セルジオ・マルキオンネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セルジオ・マルキオンネ
Sergio Marchionne
SERGIO MARCHIONNE.jpg
生誕 (1952-06-17) 1952年6月17日
イタリアの旗 イタリア キエーティ
死没 (2018-07-25) 2018年7月25日(66歳没)
スイスの旗 スイス チューリッヒ
住居 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Michigan.svg ミシガン州コマース郡区
国籍 カナダの旗 カナダイタリアの旗 イタリア
民族 イタリア系カナダ人
出身校 トロント大学
ウィンザー大学
ヨーク大学
トレント大学
職業 実業家
肩書き FCA CEO
フェラーリ 会長CEO
エクソール 副社長
SGS SA 会長
欧州自動車工業会 会長
ピーターソン研究所 共同会長
取締役会 エクソール
CNHインダストリアル
ジャンニ・アニェッリ財団
SGS SA
UBS Group AG
欧州自動車工業会

セルジオ・マルキオンネ(Sergio Marchionne, 1952年6月17日 - 2018年7月25日)はイタリアカナダ人の実業家。フィアット・クライスラー・オートモービルズ (FCA) およびフェラーリ最高経営責任者 (CEO) を務めていた。姓は日本のメディアではしばしば「マルキオーネ」とも表記される。2000年代にルカ・ディ・モンテゼーモロと共にフィアットの経営を立て直したことで広く認知されている。

経歴[編集]

アブルッツォ州キエーティで生まれる。幼少期にカナダに移住したため、イタリアとカナダの二重国籍を保有する。

トロント大学卒業後に経営学修士および法律学士を取得するためにウインザー大学とヨーク大学オズグッド・ホール・ロースクールで学び、1983年デロイト&トウシュ公認会計士税理士としてキャリアをスタートさせた。その後、数社を渡り歩き、2006年までの間にスイスバーゼルの化学・バイオ企業ロンザグループの社長兼CEO、同社会長、ジュネーヴの検査・審査登録機関SGSの社長兼CEO、同社会長などを歴任する。

フィアットには2003年5月に取締役として入社し、2004年6月に現職に就任した。2006年1月には欧州自動車工業会 (ACEA) 会長に選出されている。この他、SGS SAおよびUBSの取締役も務めている。

2009年6月10日、経営破たんしたクライスラーの再建手続き終了に伴い、同社のCEOに就任した[1]

2014年9月にはフェラーリ会長に就任した[2]。モンテゼーモロの突然の退任は、フェラーリの脱イタリアを目指すマルキオンネとの対立があったと言われている[3]

マルキオンネは2017年1月デトロイトモーターショー2019年序盤に引退する意向を示唆していた[4]。しかし2018年7月21日、マルキオンネの健康状態が急速に悪化し職務に復帰することが不可能となったために、FCAとフェラーリはそれぞれ声明を出しマルキオンネのCEO退任を発表した[5][6]。FCAについてはジープブランドを担当していたマイク・マンリー英語版がCEOに就任することも併せて発表された。一方、フェラーリはFCAの会長を務めるジョン・エルカーンが会長に[7]、元フィリップモリス会長のルイス・カミッレーリ英語版がCEOに就任した[8]

退任発表から4日後の7月25日塞栓症により昏睡状態に至り死去[9]。66歳没。深刻な病状からがん再発が疑われていた[10]

人物像[編集]

  • 2007年11月3日、マルキオンネは愛車のフェラーリ・599GTBフィオラノに乗ってスイスの高速道路を走行中に衝突事故を起こしたが、幸いにもこの事故によるケガ人はいなかった。
  • マルキオンネのトレードマークともいえるニットはヒューゴ・ボス製である。
  • 店頭ではなくネットでまとめ買いをしており、ドナルド・トランプ、イタリア首相などの要人との会談やモーターショー等の重要なイベントにおいてもほぼ毎回ニットを着用して出席する。マルキオンネはその理由を「けっしてパフォーマンスではない。セーターを着るのは、自分が楽だからだ。ネクタイ姿の人間を見るとどう我慢すれば良いのか考えてしまう。」とコメントしている。
  • また、マルキオンネは整髪を常にせず髪をボサボサにしており、その理由を「クシを使わないから」だとコメントしている[11]

脚注[編集]

  1. ^ クライスラー:フィアットからCEO 再建手続き終了”. 毎日新聞 (2009年6月10日). 2009年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年6月11日閲覧。
  2. ^ Montezemolo resigned”. GrandPrix.com. Inside F1 (2014年9月10日). 2014年9月10日閲覧。
  3. ^ フェラーリ会長、突如退任 F1界にも激震欧州景気下振れで焦り - 日本経済新聞(2015年4月27日閲覧)
  4. ^ フェラーリ会長マルキオンネ、引退プランを表明”. AUTOSPORTweb (2017年1月12日). 2017年1月13日閲覧。
  5. ^ FCA Statement (PDF)”. フィアット・クライスラー・オートモービルズ (2018年7月21日). 2018年7月23日閲覧。
  6. ^ Ferrari announcement”. フェラーリ (2018年7月21日). 2018年7月23日閲覧。
  7. ^ John Elkann appointed Chairman of Ferrari”. Formula One World Championship Limited (2018年7月21日). 2018年7月25日閲覧。
  8. ^ フェラーリのトップ交代が何をもたらすかは「大きな疑問符」”. TOPNEWS (2018年7月25日). 2018年7月25日閲覧。
  9. ^ 元フェラーリCEOのマルキオンネ、66歳で死去。辞任発表からわずか数日”. motorsport.com (2018年7月25日). 2018年7月25日閲覧。
  10. ^ セルジオ・マルキオンネ、容体は“回復不能”なほど深刻との報道”. f1-gate.com (2018年7月24日). 2018年7月26日閲覧。
  11. ^ 第35回:フィアットCEOは、どんな時でもセーター姿!? そのワケがついに判明!”. WebCG. 2017年4月19日閲覧。

外部リンク[編集]