エファージュ (フランスの企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

エファージュフランス語: Eiffage S.A.)は、フランスの大手建設会社。6万人以上の従業員を雇用し、フランスの建設会社としてはヴァンシブイグに次ぐ第3位。パリ南西のヴェリジー=ヴィラクブレーに本社を置く。ユーロネクスト上場企業(EuronextFGR )。

沿革[編集]

1844年設立のFougerolleと、1924年設立のSAELa Societe Auxiliaire d' Enterprises Electriques et de Travaux Public)が、1993年に合併して設立された[1]Fougerolleゴッタルド鉄道トンネルタンカルヴィル橋などを建設し、SAEはフランス最古のオートルートであるオートルート A13やインドネシアのスカルノ・ハッタ国際空港などを建設、1990年SAEに合流したEiffel社は、エッフェル塔の建設会社であった[2]

1871年設立のBeugnet1995年に買収[3]1999年の夏に組織の再編成が決定され、2000年1月に1863年設立のQuilleryを統合の上、建設をはじめとする各部門制となった[4]2005年12月のフランス政府による高速道路混合経済会社(SEMCA)の一部事業売却に応じる形で、2006年2月にグループ会社Autoroutes Paris-Rhin-Rhône (APRR)を発足させ、フランス国内のオートルート運営事業にヴァンシ、アベルティスと共に参与している[5]2008年12月、Clemessyを買収し子会社とし[6]2014年6月、カナダオンタリオ州の橋梁土木事業者Innovative Civil Constructors Inc.(ICCI)を買収し、エファージュカナダ支社の子会社とした[7]

グループ会社[編集]

主な施工物件[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Eiffage 20 years passion (PDF)” (英語). Eiffage S.A. (2013年4月). 2017年11月23日閲覧。
  2. ^ History” (英語). Eiffage S.A.. 2017年11月23日閲覧。
  3. ^ Beugnet est repris par Eiffage” (フランス語). Les Echos (1995年8月8日). 2017年11月23日閲覧。
  4. ^ La nouvelle stratégie d’Eiffage Construction” (フランス語). Le Moniteur (2000年3月3日). 2017年11月23日閲覧。
  5. ^ 『運輸政策研究』「海外インフラ経営企業体の国際展開戦略に関する一考察」 (PDF)”. 運輸政策研究機構 (2014年3月). 2017年11月23日閲覧。
  6. ^ Clemessy :le rachat par Eiffage est effectif” (フランス語). Le Moniteur (2008年12月18日). 2017年11月23日閲覧。
  7. ^ Le groupe Eiffage fait une acquisition au Canada” (フランス語). Les Echos (2014年6月26日). 2017年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]