リシャール・ミル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リシャール・ミルのRM027を着けるラファエル・ナダル2010年東京にて)

リシャール・ミル (Richard Mille) は、スイスの高級腕時計ブランドである。モーブッサンなど複数の高級ブランドに携わった経験を持つフランスリシャール・ミル(1951年生まれ)によって、2001年に設立された[1][2]。本社はジュラ州レ・ブルルー英語版にある。

コンセプターとしてミルが提唱する「腕時計のF1」というコンセプトの下、軽量かつ極限状況でも使用可能な機械式腕時計を製造しているが、加工が難しいチタンなどを用いた特殊な部品を多用していることなどからほとんどの製品は数百万円から一千万円以上と高額であり、全て限定品であるため入手は困難である。実際に、以下に挙げるテニスや陸上などのスポーツ選手やカードライバーなどがアンバサダーとなって、それぞれの名を冠した同社の製品を着用している。

歴史[編集]

  • 2001年 - リシャール・ミルがブランド設立。「RM001トゥールビヨン (RM 001 TOURBILLON) [1]」及び「RM002トゥールビヨン (RM 002 TOURBILLON) [3]」をリリース。
  • 2003年 - 「RM008スプリット・セカンド・トゥールビヨン (RM 008 SPLIT SECONDS TOURBILLON) [3]」をリリース。
  • 2004年 - アームバンドを除いた重量が48 gという軽量時計「RM 006トゥールビヨン・フェリペ・マッサ (RM 006 TOURBILLON FELIPE MASSA) [3]」をリリース。
  • 2005年 - ブランドでは初のレディース・モデルとなる「RM007レディース・オートマチック (RM 007 LADIES AUTOMATIC) [3]」をリリース。更なる軽量化を目指したモデル「RM009フェリペ・マッサ・トゥールビヨン (RM 009 FELIPE MASSA TOURBILLON) [3]」をリリース。
  • 2007年 - 「RM012トゥールビヨン (RM 012 TOURBILLON) 」をリリース。これは世界初となる、ムーブメント機構をスケルトン化 (板部を廃し、フレームだけで支える) したモデルである[3][4]
  • 2010年 - 「RM027ラファエル・ナダル (RM 027 Tourbillon RAFAEL NADAL)」をリリース。

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b リシャール・ミルブランドコンセプト - RICHARD MILLE GINZA (公式ウェブサイト、日本語) . 2015年12月29日閲覧。
  2. ^ 廣田雅将 (2008年3月5日). “Chapter 1 リシャール・ミルとは何者か”. Web Magazine OPENERS. 2015年12月29日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Richard Mille - COMPANY - ABOUT - Richard Mille (公式ウェブサイト、英語) . 2015年12月29日閲覧。
  4. ^ 廣田雅将 (2008年3月5日). “Chapter 2 リシャール・ミルの時計づくり”. Web Magazine OPENERS. 2015年12月29日閲覧。

外部リンク[編集]