マノー・レーシング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マノー
エントリー名 マノー・レーシング
Manor Racing MRT
チーム国籍 イギリスの旗 イギリス
チーム本拠地 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
オックスフォード州バンベリー
主なチーム関係者 イギリスの旗スティーブン・フィッツパトリック
イギリスの旗 トーマス・メイヤー
ニュージーランドの旗 デイブ・ライアン
イギリスの旗 ジョン・マッキリアム
ギリシャの旗 ニコラス・トンバジス
イタリアの旗 ルカ・フルバット
イギリスの旗 パット・フライ
主なドライバー インドネシアの旗 リオ・ハリアント
フランスの旗 エステバン・オコン
ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン
以前のチーム名称 マノー・マルシャF1チーム
(2012 - 2015)
F1世界選手権におけるチーム履歴
参戦年度 2016
出走回数 21
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズ
タイトル
0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 1
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 2016年オーストラリアGP
最後のレース 2016年アブダビGP
テンプレートを表示

マノー・グランプリ・レーシング・リミテッドManor Grand Prix Racing Limited)は、2016年のF1世界選手権に参戦したイギリスレーシングコンストラクターである。チームの名称としては、マノー・レーシングManor Racing)やMRTManor Racing Team)、マノーGPなどと呼ばれた。本拠地はイングランドオックスフォード州バンベリー

概要[編集]

2015年に参戦していたマノー・マルシャF1チームが名称を変更し、2016年よりF1に参戦。2016年1月19日、チーム名をマノー・レーシングへ名称を変更すると発表した[1]

チーム国籍は本拠地のあるイギリスのまま変更は無いが、運営は2015年までのマノー・モータースポーツManor Motorsport)から、新たに設立された「Just Racing Services Ltd」に移管された[2][3]。マノー・モータースポーツは2016年よりFIA 世界耐久選手権(WEC)に参戦しているが[4]、F1チームとは全くの別法人となったため関係はない。

このチームは元を辿るとヴァージン・レーシング(2010-2011)→マルシャF1チーム(2012-2014)→マノー・マルシャF1チーム(2015)といった系譜に連なるチームである。

2016年シーズン終了後、新たな売却先との交渉を行ったが決裂し翌2017年1月に破産、チームは消滅した。

歴史[編集]

2016年[編集]

ドライバーについては既に他チームのシートが全て埋まっておりマノーの2席しか空きがなかったためシート争いが加熱、様々な若手ドライバーの噂がささやかれた。有力な候補として前年所属したウィル・スティーブンス[5]アレクサンダー・ロッシ[6]、支援者の多いパスカル・ウェーレイン[7]リオ・ハリアント[8]等が挙がっていたが、マノー側がシートマネーとして1,000万ドル(約12億円)もの大金を要求したこともあり契約がなかなかまとまらずにいた[9][10]。その中で2月11日、1人目のドライバーとしてウェーレインの起用を発表[11]。残る1席については先述した3名がシェアするとの噂が報道されたが[12]、18日にハリアントの起用が正式発表された[13]。ロッシはリザーブドライバーに回り、開発ドライバーにジョーダン・キングが起用された。

成績はやはり下位での争いを強いられるが、主要エンジンメーカーで最も高性能なメルセデス製パワーユニットの供給契約を成立させていたこともあり、時折、中団勢の争いに加わったりするなど、常時最下位を走行していた前年と比べると成績が向上していた。オーストリアGPでは天候がめまぐるしく変わる中でウェーレインが予選でQ2進出を果たし、予選12位を獲得。決勝でも荒れたレースをかいくぐり10位入賞。マノー・レーシングになってからは初、前身のマルシャ時代を含めれば2014年モナコGPでのジュール・ビアンキ以来の入賞を果たした。8月10日、参戦資金が尽きたため契約を終了したハリアントに代わって、ルノーのリザーブドライバーを務めているエステバン・オコンを起用した[14]。ハリアントはリザーブドライバーとしてチームに残留する[15]。なおウェーレインとオコンという組み合わせは、共にメルセデスの開発ドライバー同士の組み合わせでもある。

ウェーレインの1ポイントが効いて、コンストラクターズランキング10位までの分配金を確保できる状態にいたが、第20戦ブラジルGPザウバーフェリペ・ナッセが雨の波乱を耐えきり9位入賞で2ポイントを獲得したことにより分配金の対象外となるランキング11位に転落、予算の約6分の1にあたる1,350万ドルを失うことになった[16]

チーム消滅[編集]

この結果を受け、オーナーのスティーブン・フィッツパトリックはチームの売却を進め、新しい投資家と基本合意に達したことを明らかにしたが、売却先については公表されなかった[17][18]。しかし、新たな投資家との最終的な交渉はまとまらず[19]、翌2017年1月6日に運営会社が破産を申請[20]。破産申請の時点では212名のスタッフは解雇されておらず給与も12月末までは支払い済みとなっており[21]、暫定エントリーリスト[22]にもマノーは掲載されていたが、同月27日になっても交渉はまとまらず、全スタッフへの1月分の給与支払い及び一部スタッフを除く解雇とチーム消滅が決定した[23]。交渉が成立した場合、序盤は前年のMRT05の改良版で戦い、新車「MRT06」を投入する予定であったが実現しなかった[24]

その後[編集]

チームが使っていたピット用機材等の一部は、2017年4月に元ミナルディのオーナーとして知られるポール・ストッダートが購入し、同年5月のスペインGPより、ストッダートが運営している「F1エクスペリエンス」と呼ばれるF1ファン向けアトラクションの一部に使われている[25]。マノーが2016年に実際に使っていたピットガントリーを用いた「ピットストップチャレンジ」などの企画が行われており、今後もいくつかのグランプリで登場する予定。

戦績[編集]

シャシー エンジン タイヤ ドライバー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 ポイント WCC
2016 MRT05 メルセデス
PU106C Hybrid
1.6 V6 t
P AUS BHR CHN RUS ESP MON CAN EUR AUT GBR HUN GER BEL ITA SIN MAL JPN USA MEX BRA ABU 1 11位
ドイツの旗 ウェーレイン 16 13 18 18 16 14 17 Ret 10 Ret 19 17 Ret Ret 16 15 22 17 Ret 15 14
インドネシアの旗 ハリアント Ret 17 21 Ret 17 15 19 18 16 Ret 21 20
フランスの旗 オコン 16 18 18 16 21 18 21 12 13

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ マノー、新名称&ロゴを発表”. as-web.jp (2016年1月20日). 2016年1月20日閲覧。
  2. ^ Is there a new adventure for Lowdon, Booth? @RealManor Twitter launches today - NBC Sports・2015年12月1日
  3. ^ Mercedes Gets Rights To Rival F1 Team's Premises In Fuel Deal - Forbes・2016年3月4日
  4. ^ マノー、WECのLMP2クラスに参戦 - F1-gate.com・2016年2月6日
  5. ^ ウィル・スティーブンス 「2016年のマノーのF1シート以外は考えていない」”. F1-Gate.com (2015年12月10日). 2016年2月20日閲覧。
  6. ^ アレキサンダー・ロッシ、2016年のマノーのシート獲得に自信”. F1-Gate.com (2015年12月18日). 2016年2月20日閲覧。
  7. ^ パスカル・ウェーレイン 「マノーのシート獲得の可能性はまだ五分五分」”. F1-Gate.com (2015年12月12日). 2016年2月20日閲覧。
  8. ^ リオ・ハリアント、マノーのF1シート獲得をインドネシア政府が支援”. F1-Gate.com (2015年12月13日). 2016年2月20日閲覧。
  9. ^ パスカル・ウェーレイン、マノーのシート獲得の見込みはなし?”. F1-Gate.com (2015年12月3日). 2016年2月20日閲覧。
  10. ^ オリバー・ローランドはより多額の1500万ユーロ(約19億2500万円)を要求され交渉を諦めたと話している。オリバー・ローランド 「マノーのF1シートは高すぎる」”. F1-Gate.com (2016年2月8日). 2016年2月20日閲覧。
  11. ^ マノー、パスカル・ウェーレインの起用を正式発表”. F1-Gate.com (2016年2月11日). 2016年2月20日閲覧。
  12. ^ マノー、2つ目のF1シートは3人で共有?”. F1-Gate.com (2016年2月16日). 2016年2月20日閲覧。
  13. ^ マノー、リオ・ハリアントの起用を正式発表”. F1-Gate.com (2016年2月18日). 2016年2月20日閲覧。
  14. ^ 正式発表:ハリアントがマノーのシートを喪失。オコンがF1デビュー”. AUTOSPORTweb (2016年8月10日). 2016年8月12日閲覧。
  15. ^ ハリアントはマノーに残留も、スポンサーは去る。不足分は8億円”. AUTOSPORTweb (2016年8月16日). 2016年8月20日閲覧。
  16. ^ マノー、チーム売却先はタボ・ヘルムンド?”. F1-Gate.com (2016年11月30日). 2016年12月15日閲覧。
  17. ^ マノー、チーム売却について投資家と基本合意”. F1-Gate.com (2016年11月26日). 2016年12月15日閲覧。
  18. ^ スティーブン・フィッツパトリック 「マノーの救済は“大きな挑戦”だった」”. F1-Gate.com (2016年12月12日). 2016年12月15日閲覧。
  19. ^ マノー、投資家との交渉決裂で破産の危機”. F1-Gate.com (2017年1月6日). 2017年1月7日閲覧。
  20. ^ マノーが破産申請、チーム消滅へ”. F1-Gate.com (2017年1月7日). 2017年1月7日閲覧。
  21. ^ マノーF1チームが消滅の危機。運営会社が破産申請”. AUTOSPORT web (2017年1月6日). 2017年1月7日閲覧。
  22. ^ 2017年F1エントリーリスト発表。ルーキーのナンバーが決定、トロロッソのエンジンは「未定」”. AUTOSPORTweb (2016年12月7日). 2016年12月7日閲覧。
  23. ^ マノーF1、新オーナー候補との交渉が決裂。一部スタッフを除く全員を解雇しチーム消滅へ”. AUTOSPORTweb (2017年1月27日). 2017年1月27日閲覧。
  24. ^ マノー、幻の2017年F1マシン『MRT06』を公開”. F1-Gate.com (2017年1月28日). 2017年1月28日閲覧。
  25. ^ マノーとミナルディ、F1スペインGPのファン向け企画で活躍。立役者はストッダート - オートスポーツ・2017年5月22日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]