マルシャ・MR03

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルシャ・MR03
マルシャ・MR03B
Max Chilton 2014 Singapore FP2.jpg
Will Stevens 2015 Malaysia FP2 2.jpg
上がMR03、下がMR03B。
カテゴリー F1
コンストラクター マルシャ
デザイナー ジョン・マッキラム
先代 マルシャ・MR02
主要諸元
エンジン フェラーリ 059/3 V6ターボ
タイヤ ピレリ
主要成績
チーム マルシャF1チーム(2014)
マノー・マルシャF1チーム(2015)
ドライバー フランスの旗 ジュール・ビアンキ
イギリスの旗 マックス・チルトン
イギリスの旗 ウィル・スティーブンス
スペインの旗 ロベルト・メリ
アメリカ合衆国の旗 アレクサンダー・ロッシ
出走時期 2014年 -
初戦 2014年オーストラリアGP
テンプレートを表示

マルシャ・MR03 (Marussia MR03) は、マルシャF1チーム2014年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー

2015年マルシャ・MR03B (Marussia MR03B) として出走した。

概要[編集]

MR03[編集]

エンジンがコスワースの撤退によりフェラーリに変更。ドライバーは継続してジュール・ビアンキマックス・チルトン
この年も相変わらずテールエンダーをケータハムと争ったが、早さではケータハムを上回っており性能差を見せつけていた。信頼性は前年まで同様に高く、リタイアは欠場まででわずか5回と高い完走率を誇った。
ビアンキはモナコGPにて9位入賞を果たし、チーム共に初入賞・初のポイント獲得。チルトンは開幕から6戦連続完走し変わらない安定感を見せていたが、カナダGPにてチームメイト同士で接触。チルトンのデビューからの連続完走記録は25戦でストップしてしまった。それでもそれ以降はリタイアを2回にとどめ、ビアンキと共に完走を繰り返した。

ところが、豪雨の中行われた日本GPにてビアンキが大クラッシュ、意識不明に陥ってしまう。ビアンキはその後意識を取り戻すことなく翌年7月17日に死去。次戦のロシアGPはチルトン1台のみで参戦したが、それと前後してチームの資金難が深刻化したためこれを最後に残りのグランプリを欠場することになってしまった。

しかしながらザウバーとケータハムがノーポイントでシーズンを終えたため、コンストラクターズランキング9位を獲得。ビアンキのモナコでのポイント獲得により初めて古参チームを上回った。

MR03B[編集]

資金難とチーム体制変更のため2015年も、レギュレーションに合わせた改定を行いMR03Bとして引き続き出走[1]
エンジンはフェラーリの2014年スペックを使用。ドライバーは前年アブダビGPにてケータハムからデビューしたウィル・スティーブンスと新人ロベルト・メリを起用する。メリは持ち込みスポンサー無しながらも経験と将来性を買われての参戦となった[注釈 1][2]が、1シーズン全戦の契約では無かった為、シンガポールGP以降の7戦中5戦はアレクサンダー・ロッシがシートを手にした。

このマシンはシーズンオフの開発が殆どなされていない[注釈 2]こともあり、絶対的性能で他車に圧倒的に劣っていた。オーストラリアGPではエンジンを始動できず欠場。マレーシアGPではトラブルによりメリのみ出走、しかも予選は107%ルールに抵触と前途多難なスタートとなった。その後は予選は通過するものの、ライバルのケータハムが撤退したこともありシーズンを通して単独バックマーカーに徹し、ポイント獲得の可能性すら見えずノーポイントの最下位で終えた。しかし翌年もチームはエントリー出来る体制であり、翌年の性能向上が期待される。

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
2014 AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
BHR
バーレーンの旗
CHN
中華人民共和国の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
RUS
ロシアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2 9位
4 イギリスの旗 チルトン 13 15 13 19 19 14 Ret 17 16 17 16 16 Ret 17 18 Ret
17 フランスの旗 ビアンキ NC Ret 16 17 18 9 Ret 15 14 15 15 18 18 16 20
2015 AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
CHN
中華人民共和国の旗
BHR
バーレーンの旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
RUS
ロシアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
MEX
メキシコの旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
0 10位
28 イギリスの旗 スティーブンス DNP DNS 15 16 17 17 17 Ret 13 16† 16 15 15 19 14 Ret 16 17 18
98 スペインの旗 メリ DNP 15 16 17 18 16 Ret 14 12 15 15 16 13 19
53 アメリカ合衆国の旗 ロッシ 14 18 12 15 18

注釈[編集]

  1. ^ メリは元々F3・ユーロシリーズ時代にマノーから参戦していた。2009年に表彰台4回・ランキング7位
  2. ^ シーズンオフの頃はチーム存続の瀬戸際であり、正式にエントリー出来たのは2月8日と開幕戦の1ヶ月前であった。

脚注[編集]

[ヘルプ]