2014年シンガポールグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
シンガポールの旗 2014年シンガポールグランプリ
レース詳細
Singapore street circuit v3.svg
日程 2014年シーズン第14戦
決勝開催日 9月21日
開催地 シンガポール市街地コース
シンガポール
コース長 5.065km
レース距離 60周(303.900km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:45.681
ファステストラップ
ドライバー イギリスの旗 ルイス・ハミルトン
タイム 1:50.417(Lap 39)
決勝順位
優勝
2位
3位

2014年シンガポールグランプリは、2014年のF1世界選手権第14戦として、2014年9月21日シンガポール市街地コースで開催された。

予選[編集]

展開[編集]

ルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得。2番手には0.007秒差のロズベルグが続き、セカンドロウにはリカルド、ベッテルのレッドブル勢がつけ、好調フェラーリのアロンソは5番手で、低速コースを苦手とするウィリアムズのマッサも6番手に入り、トップのハミルトンから9位のマグヌッセンまでがコンマ6秒以内の大激戦の予選となった。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー チーム Q1 Q2 Q3 Grid
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:46.921 1:46.287 1:45.681 1
2 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:47.244 1:45.825 1:45.688 2
3 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 1:47.488 1:46.493 1:45.854 3
4 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 1:47.476 1:46.586 1:45.902 4
5 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 1:46.889 1:46.328 1:45.907 5
6 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 1:47.615 1:46.472 1:46.000 6
7 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:46.685 1:46.359 1:46.170 7
8 77 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 1:47.196 1:46.622 1:46.187 8
9 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 1:47.976 1:46.700 1:46.250 9
10 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロロッソルノー 1:47.656 1:46.926 1:47.362 10
11 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 1:47.161 1:46.943 11
12 25 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 1:47.407 1:46.989 12
13 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 1:47.370 1:47.308 13
14 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 1:47.970 1:47.333 14
15 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 1:48.143 1:47.575 15
16 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスルノー 1:47.862 1:47.812 16
17 99 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 1:48.324 17
18 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスルノー 1:49.063 18
19 17 フランスの旗 ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 1:49.440 19
20 10 日本の旗 小林可夢偉 ケータハムルノー 1:50.405 20
21 4 イギリスの旗 マックス・チルトン マルシャフェラーリ 1:50.473 21
22 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ケータハムルノー 1:52.287 22
107% time: 1:54.152

決勝[編集]

展開[編集]

決勝レース前にメルセデスにトラブルが起きた。ロズベルグのマシンがスタートできず、スペアのステアリングと交換してグリッドに並んだが、フォーメーションラップに発進できずにピットスタートとなり、その後もトラブルは修復せずにロズベルグはレース序盤でリタイヤとなってしまう。最大のライバルが脱落したハミルトンは好スタートを決める。しかし、その後ろリチャルドのスタートは悪く、ロズベルグが消えたことで前が空いていたベッテル、好スタートを切ったアロンソに両側から交わされてしまう。トップはハミルトン、それにベッテル、アロンソ、リチャルドが続き、その後ろにはマッサを交わしていたライコネンが上がっていた。ハミルトンとベッテルは序盤はファステストラップを分け合いながらレースを進めていくが、じりじりとハミルトンが差を広げ、23周目にはベッテルに10秒の差をつけた。しかし、31周目にペレスとスーティルの接触によりセーフティカーがコースに導入される。このタイミングで2番手に上がっていたアロンソは3度目のピットインでソフトに交換、ベッテル、リカルドの後ろ4番手でコースに復帰する。トップのハミルトンはステイアウトしたが、スーパーソフトタイヤしか履いておらず、もう一度ピットに入ってソフトに交換する必要があった。レッドブルの2台も2度目のタイヤ交換でソフトタイヤを選択していたことにより、タイヤ消化義務を終えてこのままレースを走り切る賭けに出る。7周ものセーフティカーランのあとレースは再開されると、ハミルトンは2番手ベッテルに対して1周あたり2秒近く速いペースで差をつけ、52周目のピットイン時までに25秒ほどの差をつけた。ハミルトンはベッテルの後ろ2番手でコースに復帰すると、タイヤの履歴を生かしてあっさりと54周目のターン7でオーバーテイクし、トップを奪還。そのままトップチェッカーを受けた。優勝のハミルトンは今季7勝目。ロズベルグがリタイヤしたことにより、スペインGP以来のポイントリーダーに返り咲いた。2位はベッテル。昨年圧倒的な速さを発揮し、過去3勝を上げているシンガポールでシーズンベストの2位表彰台を獲得した。3位はリチャルド。スタートで後退し、さらにはブレーキやパワーユニットのトラブルが断続的に発生したが、そんな中でもマシンをゴールまで導き、表彰台を獲得した。4位はアロンソ。セーフティカー導入のタイミングが悪く、表彰台獲得とはならなかった。5位はマッサ。マシンが不得意とする低速コースだったが、この順位でゴールしている。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 60 2:00:04.795 1 25
2 1 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル レッドブルルノー 60 +13.534 4 18
3 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リチャルド レッドブルルノー 60 +14.273 3 15
4 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ フェラーリ 60 +15.389 5 12
5 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズメルセデス 60 +42.161 6 10
6 25 フランスの旗 ジャン=エリック・ベルニュ トロロッソルノー 60 +56.801 12 8
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォースインディアメルセデス 60 +59.038 15 6
8 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 60 +1:00.641 7 4
9 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ フォースインディアメルセデス 60 +1:01.661 13 2
10 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン マクラーレンメルセデス 60 +1:02.230 9 1
11 77 フィンランドの旗 バルテッリ・ボッタス ウィリアムズメルセデス 60 +1:05.065 8
12 13 ベネズエラの旗 パストール・マルドナド ロータスルノー 60 +1:06.915 18
13 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ロータスルノー 60 +1:08.029 16
14 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロロッソルノー 60 +1:12.008 10
15 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ケータハムルノー 60 +1:34.188 22
16 17 フランスの旗 ジュール・ビアンキ マルシャフェラーリ 60 +1:34.543 19
17 4 イギリスの旗 マックス・チルトン マルシャフェラーリ 59 +1 Lap 21
Ret 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレンメルセデス 52 パワーボックス 11
Ret 99 ドイツの旗 エイドリアン・スーティル ザウバーフェラーリ 40 水漏れ 17
Ret 21 メキシコの旗 エステバン・グティエレス ザウバーフェラーリ 17 電気系 14
Ret 6 ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ メルセデス 13 配線異物混入 PL
DNS 10 日本の旗 小林可夢偉 ケータハムルノー 0 パワーユニット
  • 2時間ルール適用により60周で終了
  • No.25は大幅なコース外走行をしたため5秒加算ペナルティ

;ラップリーダー

  • ルイス・ハミルトン(1-26,28-52,54-60)
  • ダニエル・リチャルド(27)
  • セバスチャン・ベッテル(53)


脚注[編集]

  • 2014年12月18日発売 F1速報 2014総集編
前戦
2014年イタリアグランプリ
FIA F1世界選手権
2014年シーズン
次戦
2014年日本グランプリ
前回開催
2013年シンガポールグランプリ
シンガポールの旗 シンガポールグランプリ 次回開催
2015年シンガポールグランプリ