ニコラス・トンバジス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ニコラス・トンバジスNicholas Tombazis1968年4月22日- )はギリシャアテネ出身のレーシングカーデザイナーF1チームスクーデリア・フェラーリのチーフデザイナーを務めていた。2016年現在はマノー・レーシングのチーフエアロダイナミシスト。

経歴[編集]

  • イギリス・ロンドンのインペリアル・カレッジ航空工学部を卒業した。
  • 1992年 - ベネトンで働きはじめ、1994年に同チームの主要な空力設計担当者に任命された。
  • 1995年 - フェラーリに移籍し、1998年にチーフエアロダイナミシストに就任する。しかし、2003年に同チームを去り、故郷であるギリシャに戻って徴兵に就いた。
  • 2003年 - マクラーレンに移籍。2005年のMP4-20のデザインで重要な役割を果たして、その年の4月にプロジェクト・ディレクターに昇進した。
  • 2006年3月1日 - フェラーリチームにチーフデザイナーとして復帰した[1]
  • 2014年12月 フェラーリチームを離脱[2]
  • 2016年1月 マノー・レーシングに加入、チーフエアロダイナミシストに就任[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ McLaren’s Tombazis in Ferrari return-(The Official Formula 1 News 2006年2月3日記事)
  2. ^ フェラーリが組織大再編。フライとトンバジス離脱 - オートスポーツ・2014年12月17日
  3. ^ マノー、ニコラス・トンバジスがチーフエアロダイナミシストに就任 - F1-gate.com・2016年1月16日

外部リンク[編集]