にリカルドの左リヤタイヤがパンクして順位を落としたことによりトップを取り戻してからは独走、ポール・トゥ・ウィンで開幕3連勝を飾った[9]。2位にはベッテル、3位はダニール・クビアトが入りレッドブルは今期初表彰台を獲得。4位にはパンクで順位を落としながらも挽回したリカルドが入りまだ表彰台こそないもののこの地点でのランキング3位をキープした。こちらも最初の接触で順位を落としていたライコネンは5位まで挽回、ハミルトンも下位スタート、フロントウィング損傷がありながらも7位に入賞した。

なおレース後の表彰台前の控室でオープニングラップの件をめぐり、ベッテルがクビアトに抗議をする映像が全世界に配信され物議を醸すこととなった。

波乱は多かったが完走扱いを含めてリタイアした車は1台も出なかった。出走した22台が全車完走したのは2015年日本GP以来[10]

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 56 1:38.53.891 1 25
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 56 +37.776 4 18
3 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト レッドブル-タグ・ホイヤー 56 +45.936 6 15
4 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 56 +52.688 2 12
5 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 56 +1.05.872 3 10
6 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 56 +1.15.511 10 8
7 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 56 +1.18.230 22 6
8 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン トロ・ロッソ-フェラーリ 56 +1.19.268 9 4
9 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 56 +1.24.127 8 2
10 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 56 +1.26.192 5 1
11 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 56 +1.34.283 7
12 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 56 +1.37.253 11
13 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 56 +1.41.990 12
14 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 18
151 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 55 +1 Lap 13
16 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 15
17 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ルノー 55 +1 Lap 17
18 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 55 +1 Lap 21
19 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 55 +1 Lap 14
20 12 ブラジルの旗 フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 55 +1 Lap 16
21 88 インドネシアの旗 リオ・ハリアント MRT-メルセデス 55 +1 Lap 20
22 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 55 +1 Lap 19
ソース[11]
ファステストラップ
ラップリーダー
追記
  • ^1 - ヒュルケンベルグセーフティカーが走行した際にピットエントリーで不必要なスローダウンを行い後続ドライバーの走行を妨げたため、5秒のタイムペナルティとペナルティポイント2点が科された[12][13]

第3戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

  1. ^ F1予選システム変更が正式に決定。不評の制度廃止にチームは安堵. AUTOSPORTweb(2016年4月12日).
  2. ^ 公式発表:アロンソ、中国GPのフリー走行へ出走が認められる. AUTOSPORTweb(2016年4月14日).
  3. ^ アロンソ、完全復帰が決定。FP1後の検査にパス. AUTOSPORTweb(2016年4月15日).
  4. ^ 予選Q1速報:ウェーレインの事故で赤旗、ハミルトンが脱落する大番狂わせ. AUTOSPORTweb(2016年4月16日).
  5. ^ 予選Q2速報:ヒュルケンベルグのタイヤ脱落で再び赤旗、フェラーリ2台がトップ通過. AUTOSPORTweb(2016年4月16日).
  6. ^ Qualifying(2016 FORMULA 1 PIRELLI CHINESE GRAND PRIX). The Official F1 Website(2016年4月16日).
  7. ^ ヒュルケンベルグ「危険なリリース」で3グリッド降格のペナルティ. AUTOSPORTweb(2016年4月16日).
  8. ^ ハミルトンにグリッド降格ペナルティ。ギヤボックスにダメージ見つかる. AUTOSPORTweb(2016年4月14日).
  9. ^ ロズベルグただひとり波乱を寄せつけず3連勝、ベッテルとクビアトがゴール後に“議論”. AUTOSPORTweb(2016年4月17日).
  10. ^ ただし、このレースは1台リタイアしたものの90%以上走行しており完走扱いとなったため、厳密には2011年ヨーロッパGP以来となる
  11. ^ Race(2016 FORMULA 1 PIRELLI CHINESE GRAND PRIX). The Official F1 Website(2016年4月17日).
  12. ^ ヒュルケンベルグのペナルティポイントが4に. ESPN F1(2016年4月17日).
  13. ^ Stewards Decision Doc35 - N.Hulkenberg”. fia.com (2016年4月17日). 2016年4月17日閲覧。
前戦
2016年バーレーングランプリ
FIA F1世界選手権
2016年シーズン
次戦
2016年ロシアグランプリ
前回開催
2015年中国グランプリ
中華人民共和国の旗 中国グランプリ 次回開催
2017年中国グランプリ