ロイズ・バンキング・グループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロイズTSBから転送)
移動先: 案内検索
ロイズ・バンキング・グループ
Lloyds Banking Group plc
種類 公開会社
市場情報
LSE LLOY
NYSE LYG
本社所在地 イギリスの旗 イギリス
ロンドン、グレシャム・ストリート25
設立 2009年
(ロイズ銀行:1765年
(トラスティー・セービング・バンク:1810年
(ロイズTSB:1995年
業種 銀行業
金融機関コード 0416
SWIFTコード LOYDGB2L
事業内容 銀行
投資銀行
保険
代表者 Norman Blackwell, Baron Blackwell(会長)
アントニオ・ホルタ・オソーリオ(最高経営責任者)
売上高 増加196億GBP2006年
総資産 8066億8800万GBP(2015年)
従業員数 88,000人(2016年)
外部リンク Lloyds Banking Group
テンプレートを表示

ロイズ・バンキング・グループ (Lloyds Banking Group plc) は、ロイズ銀行を中心とする、イギリスの銀行・保険グループ会社である。現在のグループは、2009年にロイズTSBとHBOS の合併で設立された。グループ本社はロンドンのグレシャム・ストリート25番地に事務所を構える。スコットランド事務所はエディンバラのジョージ・ストリート、ヘンリー・ダンカン・ハウスにある。

ロイズ・バンキング・グループは、現在イギリスで第4位の規模を持つ銀行グループであり、ロイズ銀行を運営するほか、生命保険会社スコティッシュ・ウィドウズ (Scottish Widows)、金融会社ブラック・ホースなどをグループ企業に持つ。

ロングランとなる広告シリーズがロイズ銀行によって始められ、ロイズ・バンキング・グループのコマーシャルで未だに使われているのが黒いトラケーネン馬であり、現在はエレーナ・カッツ=チェルニンのアルバム『ワイルド・スワンズ』より「エリザ・アリア」の曲を使用している。

沿革[編集]

ロイズTSBの設立[編集]

ロイズTSBは1995年、ロイズ銀行とトラスティー・セービング・バンク (TSB) が経営統合で合意し、設立された[1]。この時点でイギリス国内においては、マーケットキャピタリゼーション(資本金)でHSBCホールディングスに次いで第2位、市場シェアでは第1位の銀行であった。HSBCには1990年にカナダ部門を売却している。

ロイズ銀行はイギリスで最も歴史のある銀行の一つで、1765年バーミンガムで設立された。戦間期の1923年にCox & Kingsを買収するなど合併を繰り返して、ロイズは英国4大銀行の1つとなった。

これに対してTSBは、1985年に議会法令により、グレートブリテンに残る全ての貯蓄銀行を、TSB銀行の下に統合して設立された。しかしながら、TSBはその起源を、1810年ダンフリーシュシャールースウェルにおいて、ヘンリー・ダンカン (Henry Duncan)によって創設された最初の貯蓄銀行にまで遡ることができる。

イギリスにおける拡大[編集]

ロンドン・ストランド通り沿いのロイズ銀行店舗

ロイズTSBの誕生は、イギリス銀行市場における大規模合併の始まりであった。ロイズTSBも、この合併競争に参加し続け、2001年には大手銀行アビー・ナショナル (Abbey National plc) に対する株式公開買い付けを行った。しかし、これは後に、英国競争委員会 (Competition Commission) により差し止められた[2]

2000年、グループは、エジンバラを拠点とする相互生命保険会社スコティッシュ・ウィドウズを70億ポンドで買収した[3]。これによりグループは、プルーデンシャルに次いでイギリス第2位の生保・年金プロバイダー会社となった。

グループは後に、セントリカからゴールドフィッシュ・フィナンシャル・サービス・グループを買収した。しかし、このブランドは後に、モルガン・スタンレーに売却されることとなった。

2000年9月、ロイズTSBはスタンダードチャータード銀行からチャータード・トラストを6億2700万ポンドで買い取った。そして、これをブラック・ホースに商号変更し、イギリス国内において自動車金融、小売金融、個人金融を提供するロイズTSBの資産金融部門として組織した。

ロイズ・バンキング・グループへ[編集]

ロイズTSBは設立当初、イギリスおよびヨーロッパで最大の銀行であった。しかし、他のイギリス銀行、とりわけロイヤルバンク・オブ・スコットランドの急成長に後れを取ることになった。スコティッシュ・ウィドウズ生命保険組合の獲得は、金額的に安くない買い物と判断された。2008年以降の世界不況の影響を受けた業績の悪化により、ロイズTSBは多くの海外資産を処分せざるを得ず、ブラジル及びニュージーランドの業務から撤退した。しかしその後、財政状況を回復させている。

2009年、同業のHBOSを買収し、金融持ち株会社である「ロイズTSBグループ(Lloyds TSB Group)」は「ロイズ・バンキング・グループ(Lloyds Banking Group)」に改称した[4]。これにより、スコットランド銀行HalifaxBirmingham Midshiresなどの金融機関もグループの一員となった。2016年10月時点で、ロンドン証券取引所上場企業中、14番目の時価総額を持っている[5]

日本支店[編集]

1974年、ロイズ銀行は日本における窓口として、東京支店を開設した[6]。現在は、外貨預金業務のほか、海外送金サービス「Goロイズ」に力を入れている。2013年8月21日付で金融庁の認可を得て、2013年9月30日に東京支店は閉鎖した。なお東京支店の銀行業務は、新生銀行へ2013年3月1日付で移管している。

グループ構成[編集]

  • 英国内小売銀行業
    • ロイズ銀行 (Lloyds Bank) - イングランド及びウェールズ
    • スコットランド銀行 (Bank of Scotland) - スコットランド
    • スコティッシュ・ウィドウズ銀行 (Scottish Widows Bank) - スコティッシュ・ウィドウズの直営銀行
    • LDC
    • AMC
    • コリーズ (COLLEYS)
    • バーミンガム・ミッドシャー (Birmngham Midshires)
  • 保険・投資業
    • ハリファックス (Halifax)
    • スコティッシュ・ウィドウズ (Scottish Widows)
  • 卸売銀行・国際銀行業
    • レクス・オートリース (LEX AUTOLEASE)
    • ブラックホース (Blackhorse)

脚注[編集]

  1. ^ “Lloyds Bank to merge with TSB” (英語). ニューヨーク・タイムズ. (1995年10月12日). http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=990CE2DA163EF931A25753C1A963958260 2008年9月17日閲覧。 
  2. ^ アビー・ナショナルは2004年、スペイン最大の銀行サンタンデール・セントラル・イスパノ銀行 (BSCH) に買収された。
  3. ^ The Company File: Lloyds TSB buys Scottish Widows BBC News
  4. ^ “Lloyds HBOS merger gets go-ahead” (英語). BBC News. (2009年1月12日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/business/7823521.stm 2016年10月3日閲覧。 
  5. ^ FTSE All-Share Index Ranking” (英語). stockchallenge.co.uk. 2016年10月3日閲覧。
  6. ^ ロイズTSB銀行東京支店(2008年8月1日時点のアーカイブ

外部リンク[編集]