マクラーレン・MP4-29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マクラーレン MP4-29
Kevin Magnussen 2014 Singapore FP2.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ティム・ゴス (テクニカル・ディレクター)
先代 マクラーレン・MP4-28
後継 マクラーレン・MP4-30
主要諸元
エンジン メルセデス PU106A Hybrid [1]
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム マクラーレン メルセデス
ドライバー イギリスの旗 ジェンソン・バトン
デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン
出走時期 2014年
テンプレートを表示

マクラーレン MP4-29 (McLaren MP4-29) は、マクラーレン2014年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

MP4-29の特徴的なリアサスペンションアーム。

MP4-29は2014年1月24日にインターネット上で公開された。

MP4-29は2014年レギュレーションに沿う形で、細長く伸ばされたフロントノーズが特徴的である。また、フロントサスペンションは、前年のMP4-28が採用したプルロッドサスペンションをやめ、プッシュロッドサスペンションに戻している。

最大の特徴はリアサスペンションの後方アームの形状で、通常は楕円形の断面をしているが、MP4-29は立て板の様に上下に膨らんでいる(通称「ブロッカー」)。これはレギュレーションで禁止されたリアウィング支持板(ビームウィング)のような空力的役割を果たし、低速時のダウンフォース増加と高速時のドラッグ削減を狙ったものとみられる[2]。メルセデス製PUを搭載しながら他の搭載チームに比べ最高速が伸びない症状に苦しみ続けた。


カラーリングはタイトルスポンサーのボーダフォンが撤退したことにより、赤と白の部分がなくなった。

この年はリヤウィングとサイドポンツーンでレース毎にスポンサーを募る方式となり、MobilESSOガルフ・エアSAP (企業)などが参加、1戦毎にロゴを変えていた。シーズン後半はSAPがコクピット前部に新たに黄色のロゴを追加した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

ERS システム[編集]

  • バッテリー出力:4MJ(1周あたり)
  • MGU-K 出力:120KW
  • MGU-K 最高回転数:50,000 rpm
  • MGU-H 最高回転数:125,000 rpm

ギアボックス[編集]

MP4-29H 1x1[編集]

MP4-29H 1x1

2015年のエンジンサプライヤーであるホンダが新規開発中のパワーユニットの実走テスト用に、MP4-29を改造したテスト専用車両[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Mercedes names 2014 F1 V6 Engine ‘PU106A Hybrid". ThisisF1.(2014年1月23日)2014年1月23日閲覧。
  2. ^ "マクラーレンの革新的サスペンションに他も追随か". オートスポーツweb.(2015年2月3日)。
  3. ^ “McLaren MP4-29 specs”. http://www.mclaren.com/formula1/car/#tech-specs 2014年1月28日閲覧。 
  4. ^ “ホンダPU搭載のマクラーレンMP4-29Hが初走行!”. AUTO SPORT web. (2014年11月15日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=61454 2014年11月15日閲覧。