2014年ロシアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ロシアの旗 2014年ロシアグランプリ
レース詳細
Circuit Sochi.svg
日程 2014年シーズン第16戦
決勝開催日 10月12日
開催地 ソチ・オートドローム
ロシアの旗 ロシア クラスノダール地方 ソチ
コース 恒久的レース施設および市街地コース
コース長 5.848km
レース距離 53周(309.745km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:38.513
ファステストラップ
ドライバー フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス
タイム 1:40.896(Lap 53)
決勝順位
優勝
2位
3位

2014年ロシアグランプリ (2014 Russian Grand Prix) は、2014年のF1世界選手権第16戦として、2014年10月12日に初開催となるソチ・オートドロームで開催された。

予選[編集]

展開[編集]

ハミルトンが予選全セッショントップで、シーズン7回目のポールポジションを獲得。2番手はロズベルグ。また、母国GPとなるクビアトが5番グリッドを獲得した。その一方で、ベッテルがQ2敗退を喫したり、マッサがマシントラブルでQ1敗退となった。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:38.759 1:38.338 1:38.513 1
2 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:39.076 1:38.606 1:38.713 2
3 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:39.125 1:38.971 1:38.920 3
4 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:39.560 1:39.381 1:39.121 4
5 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロロッソルノー 1:40.074 1:39.296 1:39.277 5
6 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 1:39.735 1:39.022 1:39.629 11
7 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブルルノー 1:40.519 1:39.666 1:39.635 6
8 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:40.255 1:39.786 1:39.709 7
9 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:40.098 1:39.838 1:39.771 8
10 25 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 1:40.354 1:39.929 1:40.020 9
11 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:40.382 1:40.052 10
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:40.273 1:40.058 17
13 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:40.723 1:40.163 12
14 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 1:41.159 1:40.536 13
15 99 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 1:40.766 1:40.984 14
16 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:42.648 1:41.397 15
17 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ケータハムルノー 1:42.648 16
18 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:43.064 18
19 10 日本の旗 小林可夢偉 ケータハムルノー 1:43.166 19
20 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスルノー 1:43.205 20
21 4 イギリスの旗 マックス・チルトン マルシャフェラーリ 1:43.649 21
  • ヒュルケンベルグ、マグヌッセン、チルトン、マルドナードはギアボックス交換のため5グリッド降格
  • マルドナードは前回(日本GP)でエンジン交換による10番手降格ペナルティの残り部分として5グリッド降格

決勝[編集]

展開[編集]

気温22度、路面温度27度の快晴の下、スタートが切られた。スタート後のターン2でハミルトンをかわそうとしたロズベルグだったが、タイヤをロックさせ、フラッドスポットを作り、1周目にピットインし、最後尾に落ちた。ハミルトン以下、ボッタスバトンアロンソベルニュマグヌッセンが続く。3周目にマグヌッセンがベルニュをかわすと、翌周にはベルニュはレッドブルの2台にもかわされた。序盤はミスで後退したロズベルグと、予選でトラブルに見舞われたマッサの追い上げが目覚ましく、圧倒的なストレートスピードで次々と前走車をパスしていく。その後、ピットストップを全車終了した時点でハミルトン、ボッタス、ロズベルグ、バトン、マグヌッセン、アロンソと続く。タイヤの温まらないボッタスを攻め、ロズベルグがボッタスをかわし、メルセデスワンツー体制が築かれた。終始安定したレースを見せたハミルトンが今季9勝目。1周目のミスで最後尾まで落ちたロズベルグが挽回の2位。メルセデスはこのレースで初のコンストラクターズタイトルを決めた。3位には終盤ファステストラップ連発のボッタスが入り、4位と5位には、バトン・マグヌッセンのマクラーレン勢が入り、なんとメルセデスPUトップ5独占という結果に終わった。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 53 1:31:50.744 1 25
2 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 53 +13.657 2 18
3 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 53 +17.425 3 15
4 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 53 +38.818 4 12
5 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 53 +53.616 6 10
6 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 53 +1:00.016 8 8
7 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブルルノー 53 +1:01.812 7 6
8 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 53 +1:06.185 11 4
9 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 53 +1:18.877 9 2
10 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 53 +1:20.067 13 1
11 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 53 +1:20.877 18
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 53 +1:21.309 12
13 25 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 53 +1:37.295 10
14 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロロッソルノー 52 +1 Lap 5
15 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 52 +1 Lap 14
16 99 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 52 +1 Lap 15
17 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスルノー 52 +1 Lap 16
18 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスルノー 52 +1 Lap 20
19 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ケータハムルノー 51 +2 Lap 17
Ret 10 日本の旗 小林可夢偉 ケータハムルノー 21 トラブル 19
Ret 4 イギリスの旗 マックス・チルトン マルシャフェラーリ 9 ハンドリング 21
ラップリーダー
  • ルイス・ハミルトン(1-53)

参照[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
前戦
2014年日本グランプリ
FIA F1世界選手権
2014年シーズン
次戦
2014年アメリカグランプリ
ロシアの旗 ロシアグランプリ次回開催
2015年ロシアグランプリ