フェラーリ・F14 T

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フェラーリ・F14 T
Alonso 2014 Monaco Grand Prix.jpg
カテゴリー F1
コンストラクター フェラーリ
デザイナー ニコラス・トンバジス
ロリー・バーン
ジェームス・アリソン
先代 フェラーリ・F138
後継 フェラーリ・SF15-T
主要諸元
シャシー カーボンファイバーコンポジット/アルミニウムハニカムモノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
エンジン フェラーリ 059/3 [1] 1,600 cc 90度 V6 ターボ ミッドシップ
トランスミッション フェラーリ 8速 セミAT
重量 691 kg
燃料 シェル V-Power
オイル シェル Helix Ultra
タイヤ ピレリ P-Zero
F:245/660-13
R:325/660-13
主要成績
チーム スクーデリア・フェラーリ
ドライバー スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
フィンランドの旗 キミ・ライコネン
出走時期 2014年
通算獲得ポイント 216
初戦 2014年オーストラリアグランプリ
出走優勝表彰台ポールFラップ
180301
テンプレートを表示

フェラーリ F14 T (Ferrari F14 T) は、スクーデリア・フェラーリ2014年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カーである。

概要[編集]

F14 Tは2014年1月25日にインターネット上で公開された。

F14 Tという車名は「西暦2014年+V型6気筒Turboエンジン」から命名された(開発コードは「665」)[2]。このネーミングには、公募されたものである。

フロントノーズは新レギュレーションに対応するためローノーズ化した。 フロントウイングはレギュレーションで左右で75mmずつ短くなった。 リアウィングは、ビームウイングの廃止に伴い形状を変更。 またプルロッドサスペンションの採用は前年のF138と共通している。 カラーリングはシンボルカラーの深紅をベースとしているが、車体後部では前年のF138に比べて黒の面積が増えた。

パワーユニットの変更につき、冷却の見直しが行われている。 V6エンジンになったため、エンジンオイルとラジエターはサイズが縮小できたが、ターボの採用につきインタークーラーが新たに必要となった。

空力的にリアエンドをコンパクトに絞り込むため、補器類に独特のレイアウトを採用した。通常はエンジンとモノコックの間に置かれるオイルタンクをエンジンの後方(ギアボックスケーシング内)に移動。MGU-K(運動エネルギー回生装置)もエンジン後方に設置し、さらに、水冷式インタークーラーをエンジンの上(Vバンクの内側)に配置した[3]

ERSシステムの導入にあたり、ブレーキシステムを大幅に改良しブレーキ・バイ・ワイヤシステムを採用した。

2014年シーズン[編集]

フェルナンド・アロンソキミ・ライコネンという元チャンピオンドライバーを揃えて期待されたが、メルセデスの圧倒的なペースにまったく付いていけず、 1993年以来の0勝シーズンに終わり、コンストラクターズ順位は4位に落ちた。開発チームも責任を負わされ、開発リーダーのニコラス・トンバジス、エンジン担当のルカ・マルモリーニらがチームを去った。

テクニカルディレクターのジェイムズ・アリソンは、F14 Tの弱点について「ターボから回生できる電気エネルギーの量が足りずに、決勝中に強力なパワーレベルを生み出せなかった」「レースでは予選ほどのパフォーマンスを発揮できなかった」と述べた[4]。マルモリーニはチーム離脱後、パワーユニットへの批判は正しくないと反論。トンバジスの方針により、空力面を優先するコンパクトなサイズのパワーユニットを作ったが、パワー不足を埋め合わせるほどの空力的アドバンテージはなかったと述べた[5]

スペック[編集]

シャーシ[編集]

エンジン[編集]

  • エンジン名:フェラーリ 059/3
  • 気筒数・角度:V型6気筒・90度
  • 排気量:1,600cc
  • 最高回転数:15,000rpm(レギュレーションで規定)
  • シリンダーブロック:砂型鋳造アルミニウム
  • ターボ:シングル
  • バルブ数:24
  • バルブ駆動:圧搾空気式
  • ピストンボア:80mm
  • ピストンストローク:53mm
  • 燃料シェル V-Power
  • 潤滑油:シェル Helix Ultra

ERS システム[編集]

  • バッテリー出力:4MJ(1周あたり)
  • MGU-K 出力:120kW
  • MGU-K 最高回転数:50,000 rpm
  • MGU-H 最高回転数:125,000 rpm

記録[編集]

No. ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 ポイント ランキング
AUS
オーストラリアの旗
MAL
マレーシアの旗
BHR
バーレーンの旗
CHN
中華人民共和国の旗
ESP
スペインの旗
MON
モナコの旗
CAN
カナダの旗
AUT
オーストリアの旗
GBR
イギリスの旗
GER
ドイツの旗
HUN
ハンガリーの旗
BEL
ベルギーの旗
ITA
イタリアの旗
SIN
シンガポールの旗
JPN
日本の旗
RUS
ロシアの旗
USA
アメリカ合衆国の旗
BRA
ブラジルの旗
ABU
アラブ首長国連邦の旗
2014 7 フィンランドの旗 ライコネン 7 12 10 8 7 12 10 10 Ret 11 6 4 9 8 12 9 13 7 10 216 4位
14 スペインの旗 アロンソ 4 4 9 3 6 4 6 5 6 5 2 7 Ret 4 Ret 6 6 6 9

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “Presentation of the new Ferrari power unit”. スクーデリア・フェラーリ公式サイト. (2013年12月19日). オリジナルの2014年10月6日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141006132224/http://formula1.ferrari.com/video/presentation-ferrari-power-unit 2014年1月24日閲覧。 
  2. ^ a b "Scuderia Ferrari F14 T". ferrari.com.(2014年1月25日)2014年1月27日閲覧。
  3. ^ F1技術解説 フェラーリPU開発の軌跡(1):これまでの苦闘から、いかにメルセデスに追い付いたのか”. AUTOSPORT Web (2019年1月5日). 2019年10月2日閲覧。
  4. ^ フェラーリ、“問題だらけのPU”の弱点克服へ努力”. AUTOSPORT Web (2015年1月30日). 2019年10月2日閲覧。
  5. ^ マルモリーニがフェラーリを批判”. ESPN F1 (204年8月19日). 2019年10月2日閲覧。

外部リンク[編集]