マクラーレン・MP4-29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マクラーレン MP4-29
Kevin Magnussen 2014 Singapore FP2.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター マクラーレン
デザイナー ティム・ゴス (テクニカル・ディレクター)
先代 マクラーレン・MP4-28
後継 マクラーレン・MP4-30
主要諸元
エンジン メルセデス PU106A Hybrid [1]
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム マクラーレン メルセデス
ドライバー イギリスの旗 ジェンソン・バトン
デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン
出走時期 2014年
テンプレートを表示

マクラーレン MP4-29 (McLaren MP4-29) は、マクラーレン2014年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

MP4-29の特徴的なリアサスペンションアーム。

MP4-29は2014年1月24日にインターネット上で公開された。

MP4-29は2014年レギュレーションに沿う形で、細長く伸ばされたフロントノーズが特徴的である。また、フロントサスペンションは、前年のMP4-28が採用したプルロッドサスペンションをやめ、プッシュロッドサスペンションに戻している。

最大の特徴はリアサスペンションの後方アームの形状で、通常は楕円形の断面をしているが、MP4-29は立て板の様に上下に膨らんでいる(通称「ブロッカー」)。これはレギュレーションで禁止されたリアウィング支持板(ビームウィング)のような空力的役割を果たし、低速時のダウンフォース増加と高速時のドラッグ削減を狙ったものとみられる[2]。メルセデス製PUを搭載しながら他の搭載チームに比べ最高速が伸びない症状に苦しみ続けた。


カラーリングはタイトルスポンサーのボーダフォンが撤退したことにより、赤と白の部分がなくなった。

この年はリヤウィングとサイドポンツーンでレース毎にスポンサーを募る方式となり、MobilESSOガルフ・エアSAP (企業)などが参加、1戦毎にロゴを変えていた。シーズン後半はSAPがコクピット前部に新たに黄色のロゴを追加した。

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

ERS システム[編集]

  • バッテリー出力:4MJ(1周あたり)
  • MGU-K 出力:120kW
  • MGU-K 最高回転数:50,000 rpm
  • MGU-H 最高回転数:125,000 rpm

ギアボックス[編集]

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
BHR
バーレーンの旗
CHN
中華人民共和国の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
RUS
ロシアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
Pts
2014 20 デンマークの旗 マグヌッセン 2 9 Ret 13 12 10 9 7 7 9 12 12 10 10 14 5 8 9 11 181 5位
22 イギリスの旗 バトン 3 6 17† 11 11 6 4 11 4 8 10 6 8 Ret 5 4 12 4 5
  • † 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

MP4-29H 1x1[編集]

MP4-29H 1x1

2015年のエンジンサプライヤーであるホンダが新規開発中のパワーユニットの実走テスト用に、MP4-29を改造したテスト専用車両[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ "Mercedes names 2014 F1 V6 Engine ‘PU106A Hybrid". ThisisF1.(2014年1月23日)2014年1月23日閲覧。
  2. ^ "マクラーレンの革新的サスペンションに他も追随か". オートスポーツweb.(2015年2月3日)。
  3. ^ “McLaren MP4-29 specs”. http://www.mclaren.com/formula1/car/#tech-specs 2014年1月28日閲覧。 
  4. ^ “ホンダPU搭載のマクラーレンMP4-29Hが初走行!”. AUTO SPORT web. (2014年11月15日). http://as-web.jp/news/info.php?c_id=1&no=61454 2014年11月15日閲覧。